Yoz Art Space

エッセイ・書・写真・水彩画などのワンダーランド
更新終了となった「Yoz Home Page」の後継サイトです

一日一書 131 心遠地自偏 2

2013-06-30 22:12:52 | 一日一書

 

心遠地自偏

 

 

「飲酒」の全文をご紹介します。

 

結盧在人境 而無車馬喧

問君何能爾 心遠地自偏

采菊東籬下 悠然見南山

山気日夕佳 飛鳥相与還

此中有真意 欲弁已忘言

 

盧(ろ)を結びて人境(じんきょう)に在り 而(しか)も車馬の喧(かしま)しき無し

君に問ふ何ぞ能(よ)く爾(しか)ると 心遠ければ地自(おのづ)から偏(へん)なり

菊を采(と)る東籬(とうり)の下(もと) 悠然として南山を見る

山気日夕佳し 飛鳥(ひちょう)相与(あいとも)に還る

此中(ここ)に真意有り 弁ぜんと欲して已(すで)に言を忘る

 

(官界を離れ)人里に庵を結んでいるが、

そうかといって尋ねてくる車や馬のうるささがない。

君に聞くが、どうしてそうしていられるのか。(自問自答)

それはね、心が俗界から遠く離れていれば、住んでいるところも自然と辺鄙なところとなるのだよ。

東の垣根の下に咲いている菊を摘み、ゆったりとした気分で南山を見る。

山の空気は夕暮れとともにいちだんと澄みわたり、

鳥は連れだってねぐらへ帰ってゆく。

ここにこそ「真意」の境地があるのだ。

その喜びに満ちた気分を説明しようとするのだが、

もう言葉を忘れてしまったよ。

 

 

この詩は、「采菊東籬下 悠然見南山」が

夏目漱石の小説「草枕」に引用されていたりして

とても有名な詩です。

ぼくの愛してやまない詩でもあります。

 

陶淵明は、本名陶潜。

365生まれ~427没。

世界でも最高の詩人の一人です。

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

一日一書 130 心遠地自偏 1

2013-06-29 22:17:41 | 一日一書

 

心遠地自偏

 

陶淵明の詩より

 

 

陶淵明の「飲酒」という詩の一節です。

「心遠ければ地自ずから偏なり」と読みます。

「気持ちが俗界を遠く離れていれば、住むところも自然と辺鄙な場所となる。」という意味。

 

隠遁は、何も奥山にこもらなくても

街中でもできる。

心がけ次第である、ということ。

 

「気持ちが俗界を遠く離れている」ということは

金や権力に興味がないということ。

そうすると、そういうものを目当てに尋ねてくる人もいないから

住んでいる家も、奥山にあるのと同様に静かなところとなる、というわけです。

 

選挙があると、金や権力のある人の家が

「門前市をなす」ということになる。

 

金になるところに人は群がる。

原発も結局そういう構造になっているのでしょう。

 

 

写真は、奈良の白毫寺。

2005年の撮影です。

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

100のエッセイ・第9期・33 存続の危機

2013-06-29 10:46:11 | 100のエッセイ・第9期

33 存続の危機

2013.6.29


 

 中学1年生の国語では、漢字の小テストというのをやることになっている。教科書とは別の問題集を買わせて、2週間に1度、指定された範囲から20題を出題している。

 このテストで満点をとると、ぼくの似顔絵のスタンプを押してもらえる。あるいは押されてしまう。押されたくない人はなるべく満点をとらないように気をつけなさいなんて言って始めたら、「欲しい!」と身をよじる者が続出して、それが功を奏したかどうかしらないが、190人の内、満点をとるものが毎回70人ぐらいに及ぶ。スタンプなんてそんなに欲しいものだろうかとも不思議に思うけれど、毎回70回も自分の顔のスタンプを押すのも結構めんどくさいというか、変な気分というか、まああんまり普通の行為ではない。

 テストを返した後、正解を黒板に書きながら、いろいろと注意をする。漢字の書き方に関する注意もあれば、関連する事柄の説明もあるのだが、つい脱線してしまって、漢字の説明だったはずなのに、とんでもないことに話が発展したりしてしまう。

