訪問看護ステーションジョジョ(株式会社THS&EK)のご案内

訪問看護ステーションジョジョは医療ニーズがあっても入所できるナーシングホームスマイルジョジョを開設しました。

看護師の言葉

2017-07-08 08:01:59 | 訪問看護
気付かなかった

ジョジョさんに入ってもらって
泣く回数が減った(介護者の)とか
入院する回数が減った(利用者さんの)とか
私が(介護者の)ケアされていると思ったとか
とても素敵な言葉を沢山頂いたのだけど

看護師は複雑な思いのようだ
病院にいた時
気付かなかった・・・・
気付いてあげれなかった・・・
入院の時、泣かれた事はあったけど・・・
そんなに辛い思いしておられたなんて・・・
と話す

病院にいた時
関わっていた看護師だ
もちろん
貴女が病院で一生懸命したからこそ
貴女を気にいっているからこそ
もう一度 訪問看護入れてみようって
気になってもらえたんだからね


病院は病院の仕事
在宅は在宅の仕事
在宅が病院と同じなら
訪問看護なんて必要ないんだよね


看護師も変わらなければ病院看護師のままでは
「訪問看護なんて・・・なんだ・・・」と思って
ジョジョも断られていたんだよ

貴女は気づかないかも知れないけど
病院の時から同じと思っているかも知れないけど
貴女は、まだ病院の事を気遣っているけど
在宅の看護師に変身しているって事なんだよ
在宅の看護師でなければ
こんな言葉は頂けないからね


この言葉の重みは貴女だからこそわかるよね
初めから在宅している人は
こんなの当たり前なのかも知れないけど
病院に長くいた私たちには
うれしい反面
病院にいた時もしていたんだけど・・・って言う思いもあるからね
でも・・・何かが違うんだよ

この言葉の重みをしっかり受け止めて
在宅を支えて行ってほしいね


『介護』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人の目 | トップ | 2階のはしご »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

訪問看護」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。