RIVER SIDE

おっちゃんの独り言・・・

たま~に書くかも・・・。

客船(23) ゴールデン プリンセス

2016-05-30 09:28:36 | Weblog

客船 ゴールデン プリンセス (Golden Princess) が神戸に初入港しました。

 

今回のクルーズは5月26日に基隆(台湾)を出航して、石垣(沖縄)、神戸、小松島(徳島)、油津(宮崎)を周って6月2日に基隆に帰港する7泊8日。

 

シンガポールや上海発着の日本向けクルーズは大変多いですが、台湾発着はとても少ないんじゃないでしょうか?

この2~3年神戸港に客船を見に行っていますが、途中で台湾(高雄、台北や基隆)寄港するのはありますが、基隆発着の船は初めてです。

 

 

12:20 見えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

前方デッキにはたくさんの乗客が。

 

 

 

 

 

 

 

Golden Princess

 

総トン数:109,000トン

全長:290m

全幅:36m

乗組員数:1,100人

乗客定員:2,600人

竣工:2001年(2009年改装)

建造:フィンカンティエリ(イタリア)

船籍港:ハミルトン(バミューダ)

所有:プリンセスクルーズ(アメリカ)

運航:P&Oプリンセスクルージズ(イギリス)

 

 

 

 

 

岸壁に近づいてきました。

 

 

 

 

中国から来る船と明らかに違いますね。

 

何が?って

 

 

バルコニーに洗濯物はありません!w

 

 

消防音楽隊の歓迎演奏を見ようと、たくさんの人が右舷側に集まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

前方デッキにいる人たちはこぼれそうですw

 

 

 

 

演奏に拍手喝采。アンコールの声も飛びます。

 

 

 

 

中国の人は一目でそれとわかりますが(何となくですがw)、台湾の人たちは全く日本人と区別がつかないですね。

 

 

今回の乗客、平均年齢低そうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着岸が完了して、下船準備

 

 

 

 

 

遊覧船「ファンタジー」が近くに寄ってきました

 

 

 

 

 

神戸市関係者か、旅行会社関係者か、運航会社かわかりませんが、ドローンで撮影中

 

 

 

 

 

本船の船尾には特徴があります。

 

 

 

 

 

展望スペースなんでしょうね

 

 

 

 

今日もまたたくさんの観光バスが待機しています。40~50台はいたでしょうか。

あまり時間はなくても京都や大阪に行くんでしょうか?

 

 

 

 

 

青いビブスのようなものを着ている人が何人かいましたが、旅行会社の人かな?

 

 

 

 

 

乗客の上陸が始まり、スタッフが記念撮影に応じています

 

 

 

 

ちょっと変な人もw

 

 

 

 

 

ターミナルのインフォメーションで神戸市内の地図を広げて案内スタッフにいろんな場所を訊いているグループがいました。

中国語に英語を交えながらしゃべっていましたが、とても静かな会話でした。

 

上海発の船に乗ってくる中国の人たちは遠くにいてもわかるくらいの大声なんですけどねw

 

 

明らかに文化が違うんでしょうね。

 

 

ポートラーナーに乗って三宮に繰り出す人もいました。

 

 

出航は23時59分ですから、神戸の夜景を愉しんだり、美味しい神戸牛を食べてきて下さい。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

野球&花火

2016-05-29 08:12:34 | 野球

ほっともっとフィールド神戸に今季初出動!

 

 

3時開始の埼玉西武戦です。

 

 

スタメン

 

 

 

4番に中島って、ちょっとビックリ。これで打線が繋がるのか?w

 

 

 

序盤、東明はいつものように球筋定まらず、いつものようにリードを許し、糸井の2ランで一旦追いついたものの直ぐにまたリードされる苦しい展開。

 

 

 

 

6回、糸井の2打席連続の2ランで再び追いつく。

 

 

 

 

 

2打席連続三振の中島に通算1500本目の安打が出ました。

 

 

 

 

 

直後にT-岡田の勝ち越し2ラン!

