葉酸、妊活研究

最近、雑誌などでよく特集を組まれている、葉酸と妊活について詳しく書いていこうと思います・・・

妊娠初期に特に多く摂りたいと言

2017年05月26日 | 日記
妊娠初期に特に多く摂りたいと言われるのが、葉酸というビタミンです。


葉酸を摂るためには何を食べれば良いかというと名前通りで、ほうれん草、モロヘイヤなど青菜に多く含まれています。


意外ですが、納豆も葉酸が豊富です。


海藻類や海苔なども葉酸が含まれているので毎日、少しずつでも意識して食べることをおすすめします。


イチゴは葉酸を含む食材として知られており、間食にはちょうど良いと言えます。


妊娠した女性にとって順調に赤ちゃんが育つようにするため摂取を心がけたいのが「葉酸」といえます。


「葉」がつくくらいですから、キャベツ、レタスなどの葉物野菜を食べれば摂取できるように思われがちですが、果物にも案外豊富に含まれ、イチゴ100gで、葉酸が90μg摂取できます。


葉酸は妊娠中、通常の倍近い量を摂らなければならないため葉酸が豊富な食材について調べ、日々の食事の中で、欠かさず摂れるようにしましょう。


不妊は身体的原因のほかに、ストレスも大きく関わっています。


生殖ホルモンのバランスがストレスにより崩れると、排卵障害や子宮の機能低下などを引き起こすためです。


ときには友人や家族の励ましや、本人の不安などが不妊治療に通ううちに重積してくるケースもしばしば見られ、悪循環から抜け出せない人もいます。


治療しているのですから、あとはおおらかに構えるのが大事かもしれません。


妊娠初期に、特に大事な栄養素といえば葉酸です。


というのも、胎児の脳や神経系の形成に、葉酸が順調に発育するのを助ける役目を果たしているのです。


葉酸が、何に豊富に含まれているのか全く見当がつかない、毎日の献立の中に上手く取り入れられないなどと悩んでいる方は、青汁など、葉酸を効率よく摂れる食品の活用を考えてみましょう。


赤ちゃんだけでなく、お母さんの身体のためにも、積極的な葉酸の摂取を続けて欲しいと思います。


特に、妊娠中の方であれば葉酸は非常に重要な栄養素と言えます。


葉酸といえば、葉物の野菜に多く含まれると考えてください。


主な供給源としては枝豆、ほうれん草などです。


ほうれん草はさらに、葉酸と同じくらい、妊娠中には欠かせない鉄分も多く含有する食材であり、日々の献立に欠かせない野菜と言えます。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« いつにも増して妊活の最中は... | トップ | まだ妊娠できないと悩んでいると »