野草散策でみつけたワンピース

散歩や旅行等イベントで見掛けた野草。彼等の生き様で気付きと戯言

やっと出会えたツチグリ

2017-05-15 21:30:27 | 日記・エッセイ・コラム・植物
曠然にして自適に、浮雲(はぐれ)の如く
 
朝起きると曇り、昼に家内と待合せする事にも成っていたので迷ったが急いで長池公園へ。
痩靫(ヤセウツボ)が沢山(写真上の左)、心配していた狐薊(キツネアザミ)(写真上の右)は此処に多く見かけられ一安心。
後はレイジンソウの様子でも見て帰宅するつもりだった。気が進まない散策だったが結構良い成果があった。結果以下に:

土手を池側に下る所でふと足元もみるとこれがあった!「え!ひょっとして土栗(ツチグリ)?」名前は以前から承知していたが里山方面に向かう斜面にツチグリの看板があり
雨上がりが良いと記載、長池公園で出る事を知ったのはこの時。以来ずっと気にかけて探していたが見つからず諦めていた。近くをみると1m位ずつ離れて3個みつけた。
なんの巡り合わせかラッキーだった!

自生ではなく持ち込んだものだろうが采配蘭(サイハイラン)がエビネを植えた傍で咲いていた。野生のものは北海道浦臼で見た事がある。
所で、右後ろに写り込んでいるのは何だろう?全く目に入らなった!後日、確かめてみるかな。

以前カタクリやイチリンソウが出ていた所に二人静(フタリシズカ)が出ていた!(上の写真)
足元には丘立浪草(オカタツナミソウ)も出ている(左の写真)
(クリックすると大きく成ります)

離れた所から木全体をみるとヤマボウシかと思ったがよく見ると違う。
ノリウツギとか似た様なものがあり自信がないが真ん中の花の感じから虫狩(ムシカリ)にしたが…どうだろうか?

紅葉苺(モミジイチゴ)が実を付け出した様だ!

これはフタリシズカを撮っている時、すぐ傍でL字になっている小さなものには気づいていた。眼が悪いので何かの虫の幼虫・青虫の類かと気にも留めていなかったが…
なんとなく気になって確かめると後尾中の黒瓜葉虫(クロウリハムシ)の様だ!虫は得手ではないので間違えているかも知れないが…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 五十公野公園で判別できなっ... | トップ | 竹の秋:カキツバタもザクロ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。