陽のあたる介護・・・そして約束の場所へ

以前は介護員として支援・・・今は人として演出・・・残された人生をこの仕事に捧げております

職員に・・・助けられる瞬間

2017-07-18 04:35:26 | 日記

本日、市外の病院へ通院があります

現場から職員を受診に付き添わせると、その日の人員や時間帯により通常行いたい業務などに支障がでる可能性があり他の入居者様の支援にも影響が出てくると思い、市外の受診はもっぱら僕が引き受けている

僕の性格上・・・・自分のことは後回し・・なるべく周囲を楽にさせてあげたいということがときに良くも悪くも・・・どうやら・・かなり職員に心配をかけてしまっているらしい・・・・

昨日・・・1人の看護師が朝、事務所にきてこういってくれました

「施設長、朝は早いし休んでないから、看護で明日休みの職員を今日を休みにして私は、今日は1人でやります。そうしたら明日は3人になるし、明日の受診は私いきますから、施設長は休んでください」

・・・と看護師同士で話し合ってたらしい・・・

この言葉と思いに・・・会社でなければ、僕は泣いていたと思います・・・

「ありがとう、別の仕事もあるから休むことはできないけど、〇〇さんの受診、お願いするよ」

確か・・・こんなやりとりだったと思う(笑)   

今朝もこれから違う業務ではありますが・・・昨日の看護師の言葉に・・・

僕の心と・・・身体は・・・助けられました。  ありがとう・・・看護師の〇〇さん

『介護』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ある亡くなった入居者の言葉 | トップ | 感動と笑いありの勉強会 »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。