ヨアヒム・レー部(〓_〓)| ̄凵 ̄|☆☆☆☆

 記者ときどき声楽屋のヨーコによる、サッカードイツ代表中心の時事情報ページ。選手やクラブの話、観戦旅行記もお届けします。

ドイツ代表、11月にコンフェデ杯モデルの新ユニフォームを発表。

2016年10月31日 | DIE MANNSCHAFT2016



みなさん、Ciaoヨギです(´v`)ノ
本日は来年ロシアで開催されるコンフェデレーションズ・カップのための、ドイツ代表新ユニフォームの情報をお届けしますね。



さて、こちらはこれまでの歴代ユニフォームのグラフィック。こうして見ると、2014年W杯の時の白いボトムが良くも悪くも目立ちますね(¯∀¯;)

新ユニフォームの一般正式発表は現地時間の火曜ということで、Xデーは11月初旬。その前にメディア向けの公開があるかどうかは、現在のところ未定です。



その新しいユニフォームと言われているのがこちら。



公式発表に先駆け、ユニフォームリークでは定評のあるフッティ・ヘッドラインズから、今回も新作と思われる画像がすでにリークされてしまいました。



また、ドイツメディアではこちらの予想図を発表。いずれにせよプリントのパターンは、1990年のアウェイモデルをオマージュしたもののようです。



気になるのは襟元の形。ラウンドネックとVネックと予想が分かれていますが、トップ画像の本物の新ユニフォームをまとうギュンちゃん(イルカイ・ギュンドアン選手)の姿からは、襟ぐりにドイツの三色が施されているのはわかるものの、ネックラインの判別は難しいところです。



ちなみにここ数年のネックラインの変動ですが、2010年はラウンドの変形タイプ。



2012年はVネックタイプ。



2014年もVネックタイプ。



2016年はラウンドタイプという順番になっています。



さすがに襟付きということはなさそうですが、90年のときはVネックということで、ややVネックのほうに信憑性があるかもしれません。

ということで、こちらのユニフォーム姿は見納めになることに。また、気になるボトムですが、現行の黒のボトムに白黒のソックスを合わせるとのことです。



そしてアウェイに関しては現在のところ、引き続き2016年EUROでも使用された緑の爬虫類リバーシブルユニフォームを着用するようです。

「もうちょっとだけ待っててね~♪」{Θ_Θ}

新しいユニフォームで心機一転、来年のコンフェデ杯やその先のW杯も頑張れますように*:.。☆..。.(´∀`人)

また、新ユニフォーム発売に合わせ、当ブログではメールオーダー制でユニフォームの受注販売を行う予定です。DFB公式ファンショップより輸入するため、正規品は当然のこと、通常日本では発売しない選手のユニフォームやフリーの番号&名前もオーダー可能です。販売価格やオーダーの流れなど、詳細は後日ブログにてお伝えしますね。

では、また☆☆☆☆


出品中の商品はこちら←現在ドイツ代表の限定ミニレゴフィギュア出品中です♪

Regina Schmeken: Unter Spielern - Die Nationalmannschaft
女性カメラマンによる白と黒の静謐な世界で表現された、2012年のEUROの記録。
レジーナ・シュメケン著
¥3,577
Hatje Cantz Verlag Gmbh

Die Nationalmannschaft- One Night in Rio (Gold-Edition)

2014年W杯のドイツ代表を完全記録した写真の豪華装丁版。
パウル・リプケ著
¥14,694

Edel
One Night in Rio

2014年W杯のドイツ代表を完全記録。
パウル・リプケ著
¥4,110

Edel

Die Spieler. Die deutsche Fussball-Nationalmannschaft
2010年W杯メンバーによる写真集。
エレン・フォン・アンワース著
¥5,699
Zeitgeist Media Gmbh
【予約DFB01】ドイツ代表 ドキュメンタリー DVD ワールドカップ2014ブラジル大会

【予約DFB01】ドイツ代表 ドキュメンタリー
DVD ワールドカップ2014ブラジル大会
"Die Mannschaft "【サッカー...

価格:4,860円(税込、送料別)

Die Bayern-Story: 
Ein Geschichts-Comic
¥1,676
Die Werkstatt Gmbh
ジャンル:
サッカー
Comment (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヨギヨギ、2020年までの代表... | TOP | 弥勒さま、DFBにコーチングス... »
最近の画像もっと見る

1 Comments

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (カールハインツフェルスター)
2016-10-31 12:11:59
歴代ユニフォームの中では、1978年のエリマ社製のモデルが一番カッコいいですね。
あと、1980年と1982年のときは、なぜかシャツがアディダスでパンツがエリマという組み合わせでした。

post a comment

Recent Entries | DIE MANNSCHAFT2016

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。