 

 

 

 

 

 

 

最近のバファローズにはなかった珍しい展開です。

 

 

6回のピンチを吉田で乗り切り、塚田、佐藤、平野のリレーで連敗脱出!

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒーローインタビューに呼ばれた2人。T-岡田は当然ながら、吉田? ここは糸井でしょ!

 

 

 

 

 

と、勝利の余韻にひたりながら、本日のメインイベント

大花火大会の開始を待ちます。

 

 

ほっともっとでは年間10試合くらい花火ナイターをやりますが、それは6時開始の試合で5回裏終了後に約300発の花火を打ち上げるものです。

 

 

今日は3時試合開始で、7時半から3000発の花火を選手の登場曲に合わせて打ち上げるという壮大なイベントが組み込まれています。

 

 

グラウンドに仮設ステージが侵入

 

 

 

 

 

「グラウンドで花火を観よう!」に応募した観客が続々入場

 

 

 

 

有料ですが、これで約3分の1くらいの人数です。

 

 

MCを務めるお笑いコンビ、マスダオカダの岡田さん(熱狂的なオリックスファン)が登場してトークショーの始まりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

7時半になり、スターターのブル、ベルもスタンバイ

 

 

 

 

 

照明の一部が消されて準備OK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選手の登場曲のスタート合図にピッタリ合ったタイミングで打ち上げ、曲のテンポに合った見事な打ち上げです。

 

 

 

 

 

 

 

最後は応援曲の生演奏に合わせて

 

 

 

 

 

終了に合わせてまたジェット風船w

 

 

 

 

 

 

楽しいイベントでした。

 

 

でも試合に勝ったから盛り上がったけど、負けてたらどんな進行になっていたのか、ちょっと興味がありますねw

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

神戸まつり 2016

2016-05-16 10:53:10 | その他

15日(日) 第46回神戸まつりのメインフェスティバルが開催されました。

 

 

メインパレードが始まるまで時間があるので、近辺をぶらぶら。

 

 

おっさん商店街

 

地元のサンテレビが仕切っているエリアです。

 

 

 

 

 

 

 

フットサルチーム デウソン神戸の選手たちがもうすぐ始まる今季リーグ戦の意気込みを語っています。

 

 

 

 

 

全国各地の色んなお店が出店していますが、

 

 

 

 

 

 

無料で何かくれるところは長蛇の列w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私は並ばなくても貰える物をGET!

 

 

 

 

 

11時になってジャズコンサートが始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

しばらく愉しんだあと、京町筋へ。

 

 

12時開始のサンバストリートですが、リハーサルを始めています。

 

 

 

 

 

 

お姉さん方も入念な?打ち合わせ。

 

 

 

 

 

 

 

パレードは12時30分スタートですが、私たちの見ていた場所に来るのは1時過ぎです。

 

 

 

 

 

 

 

毎年トップバッターはディズニー

 

 

 

 

 

 

 

 

次の車がやってきました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミッキー&仲間たちが通り過ぎた後は、凄い混雑だった通りが大げさに言うと半減くらい人が減りましたw

 

 

神戸の姉妹都市、シアトル市長の乗った車の周りには屈強そうなSPがガッチリ固めていました。

 

 

 

 

今秋スタートのNHK朝ドラのヒロイン役の京子ちゃん

可愛い^^

 

 

 

 

 

この後も大体例年通りのメンツによるパレードが続きました。

 

 

 

 

 

 

台湾のクマモン?w

 

 

 

 

 

 

サンバチームは人気者w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウイーク(6)

2016-05-07 10:44:16 | 旅行

名古屋観光2日目は、まず犬山城へ向かいます。

 

 

名鉄犬山駅から5分くらい歩くと本町です。

ここは犬山城の城下町がそのまま残っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

山車を入れる蔵ですね。

 

 

 

 

通りを5分くらい歩くと犬山城が見えてきます。

 

 

 

 

お城のある小山の麓にあるのが針綱神社です。

 

