ヨアヒム・レー部(〓_〓)| ̄凵 ̄|☆☆☆☆

 記者ときどき声楽屋のヨーコによる、サッカードイツ代表中心の時事情報ページ。選手やクラブの話、観戦旅行記もお届けします。

ドイツ代表、新ユニフォームは1990年の"伝説"のアウェイをオマージュ。

2016年11月07日 | DIE MANNSCHAFT2016



みなさん、Ciaoヨギです(´v`)ノ
ついにドイツ代表の新しいホームユニフォームが発表されたので、さっそくご紹介しますね。



それがこちら!
腕毛は見ないであ・げ・て♥(*ノωノ)イヤン←



それではディテールをチェック! 先日お伝えしたとおり、今回はVネックにドイツカラーが施されています。前面の模様は……。



1990年W杯のシーズンのアウェイユニフォームをオマージュしたものです。



また、名前のフォントは2016年EUROのときとほぼ変わらず、少し細めの書体でプリントされています。



そしてこちらは、新ユニフォームをまとったみんなのイメージヴィジュアル。



まだ番号がついていないユニフォームのため、なんだか少し不思議な感じです。



今回、アディダスといえば……の三本線は肩の部分のみ。袖口部分も装飾はそぎ落とされ、非常にシンプルなデザインに。



松(マッツ・フンメルス選手)は番号入りのものを着用。こうしてみると、パッと見この前のユニフォームとそう変わらないような……。



あまりにもシンプルなマイナーチェンジ仕様のデザインのため、メディアからはシンプルでいいという評価と、代わり映えしなくてつまらないといった評価に分かれているようです。



さらにドイツ時間の6日、その新ユニフォームのお披露目イベントがデュッセルドルフで行われました。



イベントにはチームを代表してギュンちゃん(イルカイ・ギュンドアン選手)が登場。



自らユニフォームにナンバーをプレス!



このナンバープリント、実際に自分の目の前でプリントされるのを見ると気持ちが上がるんですよ~!((ヽ(´▽`)ノ))



そのプリントバージョンを着たギュンちゃん。やはり番号が入るとしっくりきますね。



一般発売は世界同時に7日からスタート。DFB公式のショップでも販売が始まりましたので、追って当ブログでの代理輸入販売に関してもお知らせしますね。



選手たちが着用するのは、現地時間11日に行われるサンマリノとの2018年W杯予選から。
今回はプレーはもちろん、ユニフォームにもぜひ注目してみてくださいね☆

では、また☆☆☆☆


出品中の商品はこちら←現在ドイツ代表の限定ミニレゴフィギュア出品中です♪

Regina Schmeken: Unter Spielern - Die Nationalmannschaft
女性カメラマンによる白と黒の静謐な世界で表現された、2012年のEUROの記録。
レジーナ・シュメケン著
¥3,577
Hatje Cantz Verlag Gmbh

Die Nationalmannschaft- One Night in Rio (Gold-Edition)

2014年W杯のドイツ代表を完全記録した写真の豪華装丁版。
パウル・リプケ著
¥14,694

Edel
One Night in Rio

2014年W杯のドイツ代表を完全記録。
パウル・リプケ著
¥4,110

Edel

Die Spieler. Die deutsche Fussball-Nationalmannschaft
2010年W杯メンバーによる写真集。
エレン・フォン・アンワース著
¥5,699
Zeitgeist Media Gmbh
【予約DFB01】ドイツ代表 ドキュメンタリー DVD ワールドカップ2014ブラジル大会

【予約DFB01】ドイツ代表 ドキュメンタリー
DVD ワールドカップ2014ブラジル大会
"Die Mannschaft "【サッカー...

価格:4,860円(税込、送料別)

Die Bayern-Story: 
Ein Geschichts-Comic
¥1,676
Die Werkstatt Gmbh
ジャンル:
サッカー
Comment   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ドイツ代表、11月の代表戦召... | TOP | ドイツ代表、ボアとトニが故... »
最近の画像もっと見る

post a comment

Recent Entries | DIE MANNSCHAFT2016

Similar Entries

Trackback

Trackback  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。