代々木の森耳鼻咽喉科

~スタッフ休憩室~

新年のごあいさつ

2018年01月23日 | スタッフ日記
2018年あけましておめでとうございます!
お正月はお餅を沢山食べましてお腹がもちもちしてきたスタッフSです

年明けは1/6より診療開始でしたが、あっという間に3週間が経過しようとしています。
社会人の方は、仕事始めと楽しい新年会続きもそろそろ落ち着いて来る時期でしょうか。

当院でも新年会が先日開催されました

ワイン早く来ないかな~

今回は雰囲気ある老舗のスペイン料理屋さんにて、、
ワインと共に熱々アヒージョやパエージャの大鍋をおいしくいただきまして、先生とスタッフ一同楽しい時間を過ごしました!
キノコのアヒージョおいしかったです


本場のパエージャ


さて、今月に入り、来院される方が増えてきたようです。
例年年末から春にかけては混みあう時期となっており、
特に2月後半~3月にかけては花粉によるアレルギー症状による患者様が増加しますので、
検査済みで毎年花粉症のお薬が必要な方等、急性の症状でない方は花粉ピークより早めに来院予定を立てられることをお勧めします。

ホームページTOPには曜日別混雑予想も毎月掲載しています。

あくまで予想なので日によって天候に左右されたりしてしまうのですが、、ぜひ参考に使っていただければと思います

順番予約システム等もしわからないことがありましたら、お気軽にスタッフにお尋ねください。
それでは今年も1年よろしくお願いいたします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もうすぐクリスマス

2017年12月13日 | スタッフ日記
年末感もひしひしと迫ってまいりました12月、当院も先月からすっかりクリスマス仕様になっています


受付を見守るフェアリーサンタクロースが3人


今年も代々木の森のインテリア部長Nさんが院内の季節感を出してくれました。

院内の至る所に特大サイズのリース三日月に腰掛けるサンタクロースなど、Nさんが持参してくれたアメリカ生まれのグッズが多くあるのですが、
ぜひ見ていただきたいポイントは、見落としがちな待合室上部。

キラキラのリンゴスケートブーツなど一風変わった飾りがいくつも下がっていて、
(なんとオーナメント一つ一つがニューヨークの某有名デパートで3000~5000円位で販売されている物だそうです ワオ!)
クリスマスの楽しい雰囲気を高めてくれています。
来院される際にはぜひ見てみてくださいね



当院の年内最終診療は12/27(水)となります。
例年12月は患者様が多いのですが、特に最終週は混み合うことが予想されます。
連休前にいつもの処方が必要な方等 来院予定の立てられる場合は、早めの受診をおすすめします。

12/29(金)~1/5(金)年末年始休診
1/6(土) 早朝休診・午前8:30から診察開始 です。

お仕事もイベントごとも忙しい季節ですが、みなさま元気によいお年をお迎えください!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

早めの対処が肝心

2017年11月07日 | スタッフ日記
食欲の秋スポーツの秋行楽の秋がやってきました。
秋を通り越して一気に冬に近いような寒さではありますが、長雨の合間をぬって京都を満喫してきましたスタッフSです。こんにちは。


まだ紅葉というには早かったのですが、山の方では徐々に木々が色づいてくるのを見られましたし
おいしい京料理と地酒を堪能して、今回は国宝展などにも立ち寄り、楽しい京都旅でした。
雨に降られた日もあり予定通りには廻れなかったのですが、今度は春頃に行こうかなと考えています。
京都はいつ行っても美しい四季を感じられていいですね。


さて、一日経つごとに風が冷たくなり、朝晩の冷え込みが出てきています。
今年は木枯らし1号も昨年より1週間早かったということで、既に寒さを感じる日も多くありますね。
最低気温が10度を下回ることも徐々に増え、朝晩と日中の間の気温差も大きくなってきました。

身体は、外の気温が高いときは熱を放出する為に汗を多く出し、また外の気温が低いときは熱をため込むことで常に一定の体温になるよう調節します。
ですので、一日の中で寒暖差が大きくなると調節機能を使い分けなくてはいけなくなるため、疲労が溜まりやすくなるとのことです。
その少し疲れたところに「行楽イベント」などで無理をしてしまうと、風邪を引きやすい環境を作り出してしまうこともあります。

お出かけや、運動をしやすくなる季節ではあるのですが、
「よく遊び、よく休む!」ということで、
自宅でゆっくり休養する時間を作ることは、風邪予防対策としても有効です。

また、風邪を引いたかな?という時の対処は早ければ早いほど良いです。

私自身もともとは、風邪くらいでは病院には行かず、炎症や発熱など悪化して手がつけられなくなってしまってからやっと、「仕方ない・・病院に行くか。」というタイプだったので、そういう方の気持ちはとてもよくわかる!のですが、
こちらで働かせていただくようになって数々の患者様を見れば見るほど、多少の違和感を察知して早めに手を打つほうが、
身体のダメージも小さく済み、(動けないなど)無駄にする時間も少なく、お薬等にかかる支払いも少なく、不調や季節によっておこる身体の波をスムーズに乗りこなしているように思います。

『よくある風邪症状』で1度病院に行き、数日分のお薬が出て解消。という軽いものだったはずが、
(一概には言えませんが)放置してしまったために炎症が強くなりウイルスや抗体菌の検査、点滴、数回にわたる通院が必要になってしまうような感じですね。。
そしてやはりなりより症状がひどくなると「つらい」のです