 

 

 

ここは927年に記された延喜式神名帳(神社の一覧表)に記載されているので1000年以上の歴史があります。

元々は犬山城の天守閣付近にあったようですが1537年、犬山城築城に際し白山平(少し東方)に移され、その後も何度か移転があって現在の地に祀られ、代々犬山城主の祈願所となったそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

石段を登りきったところに本殿があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

東方向には谷を挟んで犬山成田山が見えます。

 

 

 

 

 

いつものように御朱印をいただきました。

 

 

 

 

 

石段を戻って、西側には三光稲荷神社があります。

 

 

 

 

犬山城主織田信康の保護を受け、江戸時代以降は犬山城主成瀬氏の守護神とされています。

 

 

 

 

 

隣には猿田彦神社があります。

 

 

 

 

御朱印は両社セットですw

 

 

 

 

 

稲荷神社の裏口から出てお城を目指します。

 

 

 

 

 

 

 

お城の入り口に到着です。

 

 

 

 

 

ここからでも一応見えます

 

 

 

 

 

チケットを買って中に入ります。

 

 

 

 

 

門の裏側

 

 

 

 

天守閣だけポツンと建ってますw

 

 

 

 

 

上まで登るのは1時間待ち

 

 

 

 

ということで、周りを見るだけw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、名古屋駅に向かいますか。

 

 

 

昼ご飯は名古屋名物 エビフリャ~

 

 

 

 

1匹は開いてあります。

ボリューム満点!

 

 

 

午後は東山動植物園へ。

 

 

 

 

帰る人の方が多いなw

 

 

入ってすぐの所にいるのがサイ

 

 

 

 

動物園は神戸にもありますから、色々見に行こうという訳ではありません。

 

 

「アルマジロが見たい!」

 

 

これだけです(笑)

 

 

しかし、暗いところに入れられているので、見にくいわ~w

 

写真もフラッシュ禁止で、よく見えないw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけのツチブタ

 

 

 

 

これもおまけのコビトカバ

 

 

 

 

 

 

名古屋駅でお土産を買って

 

帰りま~す

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウイーク(5)

2016-05-06 10:04:39 | 旅行

名古屋旅行記は一日お休みして、近場の紹介。

 

 

5月5日、天気もいいし神戸港にお出かけ。

 

 

お昼ご飯は三宮のセンタープラザ西館にある「本家かつめし亭 三宮店」で加古川名物のかつめし。

 

 

1,000円。旨し^^

 

 

三宮センター街~元町商店街をのんびり歩いて中突堤にある「旅客船ターミナル カメリア」へ。

 

 

港内遊覧船に乗ろうかな?と。

 

神戸港遊覧船はいろいろありますが、今日選んだのはコイツ。

 

 

 

ファンタジー

定員:300名、総トン数:152トン、全長:32m、幅:7m、深さ:2.9m、馬力1,100PS、航海速力:14.3ノット

 

神戸港沖の人工島、ポートアイランドと神戸空港島を結ぶ神戸スカイブリッジの下まで行って戻る、45分の遊覧です。

 

 

いってきま~す!

 

 

 

 

横の高浜岸壁では、「オクトーバーフェスト」をやっていて、賑わっているようですから、あとで行きますw

 

 

 

ティータイムクルーズの出港を待つ「コンチェルト」

 

 

 

 

出航してすぐ右手に見えてくるのが川崎重工業神戸造船所です。

 

潜水艦がいます。

 

 

 

 

 

 

X舵が付いているので最新の「そうりゅう型」ですね。

 

 

面白いものがいました。

 

 

 

 

東海汽船で運航していた「セブンアイランド夢」です。解体されず、まだいたんですね。

 

「センブンアイランド夢」は全長30m、全幅8.5m、深さ2.5m、総トン数281トン、定員254名、ボーイング製のジェットフォイルで1981年4月に竣工し、イギリス~ベルギー航路、アメリカ・フロリダ州~イギリス領・西インド諸島航路などで使用されたものを2004年、姉妹船「セブンアイランド虹」と共に東海汽船が購入して、伊豆諸島航路に投入していたもの。

