訪問看護ステーションジョジョ(株式会社THS&EK)のご案内

訪問看護ステーションジョジョは医療ニーズがあっても入所できるナーシングホームスマイルジョジョを開設しました。

認知症ケアフォーラム

2017-05-20 07:55:47 | 訪問看護
研修・・・って

私的には、ほぼ営業的・・・
時間もないし
でも・・・まっ
目新しい物あるかもしれないし
知らない事もあるかもしれないし
何か得る物あるかもしれないし・・・って
自分に言い聞かせて

認知症って永遠のテーマじゃないですか
過去からずっと語られているじゃないですか
だから私的には営業的な参加だったんです


まだ薄明るい町に出た
町の明かり・・・・なんだか都会に来たように思えた
それくらい夜の街は久しぶり
研修に入る前から心が楽しく思えた

とっても有名な先生だったらしい
会場に入れば大盛況で前の席しか空いていない
有名な先生だろうと席が真ん前だろうと私には関係ないのだが
有名な先生なんて、なお好きじゃない・・・・
だったけど
話しの中に
知的な人が賢い理論を述べるより
優しい雰囲気で・・・
と話され
私は初めて演者の名前を見た
大阪大学の藪井裕光先生

偉い先生方の話の中に
知的な理論を述べるより
優しい雰囲気で・・・
と話されるのは初めて聞いたので
私と同じ考えで、とっても嬉しかった
来てよかった・・・と思った

でも
知的な理論を述べるより
優しい雰囲気で・・・これを活かす人たちがどれ位いるのだろうか
これが活かされれば虐待なんて起きないと思うのだが・・・





『介護』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 勧誘2 | トップ | 精神科の訪問看護 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (あけ)
2017-05-20 08:02:21
私の、認知症だった母が、お世話になった、家族会の代表の方や、精神科の主治医は、母の珍行動にも、優しい眼差しで見守ってくださりました。同じ認知症の家族の介護を経験した人しか、患者や家族にも寄り添えないと思います。
Unknown (Unknown)
2017-05-20 18:10:52
亡くなった父の事を思い出します
家族や周囲の人たちは「認知症」だと決めつけていたのですが
とある病院で治療を受けたとき先生に言われた言葉が
「あなたのお父さんは認知症じゃありません
 自分の意思を伝えるすべを失っているだけです
 話している内容は理解されてます」
ショックでした。自分が情けなくて。自分の親なのに。
そう思うと接し方も変わってくると思います
あけ様 (柴田です)
2017-05-20 19:04:30
何時もコメント有難うございます
介護や看護を業とする場合、確かに資格が必要です
しかし資格や知識は人に見せる者ではありませんよね
注意されて嫌な思いをする(混乱)のは認知症だけではありませんよね
認知症の人や精神疾患の人に受け入れられれば
殆どの人に受け入れられると思います
Unknownさま (柴田です)
2017-05-20 19:21:35
私は昔、精神科の外来で認知症のテストをされるのを見ていて
私あぶないかもー・・・って思っていたものでした
認知症の判定なんて誰が決めたのでしょうか

父の時・・・私も出来なかった。
自分の親だからしっかりしていてほしいと言う思いが
強かったのだと思います
今、他の人のケアを通して懺悔しています

自分の親だからきっとそれで許してくれているだろうと思っています
後悔先に立たず・・・ですから
Unknownさまのお父様もこうやって時々思い出してくれるだけで良いと思っていらっしゃいますよ

コメントを投稿

訪問看護」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。