Yoz Art Space

エッセイ・書・写真・水彩画などのワンダーランド
更新終了となった「Yoz Home Page」の後継サイトです

100のエッセイ・第9期・42 男の日傘

2013-08-31 16:16:03 | 100のエッセイ・第9期

42 男の日傘

2013.8.31


 

 男の日傘はなぜ普及しないか。このことについて、哲学者の森岡正博と、ファッションデザイナーのドン小西の意見が朝日新聞デジタルに載っていた。

 森岡正博は、買ってみたら使い心地がよくて、「日傘は『中高年男性の必須アイテム』と強調したいくらいです。」と言いながら、「とはいえ私自身、どこか居心地が悪いのも事実です。ひとことで言えば、恥ずかしい。理由の一つは『男らしさ』の問題にかかわっているようです。」と言う。男は強くなきゃという価値観から抜け出せていないと言うのである。「より過酷な状況下での『耐える男』という価値もあります。暑くても耐える。それが男の証明、みたいな。夏の甲子園でがんばる球児への称賛は一例です。その価値観からは、日傘は逆境に耐えるのを初めから回避することになる。」とも言う。

 これを読んで、失礼ながら哲学者というのは、やっぱりどこかずれてるよなあと思った。今どき、この国のどこに「男らしさ」の価値観なんてものがあるだろうか。森岡先生は持っていらっしゃるのかもしれないが、「暑くても耐える。それが男の証明。」なんて思っている人間は、ほとんど皆無ではなかろうか。少なくともぼくなんかは、生まれてこの方、そんなふうに思ったことは一度もない。

 しかし、ぼくがそんな軟弱な男だからこそ、「男らしさ」の価値観なんて絶滅していると思っているに過ぎないのだろうか。そう思って考えてみると、やっぱりいるなあ、そういう男。フンドシ一丁で神輿を担ぐ男たちとか、裸祭りでご神体だか何だか知らないが、大きな玉を奪い合う男たちとか、ああいうのが、そうなんだろうか。だから、ぼくは、ああいう祭りが大嫌いなのだろうか。

 それにしても、男が日傘をさすと「逆境に耐えることのできない軟弱なヤツ」と見られるなんてことがあるだろうか。これだけは自信を持っていえるが、そんなことは絶対にない。

 森岡先生は、もう一つの理由として、「男らしさとは別の背景として『周囲がしていないことはできない』というカルチャーがあります。自分だけ浮くのは嫌だ、何を言われるか分からない。そんな恐れがあります。」といっている。こっちの方がまだ納得できる。そして話は、「少数者へのバッシング」の傾向への警鐘を鳴らしている。まあ、どうしても、哲学者というのは、こういうふうな話に持って行きたがるわけである。

 そこへいくと、ドン小西は、実に明快である。

 男の日傘って、いまいち、さまになっていないなあ。熱中症対策として、ちょちょっと簡単に取り込んだだけで、客観的に自分を見る目に欠けているんじゃない? 使うんだったら、何か構えというか、ビジュアルってのを意識することが大事なんだよね。
 男の小物ってやっぱり、『粋』が必要だと思うな。女性には絵になる曲線的な肉体美があるから、布を巻くだけでそれなりの色気が出る。男の体は丸太ん棒みたいなもので、持ち物とか革の質感とかにこだわらないといけない。たとえば、靴ひも一つでも丸いのか平たいのかにこだわって、男っぷりを上げるわけよ。そこに趣味嗜好とか考え方がにじみ出る。

 結局、これに尽きる。男の日傘は「さまになってない」ということ。ぼくも何度もさしてみようかと思ったが(雨傘だけど)、どうしても恥ずかしい。ごくたまに日傘をさしているオジサンをみるけれど、やっぱりカッコ悪い。

 カッコなんてどうだっていいじゃん、涼しければ、ということにはやっぱりならない。カッコつけなくなったら、人間オシマイである。もちろん、ぼくなどは、ドン小西みたいに、靴ひも一つにもこだわって「男っぷり」を上げようなんてこれっぽっちも思っていないし、ドン小西の「男っぷり」がどれだけのものなのかまるで判断できない。けれども、ドン小西のいうように、「楽なら何でもいいのか?」っていうことはいつも思う。

 ドン小西は、「実用性のあるなかにもちゃんとしたスタイルのある日傘をオレにやらせりゃ1日に10種類ぐらい作れる。」って豪語してるけど、その10種類がカッコイイものであるとはとても思えない。「日傘」という概念にとらわれているうちはダメだ。何かもっと画期的なアイデアが必要だ。でも、それが何なのか分からない。

 ところで、ドン小西は、こんないいことも言っている。

 ファッションの歴史を見ると、1920年代とか60年代とか、それぞれスタイルに特徴があった。2000年代というのは不思議な時代でね、まだ何も生まれてないと思う。とにかく効率や売り上げといった数字ばかり見るでしょ。車だってそうだよ。燃費がいいとか静かだとか言って、データで決めた部品をつなぎ合わせていないだろうか。数字がデザインを支配しちゃってるよね。
 そんなものを大量生産して薄利多売したら、もうヤバイよね。アベノミクスも「成長、成長」ってすべてが数字。いまは経済成長よりも、原発事故後のエネルギー問題などの痛みに耐えていく時期じゃないのかなあ。
 幸せって、1個持っていたのを2個に増やすことじゃなくて、いま手のなかにあるものをどう楽しむかじゃない? 増えれば失われるんだよ、何か大事なことが。一つひとつのことを楽しみながら「何のために生きているのか」という問いを解いていかないと。