2014年9月に引退した後は川崎重工に回航されて、おそらくスクラップになるんだろう?と思われていました。

 

 

おっと。また潜水艦がいました。

 

 

 

 

 

 

この2隻もそうりゅう型ですね。

 

 

 

川崎重工を過ぎて兵庫突堤の西にあるのが三菱重工業神戸造船所です。

 

今は商船の造船は廃止して、修繕と潜水艦の建造・修繕に特科しています。

 

 

ここにも潜水艦の姿が。

 

 

手前の艦は前方にコブがあり、垂直舵ですから一世代前の「おやしお型」でしょうね。きれいに塗装されてもうすぐ修繕も完了かな?

 

奥にいるのは「そうりゅう型」

 

 

 

 

 

神戸港第一防波堤(通称:和田防)を出て港外に出ました。

 

 

 

 

 

西には遠く明石海峡大橋が見えます。かすんでいますがw

 

 

 

 

神戸空港の計器着陸装置

 

 

 

 

ちょうど1機着陸するみたいです。スカイマークですね。

 

 

 

 

 

 

無事着陸しました。

 

 

 

神戸空港の管制塔

 

 

 

 

 

スカイブリッジの下まできました。

 

 

 

 

 

2006年2月に開通。橋長1187.6m

 

 

 

 

 

赤灯台をまわって、港内に戻ります。

 

 

 

右手に見えてくるポートアイランド。

 

オレンジ色の屋根が特徴の建物は兵庫医療大学

 

 

 

その隣の茶色い建物は神戸学院大学

 

 

 

 

三宮の中心部

 

 

 

 

本土w とポートアイランドを結ぶ神戸大橋

1971年4月に全線開通しました。

 

 

 

 

中突堤に戻ってきました。

 

 

 

 

右から神戸メリケンパークオリエンタルホテル、ホテルオークラ神戸、神戸ポートタワー

 

 

 

ポートタワーの上には鯉のぼり

 

 

 

 

高所恐怖症の鯉には辛いな

 

 

 

 

オクトーバーフェストに行きましょう。

 

 

 

正式には「神戸ジャーマンビアフェスティバル」と言うらしい。

 

今年は4月29日から5月8日までの開催。

 

 

 

 

大変賑わっています。

 

 

 

 

客席も一杯

 

 

 

 

 

 

我々もいただきま~す!

 

 

 

 

 

コンチェルトがトワイライトクルーズに出て行きました

 

 

 

 

ステージイベントが始まります。

 

 

 

 

今日のゲストはアカペラグループ エーカッコシー

 

 

 

 

 

ほどよくアルコールが回ったところで帰るとしますか。

 

 

〆は元町駅西口にできた「えきそば」

 

姫路まで行かなくても食べられるようになりましたw

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウイーク(4)

2016-05-05 09:02:56 | 旅行

4丁目まで来ましたが、閉園時間(17:00)が迫ってきたのでちょっと急いで・・・。

 

 

 

第四高等学校武術道場「無声堂」

 

 

 

 

この「無声堂」は大正6年に金沢の第四高等学校に建てられたもので、柔道、剣道、弓道三つの道場を兼ね備えた大きな洋風建築です。

休憩所みたいになってますがw

 

 

 

名古屋衛戍病院

 

 

 

 

全国の鎮台配置に合わせて、明治6年の東京を皮切りに陸軍の洋風病院が順次整備されていきましたが、明治11年に建てられた名古屋衛戍病院です。

 

 

 

シアトル日系福音教会

 

 

当初はアメリカ人の住まいだったものですが、1930年代に日系移民の所有となったもの。

第二次世界大戦時、強制収容により家を追われましたが、戦後は日系一世のための福音教会として使われてきました。

 

 

このあたりは入鹿池に近く、先ほど見た車寄せも見えます。

 

