Yoz Art Space

エッセイ・書・写真・水彩画などのワンダーランド
更新終了となった「Yoz Home Page」の後継サイトです

ぼくの切抜帖 15 マルセル・プルースト「失われた時を求めて」★習慣

2015-01-08 11:08:35 | ぼくの切抜帖

普通はわれわれは自己の存在を最小限に縮小して生きているのであって、われわれの能力の大部分は眠っている、なぜならわれわれの他の能力は習慣の上に寄りかかって休息していて、習慣はただ自分のやるべきことだけを知っていて、われわれの他の能力のたすけを必要とはしないからである。

★マルセル・プルースト「失われた時を求めて 第2巻」p384 井上究一郎訳・ちくま文庫


 



プルーストの切り抜きの13~15までは、ほとんどつながっている部分です。



この記事をはてなブックマークに追加

ぼくの切抜帖 14 マルセル・プルースト「失われた時を求めて」★美と幸福

2015-01-08 11:01:43 | ぼくの切抜帖

われわれは美と幸福とが個性的なものであることをいつも忘れている、そして、いままでに気に入ったさまざまな顔や、かつて経験したいろんな快楽をつきまぜ、そこから一種の平均をとってつくりあげる一つの因習的な型を、心のなかで、美や幸福に置きかえてしまい、無気力な、色あせた、抽象的な映像しかもたなくなっている、そうした映像には、かつて知ったものとは異なる、新しい、ういういしいあの性格、美と幸福とに固有のあの特徴が失われているというわけなのだ。そしてわれわれは、人生について悲観的な判断をし、それを正しいと思っている、そのじつ、美も幸福も見おとして、それらの一原子さえもふくまれない総合に置きかえながら、両者を考慮に入れたつもりになっていた。だから、新しい「名作」だといわれても、ある文学通は、そんなものにたいして、読みもしないまえから退屈のあくびをする、なぜなら彼は、いままでに読んだ名作の一種の合成物を想像するからである、それにひきかえ、ほんとうの名作というものは、特殊なもの、予見できないものであって、それ以前の傑作の総和から生まれるのではなく、この総和を完全にとりいれてもまだ見出すのに十分ではない何物かから生まれるのである、なぜなら、真の名作はまさにその総和のそとにあるのだから。そうした新しい作品を知ったとなると、先ほどまで無関心だった文学通も、そこに描かれている現実に興味を感じる。

★マルセル・プルースト「失われた時を求めて 第2巻」p382 井上究一郎訳・ちくま文庫


 



美は「個性的」なものだということは、何度も繰り返しプルーストが強調していることです。

なぜ、「名作」を読む前から「退屈のあくび」をするのか、ここを読むと深く納得されます。



この記事をはてなブックマークに追加

ぼくの切抜帖 13 マルセル・プルースト「失われた時を求めて」★生きたいとう希望

2015-01-08 10:55:46 | ぼくの切抜帖

景が変化を増し、けわしくなり、汽車が二つの山のあいだの小駅にとまった。山峡の底、渓流のほとりに、一軒の番小屋が見えるだけであったが、その家は、窓とすれすれのところを川が流れ、まるで水中に落ちこんでいるようだった。かつてメゼグリーズのほうやルーサンヴィルの森のなかをひとりでさまよったとき、突然あらわれてこないものかとあんなに私がねがったあの農家の娘よりもひときわまさって、ある土地の生んだ人聞にその土地独特の魅力が感じられるとすれば、このときその小屋から出てきて、朝日が斜に照らしている山道を、牛乳のジャーをさげながら駅のほうへくるのを私が見た背の高い娘は、まさにそれであったにちがいない。山がけわしくて他の世界から隔絶しているこんな谷間では、彼女が見る人といっては、わずかのあいだしか停車しないこうした汽車の乗客よりほかにはけっしてないだろう。彼女は車輌に沿って歩きながら、目をさました数人の乗客にミルク・コーヒーをさしだした。その顔は朝日にぱっと映え、空よりもばら色であった。私はその娘をまえにして、われわれが美と幸福との意識をあらたにするたびに心によみがえるあの生きたいという希望をふたたび感じた。

★マルセル・プルースト「失われた時を求めて 第2巻」p382 井上究一郎訳・ちくま文庫


 



「生きたいという希望」は「美と幸福の意識」から生まれるということでしょうか。


この記事をはてなブックマークに追加

ぼくの切抜帖 12 マルセル・プルースト「失われた時を求めて」★デッサン

2014-12-29 15:43:10 | ぼくの切抜帖

なるほど、名というものは、風変わりなデッサンをする画家だ、人間や土地の、その現実にすこしも似ていないクロッキーをわれわれにあたえるものだから、想像した世界ではなく可視の世界をまえにしたとき、われわれはしばしばおどろきのあまり、一種の茫然自失に陥る(といっても、可視の世界が真の世界なのではない、われわれの感覚といったところで、想像にくらべてとくにすぐれた模写の能力をもっているわけではなく、現実からとらえることのできるデッサンは、結局近似的なデッサンであって、そのようなデッサンは、すくなくとも、目に見た世界が想像した世界とちがっているのとおなじ程度に、目に見た世界から食いちがっているのである)。

★マルセル・プルースト「失われた時を求めて 第2巻」p203 井上究一郎訳・ちくま文庫




とすれば、「真の世界」はどこにあるのだろうか、という問題はさておき、確かに土地の名しか知らずにそこを訪れたときの「茫然自失」にはどこか覚えがあるような気がします。「え? こんなトコだったの?」っていう、アレです。


この記事をはてなブックマークに追加

ぼくの切抜帖 11 トルストイ「文読む月日」★書物

2014-12-25 17:01:47 | ぼくの切抜帖

 選ばれた小さな文庫のなかに、いかに巨大な富が存在しうることだろう。数千年にわたる世界のあらゆる文明国のなかから選ばれた、最も聡明にして尊き人々の世界が、その研鑽とその叡智の所産を、文庫のなかでいとも整然とわれわれに展示してくれているからである。それらの人々自体は姿も見えず、近づきがたい存在であり、またもしわれわれが彼らの弧独を破り、彼らの営為を妨害するならば、彼らはそれを堪えがたいと思うであろうし、あるいは社会的諸条件が彼らとの交流を不可能ならしめる場合もあるであろう。しかしながら、そこには彼らが己れの最上の友にさえも示さなかった思想が世紀を隔てた第三者のわれわれに、明瞭な言葉で述べられている。まことにわれわれは、人生における最大の精神的恩恵を書物に負うているのである。(エマスン)

トルストイ「文読む月日(上)」(「一月一日」の項)ちくま文庫・北御門二郎訳)



 トルストイの「文読む月日」は、トルストイ版「ぼくの切抜帖」とも言える本。ちくま文庫で3冊。宗教的・道徳的な色彩が非常に強いので、それほど広く読まれていないのかもしれませんが、言葉の宝庫です。ここから更に「切り抜く」のも、何か変ですが、それでも、ときどき、切り抜いてみます。

 確かに「書物」から、すべては始まるのです。ここでの「書物」は、いわゆる「古典」を指していますが、もっと広く考えれば、すべての「言葉」に、われわれは「精神的恩恵」を負っているのではないでしょうか。

 


この記事をはてなブックマークに追加