葉酸、妊活研究

最近、雑誌などでよく特集を組まれている、葉酸と妊活について詳しく書いていこうと思います・・・

検査を受けて不妊症が判明し、そこから妊活に入

2017年02月22日 | 日記
検査を受けて不妊症が判明し、そこから妊活に入る場合には、なかなか結果が出ないと、精神的に疲れてしまいます。


ですので、あらかじめ期間を決めておいて、徹底的に夫婦で協力してやっていこうという風に事前に合意しておくのが最善策ではないでしょうか。


期間を設けることで、夫婦でよく話し合って決めたことだから腹をくくってやっていこうというポジティブな気持ちが持続するのです。


妊活時はひときわ、あまりストレスを溜めてしまわないように気を付けることが重要です。


そう考えると、入浴中のリラックスは大事ですが、過度の負担は避けるべきだという観点から行くと長すぎる入浴時間や熱すぎるお湯は避けた方がよいでしょう。


熱は意外と、人体に負担を掛けます。


一刻も早く子供を授かりたくて妊活を行う時、栄養をしっかりと取ることは重要です。


肥満は問題ですが、ダイエットはひとまず控え、「栄養をしっかり摂るぞ」と考えるようにしてください。


多少の間食も栄養のために食べると認識して食べすぎに注意すればストレスを緩和するのにも有効です。


特に女性の場合は、妊活中はお酒を飲まないように言われることが普通です。


それは何故かというと、妊活中であればどの時点でも妊娠している可能性はあると捉え、妊娠に気づく前に、お酒を飲んでしまい胎児がその影響を受けてしまうことを防ぐためです。


また、飲酒が原因でホルモンバランスが乱されたり体が冷やされるのでできるだけ妊娠しやすいコンディションであるためには避けた方がよいでしょう。


子供が少ない家庭が増加して赤ちゃんの性別を産み分けるということを考える夫婦も増加しているようですが日本の医学の現状では、確実な産み分け方法は明らかにされていません。


そのことはしっかりと理解していてそれにもかかわらず、チャレンジしたいのならば、次の方法を行ってみてください。


どういう方法かというと、排卵日を基準に男の子がよければ当日、女の子がよければその2、3日前に夫婦の営みを持つという方法が効果があるかもしれません。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« みなさんご存知のように、妊... | トップ | 皆さんは「妊娠したら、まず... »