葉酸、妊活研究

最近、雑誌などでよく特集を組まれている、葉酸と妊活について詳しく書いていこうと思います・・・

妊活をしている方は食べ物は、体を温める

2016年11月20日 | 日記
妊活をしている方は食べ物は、体を温めるようなものを選ぶようにしましょう。


野菜の中でもとりわけ、大根、ごぼう、人参のような根菜類は、積極的にとりいれると、体を温めてくれるでしょう。


反対に、「身体を冷やす野菜」は、きゅうり、なす、トマトなどの夏に収穫される野菜類です。


また、果物はデザートとして少しの量を摂るだけならいいですがスムージなどで大量に飲むとやはり体を冷やすので飲み物は温かくして飲むことをお勧めします。


健康な赤ちゃんを産みたいなら、妊娠前であっても、妊娠中であってもなるべく、体に悪いものを排除する方が賢明です。


そういう観点から、禁煙してください。


タバコは嗜好品として「リラックス効果」は持っていますが体にいいものではないことは確かです。


喫煙習慣のある方は、禁煙も妊活の一環として開始しましょう。


葉酸を妊娠初期に摂ると、胎児の発育に良いと、いろいろなところで言われています。


けれども、妊娠する1ヶ月くらい前から葉酸を摂ることがおすすめだとあなたは聞いたことがありますか?妊活を考えたときこそ生活の中で葉酸の摂取を心がけて欲しい絶好のタイミングです。


赤ちゃんに来て欲しいと思ったら葉酸の摂取は欠かせませんよ。


見た限りでは関係ないもののように感じますが、実は妊娠と歯の健康とには密接な関わりがあるのです。


近年の研究により、殆どの人が発症しているといっても過言ではない歯周病が早産や低体重児出産に関与し、確率を高めているのです。


治療の中には、妊娠中には避けた方がよい方法もあります。


現在、妊活中で長らく歯科医に診てもらっていないなという心当たりのある方は、出来るだけ早く、行って診てもらいましょう。


葉酸の効果が知られれば知られるほど、大量に摂取するとより効き目があるとサプリメントなどを標準量の何倍も飲む方ももしかしたらいるのではないでしょうか。


過剰に葉酸を摂取することが続くと体のあちこちで悪い作用をします。


大抵は一時的な発熱やじんましんなどの症状ですが、人によっては呼吸障害を起こす重篤なケースも見られます。


成人の場合、1日あたり1000μgが葉酸摂取の上限なので、それ以上摂らないように加減しましょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 葉酸は、妊娠に最も重要な栄... | トップ | 葉酸が豊富な食材というと代... »