RIVER SIDE

おっちゃんの独り言・・・

たま~に書くかも・・・。

長崎 4(佐世保)

2017-05-29 13:45:18 | 旅行

 

4日目はまず九十九島観光

 

九十九島パールリゾートへ行って観光船に乗ります

 

 

大きい船は2隻ありますが、ここに到着した時刻の都合で「海賊遊覧船みらい」に乗ります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いい景色が広がります

 

 

 

 

 

1便前の「パールクィーン」とすれ違い

 

 

 

 

 

九十九島と言っても実際には208の島々があるそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

海の色が凄い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「みらい」の諸元

 

 

 

 

 

 

 

途中でまた「パールクィーン」とすれ違い

 

 

 

 

 

 

中学生がヨットの体験教室を愉しんでいます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外国人(たぶん米国海軍)はのんびり休日を過ごしていますね

 

 

 

 

 

桟橋に戻ってきました

 

 

 

 

 

 

お昼は絶対コレ!

 

 

佐世保バーガー

 

 

Youは何しに佐世保へ?

 

 

佐世保バーガーを食べるんだよ!w

 

 

 

 

写真ではよく分からないけど、凄いボリュームです

 

 

人気店ベルビーチ

 

 

 

午後は波佐見焼の窯元を訪ねたんですが、生憎日曜は全窯休業

 

 

なので「波佐見町陶芸の館」でお買いもの

 

 

ネットで買うより2~3割安いです

 

 

 

空港に行くにはちょっと時間ありすぎだな~

 

 

でナビを見ると「鬼木棚田」というのが近くにあるらしい

 

 

 

 

 

 

しばらくのんびり景色を楽しみました

 

 

 

 

 

 

 

 

残念ながら田圃・畑に何も植わってないのでちょっと感動も薄めですが、秋になるときっと素晴らしいでしょうね

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長崎 3

2017-05-24 10:08:13 | 旅行

長崎3日目です

 

 

最初に向かったのはベタに眼鏡橋

 

 

 

 

 

街中でも川の水は綺麗で、鯉がたくさん泳いでいます

 

 

 

 

鯉にやる餌を鳩が狙っていますw

 

 

市民の散歩コースにもなっているようで、たくさんの人がぶらぶら

 

 

 

 

川べりにはアジサイがたくさん植えてあります

 

 

 

 

 

対岸にまたもやハートストーン

 

 

 

 

 

長崎市章をかたどったあじさい

 

 

 

 

 

ここから15分くらい歩いて崇福寺に行きました

 

 

三門

 

 

 

 

裏から見ると

 

 

 

 

 

石段を登ります

 

 

 

 

 

見えてきたのは第一峰門(国宝)

 

 

 

 

 

九州にある国宝は5つだけで、2つは大分

残る3つは長崎にあり、1つは大浦天主堂

そして2つがここ崇福寺にあります

 

その1つ目がこの第一峰門です

 

 

 

境内

 

 

 

 

 

 

崇福寺は1629年、長崎で貿易業を営む中国福建省出身の人たちが、福州から超然を招聘して創建

中国様式の寺院としては日本最古のものです

 

 

 

境内に入って左手最初にあるのがもう一つの国宝 大雄宝殿 です

 

 

 

 

 

 

 

 

右隣にあるのが媽姐門で、木魚がぶら下がっています

 

 

 

 

その奥にあるのが媽姐堂

 

 

 

 

 

 

媽姐門の前にある大釜

 

 

 

 

 

その横に鐘鼓楼

 

 

 

 

 

 

 

その右手、大雄宝殿の向かいにあるのが護法堂

 

 

 

 

 

帰りにお守りなどを売っているお店の方にご朱印は頂けるのかと訊いたところ、

「現在崇福寺には住職もお勤めする僧侶もいなくて、管理を請け負っている者がこうして来ているだけなんですよ。なのでご朱印は印刷した紙に今日の日付を書き込んでお渡しするしかないんです」

と申し訳なさそうに答えてくれました

 

1枚いただいて帰りました

 

 

 

ぶらぶらと正覚寺下電停まで歩きます

 

 

 

歩道にはガス燈があって、支柱には龍が巻きつき、かっこいいです

 

 

 

 

星の形は長崎市章です

 

 

 

電車で

 

 

 

 

中華街へ

 

 

 

 

ぶらぶら歩きましたが中国人観光客でいっぱい!

 

中国人が中華街に来て楽しいのか?w

 

 

中華街の中は細い道が交差していて、食堂と土産物販売がほとんど。

神戸の南京町のように道路脇でファーストフード的な歩きながら食べられる物を売っている店はないので賑やかさが足りませんね

 

 

 

 

 

お腹が空いてきたw

 

 

また電車の乗って庶民的ちゃんぽんの名店 金龍 に行きます

 

 

小さなお店ですが人気店です(中は相当汚いですw

 

 

 

 

 

 

昨日行った四海楼と比べるとスープの上品さでは敵いませんが、コクのある美味しいちゃんぽんです

 

何といっても安い!  690円!

