葉酸、妊活研究

最近、雑誌などでよく特集を組まれている、葉酸と妊活について詳しく書いていこうと思います・・・

妊婦さんにとってなじみの深い葉

2017年05月15日 | 日記
妊婦さんにとってなじみの深い葉酸は、摂取することで胎児の先天性神経管異常の発症リスクが減少することが明らかになりました。


そのために、普段より多くの葉酸を意識的に摂取することを厚生省が勧告しているのです。


例えば葉酸サプリや補助食品として販売されているものの中には、特定保健用食品の認定を受けているものもあり、妊婦が利用する場合も多いです。


お腹に赤ちゃんがいることで、母体の気持ちや毎日の生活が変わることもあるでしょう。


そこで変化がストレスとなって感じられ自律神経のバランスを崩すこともあると考えられます。


多くの方に起こるつわりは、妊娠初期にホルモンバランスが変わることや、毒素を排除しようとすることから生じてくるのですが、様々なストレスが、自律神経の働きを乱すことで生じる場合も少なくありません。


葉酸は、ストレスへの耐性を高める働きがあり、そのことでつわりの軽減も期待できるわけです。


妊娠中の女性がしっかり摂らなければならない栄養素が葉酸ですが、効果を期待するあまり、過剰に摂ってしまうといろいろな副作用の症状が出てきます。


主な症状は、食欲不振、吐き気、じんましん、発熱などで様々な出方をしますが場合によっては胎児に悪影響が及ぶこともあります。


少しでも多く摂りたい気持ちはわかりますが過剰摂取にも害はあるのでどんな栄養補助食品や薬にも標準摂取量があるので、守っていくことが大事ですよ。


妊娠する前も妊娠中も同様に可能な範囲で体に悪い影響をもたらすものを避けなくてはなりません。


ですので、妊活中の煙草は厳禁です。


リラックスさせる作用も喫煙にはありますが、決して体に良くはないです。


現在喫煙者中の方は、妊活と同時に禁煙もおすすめします。


食材の中で、葉酸が多く含まれるものには、葉物野菜の他、レバーや枝豆などが挙げられますがある栄養素を摂るためだけに葉酸を多く含む食材にこだわるというのは普通の人には耐えがたいことでしょう。


誰にでもできる葉酸の摂取方法として、スムージーがオススメです。


ミキサーの中に、いろいろな葉酸を含む野菜と飲みやすくするための果物、水分を入れれば誰でも簡単に作って飲めるのです。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 妊活で大切なこと、それは基... | トップ | 重要な葉酸の役割として、全身 »