のどがイガイガしたら〇〇を飲むとか、鼻のアレルギーが気になりはじめたら洗うとか、ご自分なりのケアを持っている方は最高です
ただそういう対処法を持っていなくていつも気づくと酷い症状になってしまうという方は、やはり初期段階で病院で診てもらう選択をするだけで大きく違います。
体調が怪しいなと思ったらまずは、よく栄養を摂って、暖かくして、よく休む!
月並みですがやはりこれが一番よく効きます。
それでもサクッと改善しないなという時には、早めの受診をお勧めします。

『ただの風邪症状』は『ただの風邪』のまま終わらせましょう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の花粉症

2017年09月27日 | スタッフ日記
こんにちは、スタッフSです

先日当院の納涼会がありました。
歓迎会・送別会も兼ね、各自スケジュール調整のため少々遅めの開催ですが、今回はスタッフからリクエストの出たお店に集いまして、、

どーん


(お野菜来たー)


(お肉来たーー)


(グツグツ)(わくわく)

美味しいご飯で、スタッフ一同お腹いっぱいの夜でした ふくふく



さて9月に入り一気に秋の気候になりましたね

院内の混雑状況は落ち着いている日が多いように感じます。来院される方の症状としては、秋の花粉症状や、季節の変わり目の風邪の割合が高いです。

この季節の花粉症は、晩夏から秋にかけてキク科の「ブタクサ」「ヨモギ」、また飛散が秋とは限らないのですが「ハウスダスト」、「ガ」のアレルギーの反応が出る方もこの季節には多い様子です。


当院のアレルギー検査では、重要な10種類をセットにしたものがあり、
その他気になる食物や動物のアレルギーが疑われる場合は10種のセットに項目をいくつか追加(もしくは変更)して検査することもできます。
(1度の検査では追加項目数に規定があります)

多くの方はこのセットで原因の当たりを付けることが出来る内容(ハウスダストやスギ、ヒノキ、イヌ、ネコ等)となっていて、
追加検査項目も幅広い中から選択できるので、今までの経験から疑わしい原因がある(珍しいペットを飼っている、気になる食材がある等)場合に良いですね。


また更に、この度当院では陽性頻度の高い項目39種類をセットにしたアレルギー検査もできるようになりまして、
検査項目には吸入系のアレルゲンとしての塵や花粉、昆虫などの他、食物系のアレルゲンとしての食品表示義務7品目等が含まれています。

こちらはセット内容以外に追加や変更が出来ないのですが、1度の検査で幅広く検査することができ 採血量も変わらずということなので、アレルギー症状の原因が解らない方はこちらが便利かもしれません。


保険診療となりますので、どちらが適した検査かは(検査の必要有無も含め)診察時の先生の判断となりますが、
「時々、蕁麻疹みたいにかゆくなる…」「この季節になるとくしゃみや鼻水が出てくる…」  など、これはアレルギー症状かな?という時には
疑わしい原因も含めて、お気軽にご相談くださいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

耳鼻咽喉科の検査って、どんなことするの??③(重心動揺編)

2017年08月19日 | スタッフ日記
今回はこの↑おにぎり型の台に乗る検査を紹介します!



こんにちは!
スタッフSです。

夏の台風も元気に発生する8月ですので、今回はお久しぶりの耳鼻科の検査シリーズ3回目、
『重心動揺検査』の紹介をしたいと思います


重心動揺検査は、めまいやふらつきの診断を目的とした検査で、立っているときに現れる重心の動きを測定します。


私たちは普段、目で見る情報(視覚)や、耳の奥の内耳(前庭・半規管)からの信号を脳(中枢神経)で制御して⇒骨格筋に命令が伝わり、姿勢を保つことができます。

その行程のどこかに異常が出ると、身体が片方に傾いたり、目が回ったり、立っていられなくなる状態になります。


そんなめまい・ふらつきが現れたときに、この重心動揺検査で『平衡障害』の程度の把握をして、
その原因が内耳にあるのか(耳からくるめまい)、中枢にあるのか(脳からくるめまい)の推測をすることができます。


検査は、重心の動きを計る台(上の写真)に楽な姿勢で立ってもらい、
①目を開けて60秒・目を閉じて60秒直立⇒②台にクッションを敷いた状態で目を開けて30秒・目を閉じて30秒で測定します。
不調を感じている際の「1分」は長く感じられるかもしれませんが、いつでも支えられるようにスタッフが注意深く観ていますので安心してくださいね。


重心の検査はこれひとつだけで行われる事はなく、診察室内での 眼振検査(眼球の動きの検査)とセットで行います。
また、以前に紹介した聴力検査とチンパノメトリーも併せて検査することが多く、全て行うと15~30分くらいお時間がかかります。(症状の強さや、反応状態によりかなり個人差があります)


めまいの原因をつきとめるためには、このようにたくさんの検査が必要になり、
これだけの検査を受けるには時間も長くかかってしまいますが、どれ一つも無駄な検査はありません。
原因を探るため必要な検査であることをご理解いただければと思います。


また8月後半は、
8/23(水)終日渡辺医師に変更
8/25(金)~8/26(土) 休診

となっています。

TOPページのカレンダーをご確認の上、来院してくださいね。

 ※その他変更事項は トップページ⇒「休診のお知らせ・カレンダー」から確認できます




コメント
この記事をはてなブックマークに追加