yoyo独り言

日常の思いつくままを、
心の整理場所として・・

西九州つれづれ-7-有田ポーセリンパーク ~ 祐徳稲荷神社

2017年06月09日 | 旅日記


有田に来たら ここを見学しなくては・・・と
「柿右衛門窯」 です。
静かなたたずまいでした。
大きな柿の木が・・・・
ギャラリーには 柿右衛門作の作品が展示販売されています。
目の保養をしてきました。



有田ポーセリンパーク内にある バイキングのんのこ です。
時間がずれていたせいか? がら~~んとしていました。
デザートのソフトクリームも頂いて ゆっくりと・・・
集合時間を決めて自由散策です。



広大な土地にツヴィンガー宮殿、バロック庭園、天狗谷古窯の再現、有田焼工房、などが点在しています。
宮殿内に 江戸幕末から明治初期までの輸出向けに制作された作品、
有田焼(古伊万里)を展示しています。
開設は 香蘭社 だったとか・・
今は宗政酒造の所有になっています。
現状維持していくのも大変な広さです。
テーマパークなのですが・・・
焦点が定まらない・・・・



祐徳稲荷神社

貞享4年(1687年)肥前鹿島藩主鍋島直朝公の夫人花山院萬子媛が、
朝廷の勅願所であった稲荷大神の御分霊を勧請された稲荷神社で、
衣食住の守護神として国民の間に篤く信仰されております。
日本三大稲荷の一つに数えられ商売繁昌、家運繁栄、大漁満足、交通安全等種々の祈願が絶えず、
参拝者は年間300万人に達しています。
御本殿、御神楽殿、樓門等総漆塗極彩色の宏壮華麗な偉容は、
鎮西日光と称され、観光ルートの上にも一異彩を放っています。

祐徳神社案内より

見上げる高さですが エレベーターが有りましたので 全員でお参りしました。
すでに夕暮れ時、巫女さん達がお掃除を始めています。



お参り後、記念撮影・・・・
願いが叶いますように~~~

今夜のお泊りは、佐賀駅前 「ホテル東横イン」 です。

10年一昔  2007年6月9日
年金問題
ジャンル:
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西九州つれづれ-6-平戸観光 | トップ | 西九州つれづれ-8-夕食は・・... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かめちゃん)
2017-06-10 20:21:06
有田ポーセリンパーク,ちょっとむなしい感じもしました。維持していくのは大変なんでしょうね。祐徳稲荷は想像以上、神々しくきれい。ご利益ありそうです。エレベーターがあってよかった。これからは恥も外聞もなく即利用します。
かめちゃん (yoyo)
2017-06-10 21:50:26
有田ポーセリンパークは少し期待外れになりました。ほかの窯元見物をした方が良かったかなとも思います。祐徳稲荷は立派でした。歴史がありますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。