【 悪事をアバク 】+『石がものいう時が来る』 + 人間の創造者とはいかに

人間の創造者はいて座、白色星団など。 宇宙の法則(強制はNG、富の平等配分)の徹底+悪事を暴くべし!  

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ユダヤ帝国の日本侵攻編   第2部 池田創価学会とユダヤ悪魔教

2011年07月07日 | Weblog
【】 ユダヤ帝国の日本侵攻編   第2部 池田創価学会とユダヤ悪魔教
太田龍著「猶太(ユダヤ)国際秘密力」雷韻出版1999年7月初版からの抜粋です。ユダヤ、フリーメーソンは、日本の国体の抹殺処分のために、創価学会を含む、多数の国体をコントロールし、動かしているという事実が指摘されています。
-------------------------------------------------------------
現在、ユダヤが日本の国体破壊のために動かしている主な団体としては、次の九つが挙げられよう。
(1)日本共産党(日共については説明不要であろう)。
(2)池田創価学会(これが最大、最強力な団体破壊をねらう組織である。しかも宮内庁の職員の三〇%が創価学会員である、とも伝えられる)。
(3)ユダヤ化されたキリスト教各派。
(4)エホバの証人(ものみの塔。これは、限りなくユダヤ教色濃厚であり、執拗な布教により、近年、日本全国に、じわじわと根を張っている。過少評価はできない)
(5)文鮮明の統一教会(これが、明白なユダヤ、フリーメーソンの日本破壊の道具
となっているにもかかわらず、自民党の一部は、その浸透を許している)。
(6)日本社会党左派(マルクス、レーニン主義者グループ。このなかに、北朝鮮の金日成の手先となっている売国奴集団が含まれている)。
(7)ユダヤ(パリサイ派)教徒に改宗した日本人。および、自覚的な親ユダヤ派(日ユ同祖論もこのなかに含まれる)。
(8)フリーメーソンに入会して、フリーメーソンとユダヤ地下組織政府に絶対の忠誠を誓っている売国奴集団。
(9)大前研一の平成維新の会。この集団については、著者はすでに『「ユダヤの手先」「国賊」大前研一を斬る』(秦流社刊)を世に問うている。
 ユダヤ指導部は、これらの八つの団体を、それぞれの用途で使い分けているはずだ。
そしてこの他にも、多くの、より小さな団体、グループ、個々人をも使いこなしているであろう。
 しかし、それらのなかで、池田創価学会は、段違いに強力だ。
国政選挙における六百万票という数は、ハンパではない。この票は、優に、日本の国政を左右するに足りる。 我々は、池田創価学会を、それ単独で見てしまう愚を犯してはならない。少なくとも右に挙げた、日本の国体破壊のための八つの親ユダヤの組織を、総合的に判断し、認識する努力をしなければならない。
 ユダヤ指導部は、これらすべてを有機的に運用して、日本の国体の徹底的な解体と抹殺処分に向けて策略をめぐらしている、と見なければならない。 これらすべてを合算すると、その影響(操作)下に置かれている日本国民は、一千万人をはるかに超えるであろう。
これは容易ならぬ数だ。
我々は、この二、三年来の池田創価学会批判の研究、言論活動の結論として、二つのことを知りえた。 一つは、池田大作と、秋谷以下の、その共犯者たちの真の目的が、日本の国体破壊である、池田は日本の国体抹殺のためのユダヤ・フリーメーソンの道具である、という、まぎれもない事実である。 つまり池田はまぎれもない国賊である。
 二つは、ユダヤ、フリーメーソンは、日本の国体の抹殺処分のために、創価学会を含む、多数の国体をコントロールし、動かしている、という事実である。戸口浩著『池田創価学会の真実』(日進報道刊)には、創価学会本部には、「創価学会組織の維持派と発展解消・フリーメーソン化など、実にさまざまな思惑が渦巻いているのが現実だ」(一八二~三項)、と記されている。つまり、創価学会現職副会長らの内部告発によれば、学会本部には、学会の発展的解消とフリーメーソン化を主張する一派が存在する、というのだ。
「フリーメーソン化」とはなんのことだ?
・・・  阿修羅『太田龍の遺業に敬意を表して捧げます2』
http://www.asyura2.com/11/cult8/msg/335.html   サン ヨリ
【】 菅は死にそうな老犬、後ろに数羽のハゲタカ、空にはカラス軍団、これを取り囲むヤジウマたち
・・・  ハゲタカたちが、老犬の死を願うのは、天下国家、世のため人のためではない。みんな老犬の座が欲しいだけの私利私欲、欲望を満足したいがためなのである。これらのハゲタカは、一人前に名前を持っているから、ますます可笑しい。
 野田ハゲタカ、前原ハゲタカ、枝野ハゲタカ、岡田ハゲタカ、樽床ハゲタカ、馬渕ハゲタカ、玄葉ハゲタカ、平野ハゲタカ…。
 ハゲタカには、もう1つ別な集団がいる。2世3世が目立つ「お坊ちゃま、お嬢ちゃま育ち」のひ弱なハゲタカだ。谷垣ハゲタカ、大島ハゲタカ、石原ハゲタカ、石破ハゲタカ、このほかに、大ハゲタカ、中ハゲタカ、小ハゲタカが、ウヨウヨ。気持ちが悪くなるほどだ。
◆空でカアカア鳴き、喚いている十数羽のカラスたちは、老犬がなかなか死なないので、相当頭に血が上ってきている。朝日カラスは、「菅政権 ああ、貧すれば鈍する」(朝日新聞7月6日付け朝刊「社説」(オピニオン、12面)で嘆くことしきりだ。泣いていたカラスがもう笑うた。ではないが、ついさっきまで老犬を励まし、労わっていたかと思っていたら、「懸案を粛々と片づけることで、菅政権に幕を引く。それしか国会に道はない」と相変わらず似非ぶりを振りまいている。読売カラスは、「松本辞任 延命政権の限界を露呈」(読売新聞7月6日付け朝刊「社説」(総合面、3面)という見出しをつけて、「菅政権の末期症状としか言いようがない」とサジを投げている。その横の記事では、「もう統治不能」と診断、人間の体であれば、「内臓機能不全」と言った見立てだ。  
菅は、どんな些細なことも小沢一郎元首相に「報・連・相」だが、小沢色人事がバレて、マスメディアに潰されるのを厳重警戒!
◆〔特別情報①〕
 菅政権の司令塔は、いまや完全に「小沢一郎事務所」に移っている。 ということは、菅政権を延命させているのは、小沢一郎元代表である。 だからこそ、菅は、どんな些細なことでも、小沢一郎元代表に報告、連絡、相談している。 つまり「報・連・相」ということである。
http://blog.goo.ne.jp/itagaki-eiken/e/014372158622c03b01873f76b317d606?fm=rss   サン ヨリ

