葉酸、妊活研究

最近、雑誌などでよく特集を組まれている、葉酸と妊活について詳しく書いていこうと思います・・・

今後、妊活を始める女性に勧めたいのが、最初にママと

2017年05月12日 | 日記
今後、妊活を始める女性に勧めたいのが、最初にママとなるため体の状態を整えておくことです。


常日頃からの動作の繰り返しによって体の中でも、特に骨盤がゆがみ始めます。


その歪みが不妊の原因となることもあります。


整体院のうち不妊やマタニティを専門に行うような治療院も増加中です。


妊娠しやすく、なおかつ赤ちゃんがお腹の中で過ごしやすくするために適切な状態に骨盤を矯正しましょう。


本や雑誌、ネット上などいろいろなところで聞くようになりましたが、葉酸は妊娠中に必要なだけでなく、授乳している間も摂って欲しい栄養素なのです。


生まれたばかりの赤ちゃんは、生まれる前と同じくらい体中至るところで活発な細胞分裂を行うことで、人としての発達を遂げるのです。


そこでは葉酸の助けを借りなければなりません。


一方、産後の母体が回復し、順調に授乳するためにも葉酸が不可欠で、母子どちらからも求められる栄養素なので、妊娠を希望したときから、赤ちゃんがミルクや離乳食で栄養を摂れるようになるまでの間、葉酸が不足しないよう、くれぐれも気をつけてください。


妊娠中だけでなく、妊活中の方に対しても、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。


葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に葉酸が不足してしまうと、細胞分裂が正常に行われず、胎児に神経管閉鎖障害などの先天異常があらわれる危険性があります。


胎児の栄養は全て母体から賄われています。


胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊活中から妊娠3か月の期間、普段の食事にプラスして、栄養補助食品を活用しながら、1日400μg(0.4mg)を目安に葉酸を補給することが、厚生労働省により推奨されています。


水溶性ビタミンである葉酸は胃が空っぽの時に一番吸収されやすく、いつ葉酸を摂れば一番いいかといわれると、それは胃に何も入っていない食間なのです。


一日分の摂取量を一度に摂るよりも、何時間かおいて、分けて摂る方が効果はあるとされます。


一日の中でいつが一番良いかというと、寝ている間の肝臓の血流量は最も少ないので、就寝前の摂取が最もおすすめの時間帯です。


妊活中、妊娠中の女性ならば葉酸と呼ばれるビタミンを多めに摂って欲しいのです。


ビタミンの一種として、葉酸には胎児の発育や細胞分裂を進めるのに重要な役割を果たします。


葉酸を摂るには野菜を食べることで、葉物はもちろん、ブロッコリーや芽キャベツ、枝豆などに多量の含有を期待できますが、いろいろな種類のサプリメントもあるので野菜をたくさん食べられない方やどうしても野菜が好きになれない方には特に良いでしょう。
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
« 妊娠に不可欠な栄養素として... | トップ | 水溶性ビタミンとして知られ... »