 うん、そうだなあ。「ドンドン防虫」って言ってる(ドン小西が出演しているCMです。)だけじゃないんだ。


この記事をはてなブックマークに追加

一日一書 178 蓑虫の音を聞きに来よ草の庵

2013-08-31 10:49:44 | 一日一書

 

芭蕉

 

蓑虫の音を聞きに来よ草の庵

 

 

何と、今日で8月も終わりです。

猛暑とはいえ、明日から9月というのは

何となく淋しいものです。

 

芭蕉も、草庵での暮らしにちょっと淋しくなって

友だちに、蓑虫の声でも聞きに来ないか、と誘っているのでしょう。

芭蕉自身が「蓑虫」にも感じられるところが面白い。

 

蓑虫はもちろん鳴きませんが

「枕草子」には

 

蓑虫いとあはれなり。鬼の生みたりければ、親に似て、

これもおそろしき心あらむとて、親のあやしき衣ひき着せて、

「いま秋風吹くかむをりぞ来むとする。待てよ。」と言ひおきて、

逃げていにけるも知らず、

風の音聞き知りて八月にもなれば、

ちゝよ、ちゝよとはかなげに鳴く、いみじくあはれなり。

 

(口語訳)

蓑虫は、たいへんしみじみとした感じがする。鬼が生んだ子だったので、親に似て、

これも恐ろしい気持を持っているだろう、というので、親が粗末な着物を引き着せて、

「もうすぐ、秋風が吹く時になったら、その時に迎えに来よう。待っておいでよ」と言いおいて、

逃げて行ったのも知らないで、秋風の音を聞き知って、八月ごろになると、

「ちちよ、ちちよ」と頼りなさそうに鳴く。たいへんしみじみとした感じだ。

 

とあり、この句もこれに依っているのです。

もちろんここでいう「八月」は陰暦ですから

今のだいたい「九月」にあたります。

 

 

それにしても、面白い話です。

そういえば、昔、蓑虫を捕まえてきてはその「蓑」を脱がせ

小さく切った色紙を入れた箱に入れると

色とりどりの「蓑」を着た蓑虫になるのを楽しんだものです。

今は、そんな遊びをする子どもはいませんね。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

一日一書 177 風立ちぬ 〈越智麗川〉

2013-08-29 11:25:48 | 一日一書

 

越智麗川

 

風立ちぬいざ生きめやも

 

 

久しぶりに、師匠の作品です。

 

木原先生のブログでも取り上げられています。

坂本沙於里さんも、取り上げておられますので

こちらもどうぞ。

お二人の「言葉」を読んで、この作品を見ると、魅力が倍増します。

 

 

 

堀辰雄の「風立ちぬ」は、ぼくの「文学入門」でした。

生物学を諦めて、文学部へ行ったのも

この作品に出会ったからこそかもしれません。

高校生のころに父に無理して買ってもらった

「堀辰雄全集」が、今でもぼくの本棚に鎮座しています。

 

 

 

 

前にあるのが、新潮社版で父に買ってもらったもの。

その後ろにあるのが、筑摩書房版。

新潮社版のほうは、たぶんほとんど読んだと思います。

 

 

この「全集」を買ってもらった経緯などはこのエッセイに書いてあります。 

そういえば、

栄光学園の国語科の小冊子に書いたこのエッセイを

ちょっと短くしたものを

東京書籍の広報誌に掲載してもらったことがあります。

 

この表紙や本文にある本の写真は

ぼくの本をプロの写真家が撮影したものです。

 

 

 

 

 

  〈作者の了解を得て掲載しています。画像の無断使用・転載はかたくお断り致します。〉 


この記事をはてなブックマークに追加

一日一書 176 過ぎゆく夏に 2

2013-08-28 17:46:52 | 一日一書

 

過ぎゆく夏に

 

 

つながれたクルーザーにも

秋の光?

 

 

もう1枚追加です。

 

 

同じ写真ですが、トリミングを変え

コントラストを強くしてみました。

 

それにしても、クルーザーというのは

とんでもなく高価なのですね。

たまたまテレビで、この船より大きなものでしたが

2億円だと言っていました。

ぼくは、5000万ぐらいするかなあ

なんていって見ていましたので

もう開いた口が塞がらず

こんな写真やめておけばよかったなんて思ったり。

 

まあ、きれいなものはきれいなんだから

いいか。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

一日一書 175 過ぎゆく夏に 1

2013-08-27 17:39:40 | 一日一書

 

過ぎゆく夏に

 

 

久しぶりの「コラ書」です。

 

写真は、金沢区にあるアウトレットモールから見た

ベイサイドマリーナ。

 

空に浮かんだちぎれ雲は

「夏の終わり」を告げているようです。

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加