【】 ●「陸山会公判重要局面へ」
陸山会公判が重要な局面を迎えています。2009年の衆院選の直前に東京地検特捜部は、当時民主党代表の小沢一郎氏の第一秘書である大久保隆規氏をいきなり逮捕・起訴したのです。 特捜部は、その取り調べの模様を記者クラブを通じてリークし、テレビや新聞はそれを使って派手に書き立てたのです。
 政権交代が起きる可能性のある選挙の直前であり、どう考えても、小沢氏の失脚を狙った選挙妨害ともいえる逮捕であったといえます。 しかし、小沢氏は代表を鳩山氏に譲り、選挙担当として選挙戦を勝ち抜いて、民主党の政権交代は実現したのです。
 ところが、強引に起訴した大久保隆規被告の裁判では検察側がきわめて劣勢であり、検察側の立てた証人の供述によってその立証の根拠が崩れ、2010年2月に予定されていた判決では無罪を勝ち取る可能性が高くなったのです。
 そうすると、東京地検特捜部は、今度は小沢氏の資金管理団体「陸山会」の土地購入問題を取り上げ、大久保隆規氏を含め、衆議院議員で元秘書の石川知裕氏、同じく元秘書の池田光智氏の3人を政治資金規正法違反の容疑で逮捕したのです。
 政治資金収支報告書に虚偽記載があったという容疑ですが、それも土地購入の登記日にずれがあったというだけのものであり、通常であれば形式犯として訂正で済む事案なのです。 まして通常国会開催の直前に衆議院議員の逮捕をするなどあまりにも強引なやり方なのですが、マスコミは「小沢一郎=悪人」の証明ができたとばかり、鬼の首でも取ったように書き立てたのです。
 そのさい、無罪判決が間違いないところにきていた大久保隆規の容疑の訴因変更を行い、3人をまとめて起訴したのです。 つまり、無罪必至の事件は訴因から外しているのです。 これはとんでもないことです。 そして当時幹事長の小沢氏に関しては2回の事情聴取を行い、テレビや新聞・雑誌はそれを派手に取り上げたのです。
しかし、小沢氏は結局不起訴になったのです。 いや、起訴したくてもできなかったというのが正しいといえます。 そのとき証拠改竄の前田事件は起こっていないのです。 前田元検事の証拠改竄が報道されたのは2010年9月のことです。
・・・
しかし、証拠改竄の前田事件が起きるまでは、その調書が有罪の決め手になっているのです。 開示されない取り調べでは検事による脅しや取引が平然と行われている
のです。 このあたりのことを今回の裁判長の登石郁朗氏はていねいに調べ上げ、これらの調書を却下させているのです。 前田事件の影響がこのようなところに及んでいるのです。 登石裁判長は、検察側提出の供述調書を大量に却下した理由について次のように検察側を批判しているのです。 これは極めて異例のことです。
―――――――――――――――――――――――――――――
 威迫と利益誘導を織り交ぜ、硬軟両面の言辞で調書に署名させている。 そのため石川は強い心理的圧迫を受け、小沢氏に類が及ばないよう妥協していた。      ──登石郁朗裁判長
―――――――――――――――――――――――――――――
 検察側は「調書は採用されるはず」と楽観視していたフシがあり、大量の調書却下に衝撃を受けています。 とくに小沢氏を強制起訴した指定弁護士は、今回却下された調書を基に起訴しており裁判長は変わっても調書は採用されない可能性があります。
 そうなると、小沢氏の無罪の可能性は高くなり、これ以上検察審査会の起訴裁判で与党の有力政治家の行動を制限することは国益に反することです。 指定弁護士は自らの面子にとらわれることなく、早期に収束を図るべきであると思います。 なお、今回の証拠却下について、郷原信郎弁護士と徳山勝氏のコメントが参考になるので、「関連情報」をご一読いただきたいと思います。 もし大久保秘書の逮捕がなければ、現在のような醜い民主党の混乱はなかったといっても過言ではないと思います。
「姿なき権力者」の姿が少し見えてきています。── [日本の政治の現況/17]
・・・    Electronic Journal(EJ第3091号)
http://electronic-journal.seesaa.net/article/213288185.html   サン ヨリ

