goo

・暮らしの菓音vol.22 ジャム・マーマレード



ちょうど6月11日菓音の直前は、畑の桑の実の収穫真っ盛りであった。
酸味が強く、赤紫蘇のような一種独特な香りのあるうちの桑の実は
砂糖を加えて煮詰めると生食より格段に美味しくなる。
作った自分がおいしいと言っても説得力無いけど生食よりジャムの方がおいしいと思う。
時期的にはちょうどジャムの端境期。
春先に柑橘類を使ったマーマレードの種類がざらっと揃うのと同時に
柑橘類以外の果物を使ったジャムのラインナップがちょうど在庫薄になる季節だった。
5月頭に紅ほっぺ苺ジャムを作った後はしばし間が空いたけど
5月末から熟し始めた畑の桑の実、さらに長野畑で初収穫してきたルバーブのジャム加工に大わらわ。
そして6月11日菓音終了後、疲れたからちょっと休みたい~という戯言はどこへやら。
連日、畑の桑の実、杏収穫とジャム作り、ボイセンベリーやラズベリーなどの木苺収穫に追われる日々。
今年は冬が長く春が遅く桜開花も遅かったから、果実収穫も去年より遅くなると思ったのにな~
静岡の畑の果物は大体例年通り。
長野の畑の果物は、去年より2週間弱遅れている様相。
毎年収穫時期が変わる。毎年収穫量ががらっと変わる。たまにいきなり枯れることもある自家栽培果物。
今年は畑の桑の実が去年同様豊作だったので、国産ラム酒入りのアレンジバージョンも作ってみた。
ラムの香りが見た目黒糖のような桑の実ジャムによく合います。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« ・暮らしの菓... 第22回『暮... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。