 

 

 

鉄道寮新橋工場という建物があります。何の変哲もない建物です「機械館」として中には明治時代の貴重な機械類が展示されています。

 

 

 

 

 

 

 

これはプラット社製のリング精紡機で重要文化財に指定されています。

 

 

 

 

宇治山田郵便局舎(重要文化財)

 

 

明治4年に東京江戸橋に日本最初の郵便役所(郵便局)が建てられて近代郵便事業が開始され、その後各地に郵便役所が建てられました。

明治5年、伊勢の宇治山田にもわずか4坪の小さな役所が開業しました。郵便事業が近代国家の一翼を担って発展し、電信電話事業をも行うようになると、事業の拡大につれて、宇治山田郵便局舎は移転につぐ移転を重ね、明治42年伊勢外宮前の角地にこのようなとんでもない建物を新築したんだそうです。

 

 

 

呉服座(重要文化財)

 

 

明治25年に大阪・池田市の西本町猪名川の川岸に建てられた芝居小屋で、地方巡業の歌舞伎をはじめ、壮士芝居、新派、落語、浪曲、講談、漫才等様々なものが演じられました。また尾崎行雄や幸徳秋水らが立憲政治や社会主義の演説会に使ったりもしました。

 

 

 

大急ぎで5丁目に行きます。

 

 

聖ザビエル天主堂

 

 

 

聖フランシスコ・ザビエルを記念して、明治23年、かつてザビエルがいたことのある京都に建てられたカトリックの教会堂で、フランス人神父の監督の下、フランスから取寄せた設計原案に基づき、日本人の手で造られたものだそうです。

中に入ってみましょう。

 

正面のステンドグラスに西日が当たって、幻想的です。

 

 

 

 

 

 

これは建物入り口正面の上にある薔薇窓と言われるもので、直径が4m近くあります。

同じものが入り口横に展示してあります。

 

 

 

 

金沢監獄中央看守所

 

 

八角形の中央看守所を中心に、左右及び正面奥と左右斜め奥に五つの舎房が放射状に配されているのは去年行った網走監獄と同じですね。

 

 

 

東京駅警備巡査派出所

 

 

明治41年、それまで品川を起点としていた東海道線を皇居正面の丸の内まで延長して新しい中央停車場を建設する工事が開始されました。その大工事は大正3年に竣工、東京駅と命名され開業しましたが、その時に駅前広場を整備する中でこの派出所が建設されました。

 

調和を図るためにデザインが東京駅に合わせてあるのが凄いですね。

 

 

 

大明寺聖パウロ教会堂

 

 

 

 

この建物は明治12年頃、長崎湾の伊王島に建てられた教会堂です。フランス人宣教師ブレル神父の指導のもと、地元伊王島に住んでいた大渡伊勢吉によって建てられましたが、若い頃大浦天主堂の建設にも携わった伊勢吉は当時の知識をこの教会堂に注ぎ込んだんだそうです。
内部はゴシック様式ですが、外観は鐘楼を除けば普通の農家の姿で、キリスト教禁制の影響を色濃く残していると言われています。

 

 

 

川崎銀行本店

 

 

川崎銀行(後に三菱銀行と合併)本店は、ルネッサンス様式を基調としていて、当時の銀行・会社の本店建築の中でも本格的銀行建築です。構造は鉄筋コンクリート(一部鉄骨)造、外壁は御影石積で地上3階、地下1階建、間口約38メートル、高さ約20メートル。大正10年に起工され、昭和2年に竣工したもの。

昭和61年、ビル立て替えのために取り壊されることとなって、正面左側角の外壁部分が明治村へ移築されたそうです。

 

 

 

内閣文庫

 

 

 

 

内閣文庫は明治6年、赤坂離宮内に太政官文庫という名で開設された明治政府の中央図書館で、この建物は明治44年、皇居大手門内に新築された内閣文庫庁舎のうちの本館・事務棟です。

 