【】  サン ヨリ

【】 復興通貨で中銀に変わる新通貨に
復興財源こそ減価する貨幣(期限通貨)
 復興という潜在的な仕事があるのにそれを作り出す財源がない、という状況では明治政府が行ったのと同様に、政府紙幣の発行が有効である。デフレギャップが大きく存在する現在、それはまたインフレを招かない有効な案でもある。 しかし、ひとつ懸念されるのは、それらが毎年蓄積されていくと、リーマンショックにみられた様に貨幣の過剰流動性を招き、それらは世界の投機市場へと流れ込んでいき、またしてもグルーバル資本主義の渦に巻き込まれ世界経済を混乱させる可能性が高い。
 従って、新貨幣はこの貨幣の流動性がもたらすグローバル資本主義のワナに陥らない手立てが必要である。 また循環型社会再生こそ東北復興のキーワードであるのだからその通貨制度もそのような循環システム志向でなければ片手落ちである。
 そこでポイントはゲゼルが提案した減価する紙幣(期限通貨)という方法である。 これならば持っていても減価するだけなのでどんどん使うから地域経済の復興に即効性があると同時に、貨幣発行元が流通状況を見て発行量を調整すると共に、蓄財される可能性がないので今日のように海外に迷惑をかけることもない。(勿論、ハイパーインフレになることもない)
逆にいえば、グローバル資本主義とは無縁なので、世界資本主義から標的 ・・・
http://sekaibank.net/keizai/hukkou01.htm   サン ヨリ

【】 この国のマスコミは完全に官僚の宣伝機関、いや世論操作のための組織の一部に成り果てている。節電による国民生活や経済に及ぼす影響は計り知れない。企業の自家発電余力を東電がすべて買い取れば節電の必要性はなくなる事も報道されない。これだけ国民に迷惑をかけているなら東電は利用者に賠償するべきで電気料金を値下げさせるのが筋なのに、誰も何も言わずに唯々諾々と政府の言いなりに従っている。逆に料金が値上げになるなどという事が報道されるなど狂った国になったものだ。  
マスコミからある報道が消えるとき 星と月
http://www.asyura2.com/11/senkyo116/msg/207.html   サン ヨリ
 
