代々木の個別学習塾講師が想う、あれこれ

教育関連のニュースや日々の出来事に塾講師が思うことを綴っていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

教科書執筆者の苦悩が見える?基本法の改正

2006-06-04 | 教育ニュース

先日、公正取引委員会は正式に教科書特殊指定の廃止を決定しました。
出版社による教科書採択の営業課活動を厳しく規制しているこの指定を廃止する
というもので、その理由として公務員の倫理規定が整備されたことや
過剰規制になっているということであり、詳しくは分かりません。

廃止の反対意見は、指定を維持しないと文科省の行政指導に
強制力がないため不公正な取引を防止できない恐れがある・・・
内容面で学習指導要領に制限され、価格も無料配布のために
定価が決められているという制約があり、自由競争にはそぐわない・・・
教科書の質の低下や寡占化を招く・・・
内容の良否に関わらず宣伝力の差などで教科書が採択される恐れがある・・・
良質な教科書を作っていても、営業力がない社は生き残れず教科書の多様性が失われる・・・
など様々です。

扶桑社の新しい歴史教科書の採択については様々なところから妨害が起きていました。
内容云々は各々考え方があるでしょうが、妨害については誰かそれを防ごうとしたのでしょう?
指定を廃止することで、どのような影響が出るのか、懸させるような事態が起こるのか
あるいは起こすのか不透明であり、判断も出来ず、教科書会社や
学校・採択関係者の常識に期待するしかないのでしょう。

教科書の多様性や教科書の質という点では、確かに中高一貫校向けの数学の
教科書が作られていたり、学力低下を受けて、難易度の高い教科書なども作られています。
しかし一方で、記憶に新しいところでは中学教科書で
記述ミスが208ヶ所見つかる、というニュースもありました。
さらに、高校の英語教科書では復習としてアルファベットを掲載しているものや
単語に読み方がカタカナで書かれているもの、国語では書き込み式の教科書
数学においてはマンガで説明しているものまで登場する始末です。

ところで、教育基本法の改正案にあたり、愛国心、日本の歴史
伝統文化、宗教教育、などが話題の中心となっています。
また、小坂文科相が小中学校で道徳を正規の授業として教科化を
検討する考えを示すと先日のニュースで取り上げられていました。

となれば、はたして今までの教科書、特に社会については
このままでいいのだろうか?という疑問が残ります。
自虐史観に溢れた歴史教科書・・・という批判はあちこちで聞かれます。
教育基本法が与野党案の通りに改正されるとすれば
必然、教科書の改訂も必要になるのではないでしょうか?

道徳に関しても教科書が必要となるでしょうし、内容は何を取り上げ、どのようにするのか
各教科書会社にとってはまさに、教科書の多様性と質が問われるところとなるでしょう。

いかに教育基本法の理念に沿った教科書を作るのか、教科書会社のなかには
場合によっては踏絵を踏む覚悟が必要になってくるのかもしれません?

また、教科内容以外で子供たちの興味関心を惹くために、要らぬ付録をつけたり
マンガをふんだんに取り入れたりといった教科書作りは止めて欲しいものです。
これからが必ずしも子供たちのためになるとは思えませんし
子供たちを馬鹿にしているようにさえ私は感じてしまいます。

良質な教科書を作れば営業力がなくとも、採択されると個人的には信じたい思いですし
学校関係者もそのように感じ、採択に関して良識のある判断を期待したいと思います。

http://tokkun.net/jump.htm

よろしければクリックをお願いします。

にほんブログ村 教育ブログへ 

ジャンル:
学校
コメント (1)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 都立高校入試の日程 | トップ | 家庭の教育力が低下・・・そ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
関係者に良識はあるか (もーちゃん)
2006-06-05 08:43:42
はじめまして。もーちゃんと申します。

TBをありがとうございました。



学校教科書の特殊指定廃止によって、教科書会社の営業力の強い所が寡占する可能性は、私個人的には大いにあると思っています。

カネに物を言わせて自らの意のままにしようとするのは、どの業界であれ今に始まったわけではなく、ましてや関係者の良識に期待することなど、言葉は悪いですが愚かしいとさえ感じます(「つくる会」の言動を振り返ればお分かりになるかと…)。



公取委の本当の意図が理解できません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

3 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
教科書特殊指定:9月1日から廃止決定 (飯大蔵の言いたい事)
 教科書特殊指定も協議中で文科省も少しは抵抗すると思ったのにヘタレいやグルか。大変残念な決定です。 教科書特殊指定:公取委、9月1日から廃止決定  公正取引委員会は2日、教科書会社による教育委員会など採択関係者への利益供与や他社への中傷などの妨 ...
医療制度改悪法案委員会可決 (飯大蔵の言いたい事)
医療制度改悪法案が委員会にて強行可決されたようだ。与党が押し切り、衆院委で医療制度改革法案可決 2006年 5月17日 (水) 13:56goo読売  高齢者医療の抜本改革を柱とする医療制度改革関連法案は17日午後の衆院厚生労働委員会で、自民、公明の与党の賛成 ...
壮絶な敗北を喫した国家が、それでも生き延びて行く為に、様々な苦渋の選択を強いられた歴史の中で、人質として召し上げられ、時の流れに (マスコミ情報操作撃退作戦)
(前略)生徒達に向き合ってこそ、その価値が発揮できる筈の教師達が、向き合う前に費やす時間の膨大さに不満を溜め込みつつも、十年一日の如く変わらぬプロセスをしっかり守っていました。時々刻々と変化の波が押し寄せる民間の企業世界とセピア色の学校世界がど ...