今日の夕夜

BL作家、夕夜 京の日記。
現在漫画はネット配信と既発売中の
コミックスのみで活動は休止中でも元気にやってます。

進化するスケーター

2017年05月16日 13時35分27秒 | フィギュアスケート
いや〜〜〜、

平日、時間を気にせず遅くに起きて、天気の良い昼間に「プリズンブレイク」の新シリーズ、録画したのを観ながらコーヒーを飲み、可愛いニャンコが側で寄り添ってくれるので、背中を優しく撫でながら、届いたアイスショーのチケットを眺めてニヤニヤ……(席は前回行った時より少し前になる、楽しみ)、

なんて幸せな時間なんだ

至福以外にない、まったく。。。

そして、大好きな羽生結弦くんですが、

今はトロントで来季の新プロの練習に励んでいる頃でしょうが、少し前に海外のインタビューに応えているのがネットでUPされましたが、

なんとっっ

「オリンピック後も、現役を続けるならば、より高難度な事を目指してやっていきたい」と。

誤解してはいけないのは、まだ平昌OP以後、現役を続けるか引退するかは決めてはいないという事。

もともとのビジョンでは、現役は平昌までで、そこで2個目の金メダルを取ったら引退して、プロスケーターになるっていうのが羽生くんの人生設計です。

素晴らしいことに、その計画はことごとく叶えてきていて、今後も叶えていく予定だと本人は言っていました。

だから、おそらく平昌後は引退するのだろう、と周りも私も暗黙の内に(今も)想定しているのですが、しかし実際には何が起きるかわからないもので、予定も暫定であって絶対的に変化しない、とは限らないのです。

多分引退するのだろうな、と考えながらも、もしかしたら続けてくれるかもしれないと思うキーワードは、

「より高難度な事をしていく」
「クワドアクセルは絶対に(試合でかどうかはわからないけど)跳びたい」

です。

現役を続ける上で一番避けられないのが「年齢」です。
ピークは人それぞれですが、大体の目安はあり、男子フィギュアなら、20台中盤を超えると、続けることは出来ても、勝ち続けることは難しくなります。羽生くんとて同じ(多分)。

羽生くんの中では、勝つことが、そして勝つためにはより難度を上げていくというのが、現役を続ける意味なんで、本音を言ってるなぁ、と納得してしまいました。

引き際って、すごく難しくて大変だと思います。

一番の絶頂期に辞められたら、すごく綺麗だしカッコいいんだけど、はたしてやりきった!と本人が満足できるかどうか。
真央ちゃんも言っていたけど、

「まだ出来るんじゃないか」と、思ってしまったら、
後悔したくないから、続けたいと思ってしまうかもしれない。

はたして羽生くんが、平昌でどう思うのか。

金メダルで満足するのか、銀メダルでも満足できるのか、それとも金を取ってもまだやりたいと思うのか、それが大事かな、と。

前に「平昌後に引退する」という一言が、そこだけ切り取られて拡散し、ものすごい騒動になってしまい、本人が慌てて否定しましたが、今回の「続けるならば…」発言は、騒ぐ周りを収めるためのごまかしコメントではなく、まだほんとうにこの先どうなるか、本人自体もわからないんだろうなというのがわかった、気がします(笑。

高難度……それはきっと、クワドアクセルであり、もしかすると5回転かもしれないし、平昌後に変わるルールで自分の新しい力を試してみたいということかもしれない。

唯一怖いのが、ボーヤンやネイサンが、平昌までにクワドアクセルを認定させてしまった場合、

「先にやられてしまった、自分が認定させられなかった=ならクワドアクセルはアイスショーでもいいか」って、モチベーションが下がってしまわないか、という事。

前にも書きましたが、平昌までには、羽生くんは勝つプログラムの構成をやるつもりなので、あくまでノーミスが絶対条件だから、クワドアクセルをミスなく試合で入れるには時間が足りないから、絶対にやらない。

対してネイサンやボーヤンにはまだ時間がある。
平昌で勝てなくても北京があるから、思い切り冒険が出来るから、アクセルに挑戦する可能性大です。

だから、認定も、多分彼らの内の誰かが(ビンセントくんかもしれないが)先、かもしれない。

それでもやってくれたらいいな、が私の希望であり、願いです

まぁ、どんな未来になるかわかりませんが、どんな未来になっても、フィギュアスケーターの中で、一番好きで、一番観ていたいと思える人が羽生くんなのは変わらないので、これからも観ていきたいと思います。

観たくても、観れなくなることもあるから……プロスケーターだって、観れるだけ有難いのです。
羽生くんなら、いままでのプロとは違う、「進化するプロスケーター」に、なるかも?しれないし


そして、ロッテのサイトでガム噛んだら
壁紙もらえました
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バランスは大事 | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。