【】 自民が郵政改革法案を78日間審議拒否中〝亀井静香国民新党代表は「議会制民主主義の否定」と憤る〟
 http://3620065.at.webry.info/201107/article_1.html 2011/07/01 19:04
自民が郵政改革法案を78日間審議拒否中
高橋清隆氏の【PJニュース 2011年6月30日】の記事です。
 自民党が郵政改革法案の審議を78日間も拒否している。 衆議院本会議で特別委員会の設置が決まりながらの審議拒否は前例がなく、
亀井静香国民新党代表は「議会制民主主義の否定」と憤る・・・と続く。
事の詳細はPJニュースにアクセス願いたい。
http://www.pjnews.net/news/490/20110629_5/
東日本大震災の復興計画もまだ煮詰まっていない上に、福島原発事故の収束も定まらない。 これを考えれば膨大なカネを必要とするのは誰の眼にも明らかだ。
そして今、政府は増税を言い出している始末なのに、何故、国民の資産を守るための郵政改革法案(郵政民営化見直し法案)に反対するのだろうか。
何故、成立させないのだろうか? ハゲタカ外資に資金提供するための郵政民営化だったことは明らかなのに。
しかも民営化で必ず便利になると説明していた民営化だが、一向に良くなっていない。
むしろ民営化した結果、地方での郵便関係サービスは確実に低下している。
不便になったと言う声のほうが遥かに多いのだ。 郵便局を利用している者には分かるが、郵便局内部に仕切り壁が作られ非常に不便になった。
郵便事業、郵貯、簡保、郵便局などと別会社にしたためだ。
別会社になったために別会社の窓口が混雑していてもじっと見ているだけ。
別会社の仕事に手を貸すこともできないという。 今までは同じフロアで同僚だったのに。 郵政民営化は簡保と郵便貯金を狙ったものだと言われる。
郵政族でない亀井静香氏が日本国民の財産を護るために
懸命に郵政見直し法案を成立させようと努力しているのだ。
これに最も抵抗しているのが野党となった自民党である。
自民党は国民の財産を外資に貢ぐため郵政民営化を実現した。そして野党になった今でも、国民の財産を外資に貢ぐことに最大の力を注いでいる。
自民党でなければ日本人でないなどど、傲慢な者達がいたのを今でも憶えているが、
現在のこの局面でも自民党を信頼し続けていられるのだろうか。
自分の財産が持ち逃げされる寸前だと言うのに、不思議な人間がいるものだ。
(高橋敏男のブログ)http://www.asyura2.com/11/senkyo116/msg/194.html   サン ヨリ

【】 中国の最大の問題は水問題、自然破壊から砂漠化、暴動続発の危機
 中国には様々な問題がある中で、水問題は深刻な問題になっている。
中国は国土が広い割に砂漠や草原が多く、最近では気象変化で干ばつが発生し元々水源が少ない。それに13億人に達する人口や、目覚ましい産業の発展などで大量の水を要するが、世界の平均資源は8500m3/人・年に対して1750m3/人・年しかないというデーターがあります。チベット自冶区、青海省を除いて4600m3/人・年以下です。しかも、年々水源量が減少傾向にあり、都市部と農村部で水の奪い合いで連日暴動等が発生していることから見ても、その深刻さは伺われます。中国の巨大河川の黄河ではしばしば断流が発生しているが長江ではまだ断流は発生していないが、上流の氷河が急激に熔け出しいずれ深刻な水不足が発生するといわれている。
中国土地砂漠化問題、人為的要素が主因(特にモンゴル方面)
【大紀元日本2007年6月18日】  中国の砂漠化した土地は全国土地面積の約18%を占め、深刻な問題になっている。甘粛省で長年砂漠化問題に取り組んでいる専門家は、その主な原因とは水不足であるとしているが、問題を深刻化させた原因は、乱開発、乱放牧、乱伐採などの人為的要素が殆どであると指摘した。中央社が伝えた。
砂漠化は農村にとっても都会においても深刻な水問題に直面する。農民は干ばつや洪水で農業が出来ないことから、都会への難民化や農村部での暴動が発生するといわれている。  ・・・
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=254016   サン ヨリ
 
【】 遺伝子組み換え農作物を許してはならない
日本中が福島原発事故のことに気を取られているこの時に、遺伝子組み換え農作物の本格的な日本上陸が画策されていると思われる。農林水産省は5月23日付けで「遺伝子細換えセイヨウナタネ、トウモロコシ及びワタの第一種使用等に関する承認に先立っての意見・情報の募集(パブリックコメント)について」として、一般の意見を募るとしながらも、導入に向けての地ならしを進めている。ほぼ全国に散った放射性物質だけでも第一次産業に多大な打撃を与え、多くの市民に健康被害をもたらすことが予想されるが、遺伝子組み換え技術が自然環境と人間にもたらす脅威も決して軽んじてはならない。 ・・・ http://www.akita-kenmin.jp/kankura/stopgm.pdf   サン ヨリ

