葉酸、妊活研究

最近、雑誌などでよく特集を組まれている、葉酸と妊活について詳しく書いていこうと思います・・・

胎児の成長に欠かせず、赤ちゃんが

2017年04月23日 | 日記
胎児の成長に欠かせず、赤ちゃんがほしいと思っている方も積極的な摂取が叫ばれている葉酸ですが、サプリメントによって葉酸を摂取した場合の影響は簡易的な血液検査で分かります。


くわえて、葉酸以外で気にかけておく栄養素にビタミンB12の値があります。


というのも、葉酸の過剰摂取の結果、ビタミンB12が足りなくなっても判断しにくくなってしまう事があります。


妊活中に必要不可欠な栄養素と言えば葉酸を想像する方も多いと思います。


ですが、他にも亜鉛の摂取を心がけてください。


その理由は、亜鉛が卵巣に働きかけることで、卵子が健やかに熟すために、有効的に作用することが分かっています。


妊活中の女性以外にも、妊活中の男性も同様に、亜鉛不足に注意してください。


亜鉛は健康的な精子の増加を手助けしてくれるという訳です。


健康な赤ちゃんを授かることの出来るように、夫婦での亜鉛摂取を試してみてください。


葉酸の過剰摂取による副作用は、吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体がむくんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。


神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、過剰に葉酸を取ろうとしてしまいます。


そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、推奨される葉酸の摂取量を守るようにしましょう。


理想としては、1日3食の食事で葉酸を十分に摂取する事です。


しかし、毎食大量の野菜を食べ、その摂取量を考えるのも大変ですよね。


葉酸サプリを活用すれば、摂取量もすぐに分かりますから、食事を気にする事無く、一日分の葉酸を摂取できますから最適な方法だと言えますね。


皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性がやるものだという印象が強いかと思います。


ですが、男性側が実践できる妊活もあるのです。


それと言いますのも、葉酸を十分に摂るという妊活なんですね。


流産や不妊の原因因子として、母親側だけの問題かというとそうではなく、男性に原因がある事もあります。


特に注目したいのは、精子の染色体異常です。


これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。


葉酸にはこうした染色体異常を軽減するという研究結果が報告されていますので、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。


葉酸の所要量は、妊娠中の女性の場合、妊娠前と比べて増加します。


妊娠前のおおよそ2倍の480μgを摂り続ければ不足にも過剰にもならない量です。


ただし、葉酸が大事な栄養素だといっても、摂りすぎにならないよう気をつけることも必要です。


葉酸を過剰に摂ることで熱が出たり、全身がかゆくなったりという症状を起こす危険もあるとされるので、くれぐれも摂りすぎにならないようにしてください。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 妊娠してから病院が行う栄養指導 | トップ | このところ、妊娠中の女性に... »