goo

【暮らしの菓音】演奏者さんプロフィール


                                                         (撮影:北川陽稔)
【小栗久美子さんの演奏について】
竹で出来た縦型の木琴のようなベトナムの民族楽器、トルンを自在に操る小栗久美子さんの演奏を
私は過去2回ほど生で聞いたことがあります。
屈託無くどこか懐かしい響きの音色と可憐で軽快なリズムは

雨だれや鳥のさえずり、森のこだまや風のそよぎ、木もれ日や水のせせらぎなど
自然の情景を繊細に感じるとても魅力的な演奏でした。
「いつかこの方にDOLCE倉庫で演奏して頂けたら…」という念願叶って
9月24日にお越し頂けることになりました!
小栗さんの演奏、そして実直なトークからは「音楽の楽しさ」を肌で感じられます。
今回は小栗さんの旦那様でありバイオリン・ピアノ奏者で作曲家でもある
森川拓哉さんとのデュオコンサートです。
ご来場の皆様と音を楽しむひとときを分かち合うことが出来ましたら幸いです。(杜屋・守屋洋子)


                              (撮影:重本昌信)
小栗久美子 Oguri Kumiko /トルン

東京外国語大学ベトナム語学科卒。同大学大学院修了。
トルンをグエン・トゥ・トゥイ、マイ・ティ・ライ、ドー・ロック各氏に師事。
横浜みなとみらいホールや横浜赤レンガ倉庫にて数々の自主企画公演を開催。
2010年に師匠にあたるマイ・ティ・ライ氏とそのご家族
「チェ・ヴィエット・ファミリーバンド」をベトナムより招き、横浜みなとみらいホール、
福島市音楽堂にて「ベトナムバンブーコンサート」を企画・開催し、好評を博した。
駐日ベトナム大使館や在ベトナム日本大使館主催の公演をはじめ、全国各地で演奏活動を展開。
グエン・ミン・チェット国家主席来日祝賀会(2007年)や
ベトナム最高指導者グエン・フー・チョン書記長来日祝賀会(2015年)でも御前演奏を行っている。
オリジナル曲を収めた1stアルバムとべトナム人奏者とともにハノイで収録した2ndアルバムをリリース。
TV・ラジオ番組の出演やレコーディングの参加、大学などで講師を務めるなど活動の幅を広げている。

小栗久美子さんWEBサイト⇒http://www.geocities.jp/nhaccu_vn/

 

森川拓哉 Morikawa Takuya /バイオリン・ピアノ

早稲田大学卒業後、バークリー音楽院に留学。
帰国後、文化庁芸術祭出展作品や新国立バレエ団公演、
高野山金剛峰寺における空海奉納舞踊公演などの舞踊公演をはじめ、
数々の舞台公演における作編曲、演奏を担当。
2014年にはグラミー賞受賞アーティスト公演のバンドリーダーを務める。
その他、トップデザイナーのファッションショー、TV番組、CM、ドラマ、映画、
CD製作等にも演奏、作編曲、プロデュースとして多数参加。
30カ国以上に渡る民族音楽、奏者との共演した経験から独自のバイオリン演奏表現を追求している。

TOPへ戻る

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 【暮らしの菓... 【暮らしの菓... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。