【】 美学のないこの夫婦のために、日本の尊厳が地に堕ちてゆくことが、この夫婦には分からないらしい。
 すべてが行き詰まる、すべてが停滞するこの時期に必要なことは、人心一新である。歴史的には遷都が行われた。奈良時代以前は、頻繁に遷都が行われ、空気の一新が図られたが、いま、遷都を行うような余裕はない。
 だから、人心一新なのだ。
 最優先課題は菅直人氏の退陣だ。①財確法の成立、②2次補正予算の成立、③新エネルギー特措法の成立、の三条件が整ったら辞任すると言っているのだから、この法案を可決してしまえばよい。
「 菅首相辞任三条件法案を国会で直ちに成立させよ 植草」
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/07/post-3197.html   サン ヨリ

【】  原子力産業のしくみもロスチャイルドが作った
「日本人が知らない 恐るべき真実」のブログ主安部芳裕氏が、発売前の自身の新著『知らない方が幸せかもしれない 原発大地震の超ヤバイ話』からコラム「原子力産業のしくみもロスチャイルドが作った」の一部要約を公開されています。起承転結で4回に分けられています。
『■原子力産業のしくみもロスチャイルドが作った(起) 』(日本人が知らない 恐るべき真実)
・・・ マンハッタン計画に参加した科学者の多くはユダヤ人でした。

ハンガリー生まれの亡命ユダヤ人レオ・シラードは、原爆のアイデアを思いつき、同じユダヤ人でドイツから米国に亡命したアインシュタインの知名度を利用して、ルーズベルト大統領に原爆開発を促す手紙「アインシュタイン書簡」を送ったことで有名です。この手紙がきっかけとなって米国の原爆開発はスタートしました。

「コンピュータの父」として知られるフォン・ノイマンは、ハンガリーの裕福なユダヤ人銀行家の家に生まれ、1930年に渡米。コンピュータの動作原理であるストアードプログラム方式を考案しました。マンハッタン計画には軍事顧問として参加し、爆薬を32面体に配置することにより核爆弾が製造できることを10カ月にわたる計算により導きました。また、地面ではなく空中で爆発させた方が原爆の破壊力が増すことも計算により導いています。

原爆を長崎に投下する指示を出したのは、このノイマンでした。

「原爆の父」と言われるニューヨーク生まれのユダヤ人ロバート・オッペンハイマーは、ロスアラモス研究所の所長に就任して、マンハッタン計画を主導しました。

オッペンハイマーは「原爆投下は日本に警告なしに行われるべきだ」と反日的な強硬論を主張した人物です。

1945年7月にロスアラモスで世界初の原爆実験に成功したとき、狂喜して「我は死神なり! 世界の破壊者なり!」と叫びました。

ハンガリー生まれの亡命ユダヤ人エドワード・テラーは、核分裂だけの核爆弾から核融合を用いた水素爆弾へと核兵器を発展させるべきだと主張し、1952年には水爆実験に成功しました。1954年に起きた「第五福竜丸事件」の際に使用された水爆はテラーが作ったものです。
・・・ http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/20110629#1309294930   サン ヨリ
⇒ ユダヤの血をひくものにやられっぱなしの日本民族だ。 ルーズベルトも、デビッド・RF、ブッシュ
RSなども。
【 福島原発は地震で崩壊したのだ 】 
 「日本は原発について警告されていた」見逃したウィキリークス:孫崎 享氏
 http://twitter.com/magosaki_ukeru     原発:
  1日付フォーリン・ポリシー論評「見逃したウィキリークス」中、日本の原発に関する
「日本は原発について警告されていた」とする3月15日付デーリーテレグラフの論評に言及。
「日本は2年前国際監視団によって、その原発は強烈な地震に耐えられないとの警告を受けていたことが明らかになった。
IAEA職員は2008年12月、安全基準は時代遅れであり、原発に深刻な問題を与えるであろうと述べていた。
当時日本政府は安全基準を高めると約束したが、今回十分な対応を取ったかが問われることとなる。
福島原発で緊急対応センターを作ったが震度7に対応するものであった。
また在京米国大使館発電報によれば日本政府は日本の西部地域の原発は危険であるので運転を止めるようにとの判決に反対したことを明らかにした。」
私はまさにこのウィキリークス見逃した。 同じく3月15日付デーリーテレグラフに気付かず。
1日付フォーリン・ポリシー論評に感謝。
晴耕雨読  http://sun.ap.teacup.com/souun/4953.html   サン ヨリ

ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 遺伝子組み換え農作物を許し... | トップ | 米国で準備されている、クー... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
夜遅くに (ブログ日記)
、゛、ソヘキ、モ、ヒヘ隍゛、ケ(。ョヲリ。ョ)笶、