goo

ジャムラベル作り

6月もあと2日で終わり。今年も半年終わり。
今月は10日までは連日11日カノン用のお菓子作りをしていた。
12日以降は、ジャムを炊くか、ジャムの仕込みをするか、
畑でジャム用果実の収穫をするかのいずれかをやっていた。
5月後半から8月頭までの2ヵ月強は日々熟す畑の果実に追われる季節。
苺、桑の実、杏、梅、ラズベリー、ボイセンベリー。お隣さんちの山桃。
毎日ひーひー言いながら収穫して軸取り作業していたうちの畑の桑の実は今年も大豊作。
5月頭まではマーマレードに比べてジャムの在庫がほとんど無かったけど
この2週間頑張ったおかげでだいぶ貯まってきた。
ルバーブジャムも先月作ったのが在庫1個になってたけど一昨日また作った。
そしてひと息つく暇無く庭のブラックベリーもちょっとずつ取れ始めた。
ジャム作り作業一段落した今のうちにラベル作製添付作業を進めておくと後々ラク。

ザ・ゴール コミック版
クリエーター情報なし
ダイヤモンド社

今、「ザ・ゴール」という経営コンサルマネジメントのマンガを読んでいる。
大企業の工場経営を立て直す話だけど、子供のハイキング列から
工場生産ラインの効率化の知恵を思いついたりしてこれが結構おもしろい。
自分の仕事に置き替えて考えてみると、
ジャムのラベル作成添付作業の手間がバカに出来ない。=ボトルネック?
パソコンで印刷してカッターで切ってパンチで穴開けてリボンで結ぶ、
プリンターには常にインクがあるように度々補充する(オットが)。
たまにプリンターが壊れる。予備を買う。予備を置く場所が邪魔になる。
電化製品捨てるのが面倒くさい(いつの間にかオットが捨ててくれてた)。
ラベル関連作業を他に委託することが出来れば
私はもっと製造作業に集中出来るのだろうか。製造量を増やすことは目的なのだろうか。
大事なのは答えを教えてもらうことではなく自分で考えて答えを見つけるその過程。
制約箇所を見つけて対策を考え全体がうまく流れるように見直すこと。
2ヵ月前に改善した箇所も再度見直し、継続生産出来る仕組みを常に工夫し続ける。
持続可能な社会への道を探る。コンサルタントっておもしろいなー

Mail  HP  Twitter  Facebook

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ルバーブ株分け 露 雫 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。