 

 

 

長崎駅前まで来ました

ここでレンタカーを借ります

 

 

 

 

浦上天主堂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

現役の教会ですから中は厳かな空気が流れていました

 

 

 

ここから一路佐世保を目指します

 

 

 

大村湾の入り口に架かる西海橋(新)

 

 

 

 

 

渦潮が出来るくらい潮の流れが急なんだそうです

 

 

 

 

 

海の色が深い

 

 

 

 

 

大村湾内

 

 

 

 

 

佐世保には早めに着いてホテルにチェックイン

 

 

京町アーケード商店街をぶらぶら

 

 

 

夕食は地元の人気店 「ささいずみ」

 

 

 

 

予約していて大正解でした

 

かなり大きな箱ですが、7時の段階で満席

3組くらいが空き待ちしていました

 

 

電話したときにお店の人に勧められて予約した うちわえび

 

 

 

 

大都市圏では見ることはありません

 

漁期も漁権も制限されているため地元のスーパーにも出回らず、料理店のみで流通している貴重種だそうですが、伊勢海老より若干柔らかく、でもコリコリ感もあり、甘くてとっても美味しいエビです

 

一人一杯ずつ刺身&味噌汁でいただきました

 

 

この店の売りはイカの活造りですが、イカは腹が張るのでやめてw

もう一つの名物 ハーブ鯖を注文

 

 

しめ鯖

 

 

 

 

流通ルートや店内の生簀で泳いでいるものをな使っていることなどから、最近話題のアニサキスの心配はないという貼紙がありましたw

 

 

 

アワビの刺身

 

 

 

 

肝を醤油に溶いて食べる鮑は最高!

 

 

 

すり身

 

 

 

魚のすり身を揚げたもの

ふわふわのさつま揚げ ってところ

美味しい

 

 

 

村田のボクシングを見ながら2時間以上いましたw

 

 

この後は近くのバーへ

 

 

「グッドタイムズロール」

 

オールディーズ&昭和レトロ

 

カウンターの上には綺麗な足の照明

 

 

 

 

 

久しぶりに夜遊び気分で12時近くまでマスターとグダグダお話してました

 

 

 

 

つづく

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長崎 2

2017-05-23 12:21:57 | 旅行

女神橋をくぐって長崎港内に入り、右手に見えてくるのが小菅修船場跡です

 

 

 

 

明治元年に完成した日本最初の西洋式ドックで、これも世界遺産に登録されています

 

 

 

松ヶ枝国際ターミナル前にはクァンタム オブ ザ シーズ が入港しています

 

 

 

4000人の中国人観光客が街に散らばっているんですねw

 

 

 

午後は観光名所巡り

 

 

文明堂総本店の前から電車に乗って

 

 

 

 

 

 

1時を回り、お腹が空いた~

 

ってことで、昼食は長崎ちゃんぽん!!

 

 

 

四海楼です

 

 

 

ここは長崎ちゃんぽん発祥の店と言われ、ちゃんぽんミュージアムも併設している中華の名店です

 

 

店内は広く、席数も多いですが1時半だというのに30分待ちです

 

 

 

ちゃんぽん 1080円はちょっと高めだけど、スープはコクがあるけど上品

とっても美味しいです

 

 

 

 

 

ここから歩いて数分の大浦天主堂

 

 

 

 

 

堂内はステンドグラスが綺麗です

 

 

内部は撮影禁止ですのでここまで

 

 

 

 

 

ここから裏道を通ってグラバー園へ

 

 

旧リンガー住宅

 

 

 

 

 

旧グラバー邸

 

 

 

 

 

 

 

 

この位置で写真を撮っていると小学生や中学生が近くに集まってきます

 

何事かと思ったら足元に

 

 

 

 

 

ハートストーンでした

 

 

 

内部は

 

 

 

 

 

 

 

 

坂道を下り、暑い~  ザボンジュースが旨かった

 

 

 

 

 

HSBC

 

 

 

 

内部は今でも営業できそうな感じです

 

 

 

 

 

出島

 

 

と言っても昔の出島がそのままある訳ではありません

 

 

新しい復刻版です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと歩き疲れたのでホテルに戻ります

 

 

 

 

 

 

一休みして夕食に出かけました

 

 

 

吉宗(よっそう)

 

 

 

 

帰りに写したので提灯の灯りが消えてちょっと寂しげですがw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お手軽卓袱料理をいただきました

 

 

一の膳

 

 

 

 

二の膳

 

 

 

 

 

このあとお汁粉が付きます

 

 

 

明日も市内観光です

 

 

 

つづく

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長崎へ

2017-05-22 14:50:06 | 旅行

長崎に来ました

 