 前回、問題に「ソンボウの危機」というのがあった。正解は「存亡」である。ほとんどの生徒が出来ているから説明しなくてもいいのに、余計なことを言った。

 この「存亡の危機」なんだけど、1週間くらい前かなあ、テレビを見ていたら何かのニュースでアナウンサーが「存続の危機」って言うんだよ。そのうえ字幕にもくっきりと「存続の危機」って出るからね、何だ「存続の危機」って、それをいうなら「存亡の危機」だろうが、って悪態ついていたんだけど、とうとう訂正もなかった。まったく、近ごろのテレビっていうのも質が落ちたもんだね。「存続の危機」なんていったら、「存続する危機」ってことになるから、そんなのちっとも「危機」じゃないよね。「存亡」は「存続」か「滅亡」かってことだから「危機」なんだ。よく覚えておきなさい。

 なんて全部のクラスでしゃべった後、家に帰って、どうもどこかにひっかかるものを感じた。いくら最近のテレビがいい加減だといっても、あれだけ堂々と字幕まで出して、それで訂正もしないというのは、ひょっとして「存続の危機」という言い方も、最近ではあるんじゃなかろうか。そう思って、調べ始めた。

 辞書ではなかなか埒があかない。で、ネットで調べているうち、驚くべきことが分かった。

 なんと、事実はぼくの説明とまったく逆であったのだ。

 「存続の危機」が正しい言い方で、これは「存続が危ぶまれる危機的状況」という意味だという。いっぽう「存亡の危機」は間違いで、正しくは「存亡の機(き)」あるいは「存亡の秋(とき)」という。どうして「存亡の危機」が間違いかというと、「存亡」とは「存続か、滅亡かということ」の意味だから、「危機」に決まっている。「存亡の危機」は、だから「頭痛が痛い」というのと同じで意味がダブってしまうからダメなのだ。ここは「存亡の機」「存亡の秋」というのが正しい言い方であり、「存亡の危機」という言い方は、「存続の危機」と「存亡の機」の混同から生まれた間違いということなのだそうだ。

 言われてみれば、そうなのかあという気にもなるが、なんだかしっくりこない。でも、辞書にも「存亡の機」「存亡の秋」ときちんと用例が載っていて、「存亡の危機」はない。

 誤用ではあるが、かなり広まっている誤用でもあり、それが証拠に問題集自体が「存亡の危機」としているのだ。もう誤用とはいえないのかもしれない。

 それでも間違いは間違い。次の授業で、昨日の話、覚えてる? 「存続の危機」は間違いで、テレビなんて信用できないって話。あれ、実は間違ってた。逆なんだって。(生徒が「ジェジェ!」)よく覚えておくように。テレビなんて信用できないなんて言ったけど、オマエの方がよっぽど信用できないってことだね。お詫びして訂正します、と言って謝った。

 ただ、それはそれとして、意味がダブるからイケナイというのは、オカシイとぼくは思うよ。それに関しては、昔エッセイを書いたので、それを読んでね、なんてちょっと負け惜しみを言うことも忘れなかった。



この記事をはてなブックマークに追加

一日一書 129 あんずよ花着け

2013-06-28 13:50:42 | 一日一書

 

室生犀星「小景異情」その六

 

 

「ふるさとは遠きにありて思ふもの」で知られる「小景異情」は

その一~その六までで構成されています。

「ふるさとは…」は「その二」

この「あんずよ…」は「その六」です。

 

 

これは、今年の「安芸全国書展」に応募した2点のうちの1点です。

もう1点の方が入選して、こちらは戻ってきました。

こちらも、2ヶ月ぐらい取り組んだ挙げ句にやっと完成したもので

もったいないので裏打ちをしました。

 

振り返れば、この「一日一書」を始めたころに

この作品に取りかかったわけです。

こちらがその頃の練習作。

「一日一書」も、まだ5ヶ月にもなっていないのですね。

 

入選作品は、高知県の安芸市立書道美術館に

8月6日から8月18日まで展示されるそうです。

ちょっと遠すぎて見に行けないのが残念。

作品が戻ってきたら、またご紹介します。

 

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

一日一書 128 ぽくぽくまりをついていると・八木重吉

2013-06-26 22:09:30 | 一日一書

 

八木重吉の詩より

 

 

以前に書いたものを「コラ書」してみました。

 

むすびめがほぐれてきて

花がさいたようにみえてくる

 

こんなことが、ほんとに、あればいいなあと思います。

iPodのイヤホンのコードでさえ

なかなかほぐれなくてイライラしますから。

まして、人間関係はねえ。

 

この詩はやはり重吉の願いなのでしょう。

 

 

 

 


この記事をはてなブックマークに追加