野草散策でみつけたワンピース

散歩や旅行等イベントで見掛けた野草。彼等の生き様で気付きと戯言

ニオイカントウ…園芸種の様だが近隣ではあまり見かけないかも

2017-03-15 21:19:29 | 日記・エッセイ・コラム・植物
曠然にして自適に、浮雲(はぐれ)の如く
八王子みなみ野へ出かけてから郵便局へ。車から降りる時、横に手摺があるのを忘れドアを思い切りぶつけてしまった(´;ω;`)
幸いにもドアに緩衝材が付いているので緩衝材を少し削った程度で済んだのだが…駐車する位置はリスクを考慮して選ばないとなぁ!
ついている様な/ない様な?その後自宅へ帰ってから徒歩で買い物へ出かけ、後遠回りをして帰ってきたのだが思わぬものに出会う
写真の 匂款冬(ニオイカントウ)。以前に出会った様な気がするが都度登録しているPC辞書にないので初めてかもしれない。
フキ類の雰囲気だか調べると款冬(カントウ)は蕗の別名で芳香があるので匂(ニオイ)でニオイカントウと言うそうだ。ただそれ程匂いは感じなかった。

ニオイカントウ以外に出会ったものを以下に:

何気なくグミの事が頭を浮かび注意してみていると実をつけている、これから色づく苗代茱萸(ナワシログミ)だ。
右のものはまだ先端に花の残骸が付いている。左は別の場所のものだが花の残骸は見当たらずもっと実が膨らんでいた。

今や柊南天(ヒイラギナンテン)は寒さの所為か、未だ咲き誇る程には成っていない!左は寄って撮ったもの。


これは民家の庭にあった木蓮(モクレン)。白木蓮(ハクモクレン)は周りでよく見掛けるがモクレンは最近あまり見掛けなくなった気がする。
 
蛇足で沈丁花(ジンチョウゲ)、特段珍しくはないが良い匂いだ。 生垣の間から頭を出していて遠目になんだろう?と思ったもの

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タンポポの変種? | トップ | カタクリ開花だぁ、モミジイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。