スカイマークが神戸-長崎便を飛ばしていて、早い時期に「いま得」チケットを買えば片道5000円です

 

 

木曜日の夕方、19:45神戸発で長崎空港には少し早目の20:50に到着

 

 

 

金曜日の朝、とってもいい天気の中、まず軍艦島上陸クルーズ

 

 

09:10 元船桟橋を出航

 

 

 

 

 

まず右手に見えてくるのが三菱重工長崎造船所にある世界遺産のT型クレーン

 

 

 

明治42年に竣工した日本初の電動クレーンです

驚くのは未だに現役だということです

 

 

その隣には護衛艦

 

 

 

 

115はここで建造され、2012年に就役した「あきづき」ですね

 

基準排水量5000トンで艦隊の防空担当艦

定港は佐世保基地です。 定期修繕でしょうか

 

 

 

その隣にもう1隻

 

 

 

 

119は2016年10月に進水し、2018年3月に就役予定の「あさひ」ですね

 

基準排水量は5100トンでこれは艦隊にあって対潜哨戒・戦闘担当

エンジンはガスタービンと電動機を2基ずつ組み合わせたハイブリッド方式で、初めて護衛艦に搭載されます

今は艤装工事の真っ最中です

 

 

 

そしてドックの中にはもう1隻建造中でしょうか

 

 

 

 

あさひ型2番艦かな?   名前は「まいにち」?w

 

 

 

女神大橋をくぐります

 

 

 

 

 

右手に見えてくるのは神ノ島町にある神ノ島カトリック教会とマリア像

 

 

 

 

 

 

次に見えてくるのが沖ノ島にあるカトリック馬込協会

 

 

 

 

綺麗な教会が至る所に、さりげなくあるんですね

 

 

 

ブラックダイヤモンド号は軍艦島(端島)に行く前に高島に寄港します

 

 

 

 

 

 

 

 

この島には昭和61年に閉山するまで三菱鉱山が開発した高島炭鉱があり、北渓井坑跡は世界遺産に登録されています

現在は石炭資料館があって、当時の資材などが展示されています

 

 

岩崎弥太郎像

 

 

 

資料館内部

 

 

 

 

 

 

 

 

 

資料館の横には当時使用していた機材と軍艦島の100分の1サイズの模型があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軍艦島を北側から見たら

 

 

手前左の7階建て建物は学校で、下が小学校、上が中学校

その横(西側)のコの字型は家族世帯アパート、右手の4階建ては病院です

 

 

実物は

 

 

 

 

東側は

 

 

中央ベルトコンベアーで石炭を積み出し、左手の茶色屋根が坑道入口です

 

 

南側は

 

 

ロの字型の建物は一人用アパート

 

 

実物は

 

 

 

日本初の鉄骨鉄筋コンクリート造り(RC構造)のアパートです

 

 

 

 

 

 

 

西側は

 

 

 

防波堤沿いの建物は単身用アパートです

 

 

猫ちゃんに見送られて船に戻ります

 

 

 

 

 

これがブラックダイヤモンド号

 

 

 

 

 

軍艦島の手前にもう一つ島があります

 

中ノ島です

 

 

 

軍艦島は人が生活する上で必要なものはほぼ何でも揃っていたそうです

 

テレビは100%普及、映画館もパチンコ屋さんもありますが、唯一無かったのが火葬場で、その火葬場が中ノ島にあったんだそうです

 

 

 

 

 

島の南西側から見た形が当時三菱長崎造船所で建造中の戦艦「土佐」に似ているということで軍艦島と言われるようになったそうです

 

 

その角度がこちら

 

 

 

 

 

島を1周して桟橋に近づきます

 

 

前に来た遊覧船が離れて行きます

 

 

順番が決まっているようです

 

 

 

 

 

上陸します

 

 

学校を反対側から見る

 

 

 

 

 

高いところにあるのが幹部用宿舎

 

 

 

 

坑道入口

この階段を上がったところで健康チェックをしてから入って行ったそうです

地下600mへ

 

 

 

 

総合事務所

 

 

 

島の南端にはプール

 

 

 

水は貴重品であったため、ここは海水プールだったそうです

 

 

色んなものが放置されています

 

 

 

 

 

 

 

 

この島は2015年に世界遺産に登録されましたが、実は全体が登録対象ではなく、ただの1か所だけなんだそうです

 

 

それがこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうなんです

護岸だけです

 

 

世界遺産に登録に「明治」という時代が入っているため、明治時代から残っているのはこの約50mの護岸だけなんだそうです

 

護岸は台風の度に壊れ、

 

 

 

壊れてはまた造り、の繰り返しなんだそうです

 

 

 

お昼近くなってきました

 

船は本船桟橋に戻ります

 

 

 

つづく

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今から旅に出ます

2017-05-18 19:27:06 | 旅行

コメント
この記事をはてなブックマークに追加