野草散策でみつけたワンピース

散歩や旅行等イベントで見掛けた野草。彼等の生き様で気付きと戯言

開花寸前に雨で泣かされた桜?

2017-03-21 15:22:47 | 日記・エッセイ・コラム・植物
曠然にして自適に、浮雲(はぐれ)の如く

予報通り雨、朝から結構降ってる。丁度良いと言えばその通りだが朝一番で病院へ、その後床屋に行く事に。今は無く成ってしまったが会社の独身寮の
すぐ前にあった 床屋さんで45年位の付き合いになる。額と思しくものが歳を重ね頭の方に拡大しつつあるをみて「この方が至って自然ですよ」
「薄くなく、しかも黒々としているお客さんが居たが”どんな髪型にしても似合わない”その訳が頭は30代なのに顔が70代で皺くちゃだから何です」と 
散髪の帰り道、駅からバスでと思ったが丁度出た所だった。濡れるの嫌だが仕方ないので歩く事にした 、ついでも周りを見てきた。
 靖国神社の桜・標準木が5個の花が咲いたそうだが…
帰り道最初に出会った多分染井吉野(ソメイヨシノ)は左の写真の状態で。此方も咲く寸前!(クリックすると大きく成ります)
冒頭の写真はヤマザクラ、多分藪桜(ヤブザクラ)だと思うが咲くまでにはもう少し掛かると思われる。
雨露で開花のブレーキ掛けられて泣いている様に見えなくもないかな?今日の散策は雨露と花で少し


雨粒に注目して歩いたが、この鶯神楽(ウグイスカグラ)とのものは結構迫力あるね。花が雨粒に負けてる
 
此方は椿(ツバキ)花が大きいので負けてない!

此方は雲南黄梅(ウンナンオウバイ)だが…正面から撮ったので面白くなかったなぁ、勝ち/負けなし無しだわ。 
 
雨粒と関係ないが、ふと地面を見て気付いたのが此れ!ひょっとして寒葵(カンアオイ)だろうか? 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 多摩センターでもキタテハに... | トップ | 今日の春は白だった…モミジイ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。