葉酸、妊活研究

最近、雑誌などでよく特集を組まれている、葉酸と妊活について詳しく書いていこうと思います・・・

妊婦にとって必要不可欠な栄養素である葉酸は、サ

2016年11月26日 | 日記
妊婦にとって必要不可欠な栄養素である葉酸は、サプリで摂ることが望ましいです。


では、実際に葉酸サプリを活用した場合、いつからいつまでが補給期間なのでしょうか。


一般的には「妊娠前から授乳期の終わり」までだと言われていますよね。


葉酸が最も不足しがちなのは、妊娠初期の3ヵ月間だということは良く知られています。


とはいえ、胎児だけでなく、ママの健康をサポートするという意味においても重要な役割を果たしているのです。


ですので、受胎時には十分な葉酸が補給できているように、妊活時から飲み始めて、赤ちゃんへの授乳が終わるまでをサプリによる葉酸の補給期間とすることが、最も適切だと考えられます。


妊活というものは、妊娠という生命の神秘をコントロールしようというものなので、当然、必ず結果が表れるものとは言えません。


ですので、道半ばで諦めてしまうことも多いようですが、それは大変残念なことだと感じます。


妊娠の可能性は上昇しているはずなのでそんなに重くとらえないで自分のペースで続けてください。


葉酸という栄養素はことに妊娠初期の摂取で順調に胎児の細胞分裂が進むなど発育発達によい作用があるのは有名な話でしょう。


葉酸を摂ろうと思ったら、ブロッコリーやアスパラ、枝豆、またほうれん草などの葉物に豊富に含まれるのですが、上手な摂取のためには様々なサプリメントもあるので、女性は妊娠を考えたときから、妊娠中まで、必要な量の摂取を心がけましょう。


いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。


結婚して3年目くらいまでは、基礎体温でタイミングを見計らっても、ぜんぜん妊娠できなくて、親しい友人たちの話題も赤ちゃん中心となり、焦ったり悲しかったりでした。


ウィメンズクリニックでは多嚢胞性卵巣症候群と診断され、排卵誘発剤の服用を始めると、早々に妊娠が発覚しました。


ストレスも原因だったのかなと思います。


早めに受診するべきでしたね。


胎児が神経管閉鎖障害などにならないようにするため、他の栄養素にも増して、葉酸を摂ることが大事です。


妊婦は普段以上に葉酸を摂ることを推奨しているのが厚生労働省です。


上手に葉酸を摂るためには、普通の人の、一般的な食生活では妊婦の所要量を摂り続けることはとうてい困難です。


サプリなどを補助的に使って、妊娠中の葉酸所要量を満たせるくらいは摂れるようにしていきましょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 葉酸を十分に摂取するため、... | トップ | 胎児が神経管閉鎖障害などになら »