手前に写っている電飾燈は明治20年12月に竣工した皇居正門石橋に6基設置された内の一つで、昭和61年9月、鋳型を取って新しく鋳造されたものと交換する際、ここに移設されたものです。

 

 

 

帝国ホテル中央玄関

 

 

 

 

これはアメリカの建築家フランク・ロイド・ライトによって設計され、大正12年、4年間の大工事の後に完成した帝国ホテルの中央玄関部です。

 

早速中に入ってみましょう。

 

 

入って左側

 

 

 

右側

 

 

 

入口方向

 

 

 

三階までの吹き抜けになっていて、中央玄関内の全ての空間がこの吹き抜けの廻りに展開しています。床の高さ、天井の高さがそれぞれに異なっていて、景色も趣も異なる造りになっています。

 

2階に上がってみます。

 

 

ポーツマス条約のサインをしたテーブル

 

 

 

 

正面2階

 

 

 

右側

 

 

 

ちなみに、正面玄関入口2階にはカフェがあります。おばさん達でいっぱいw

 

 

 

5時近くなりました。

ここから正門までは結構距離があるので村内循環バスに乗りたいなぁ・・

 

って思っていると、バス停の前でおじさん(運転手さん)が、「正門行最終バス、間もなく発車しますよ~」って叫んでいるので ダッシュ!!

 

 

間に合った~w

 

 

 

さて、ホテルに戻って

 

明日は犬山城!

 

 

(つづく)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウイーク(3)

2016-05-04 10:34:18 | 旅行

3丁目に行きます。

 

 

2丁目と3丁目の間には京都市電のレールが走っていて、3丁目には始発駅「品川燈台駅」があります。

 

 

 

 

 

明治28年、日本最初の市電が京都で走りました。

 

 

北里研究所本館・医学館

 

 

北里柴三郎が大正4年に芝白金三光町に建てた研究所の本館です。NHKの朝ドラ「花子とアン」のロケもここでされました。(花子が通った「私立修和女学校」として)

 

 

 

芝川又右衛門邸

 

 

西宮市甲東園に明治44年、大阪の商人芝川又右衛門の別荘として建てられたものです。当時甲東園には駅がなかったため、芝川又右衛門は駅の設置を阪急に依頼し、設置費用と周辺の土地一万坪を阪急に提供したそうです(@_@)

 

 

 

幸田露伴住宅「蝸牛庵」

 

 

 

 

幸田露伴は自分の家を「かたつむりの家(蝸牛庵)」と呼び、やどかりのように何度も住まいを変えています。隅田川の東にあったこの家もその内の一つで、明治30年から約10年間ここで住んだようです。

 

 

 

西園寺公望別邸「坐漁荘」

 

 

 

こちらが玄関方向。

 

 

 

裏の庭に回るとこんな風です。

 

 

この「坐漁荘」は西園寺公望が政治の第一線から退いた後、大正9年に清水港近くの興津の海岸に建てた別邸です。

 

中に置いてある調度品も高級そうです。

 

 

 

 

 

この3丁目は隣接する入鹿池に突き出すような位置にあり、いい景色が広がっています。

 

 

 

 

品川燈台(重要文化財)

 

 

入鹿池を海に見立てて燈台が立っています。

江戸末期、東京湾には外国船が多数入ってくるようになり、徳川幕府や明治政府は燈台建設のための技術援助をフランス、イギリスに依頼し、観音崎、野島崎、城ヶ島、品川の4つの洋式燈台がフランス人技術者の手によって建設されました。
この燈台は品川沖の第ニ台場の西端に建てられ、明治3年3月点燈されたものです。

 

 

 

神戸山手西洋人住居

 

 

明治20年代に神戸に建てられた洋館の一つだそうですが、神戸に住んでいる者にとっては特に珍しくも美しくも感じない(失礼)、ごくありふれたものですねw

 

 

 

この辺りは新緑がとってもきれいです。

 

 

 

 

宗教大学車寄

 

 

明治41年、巣鴨に新築された私立宗教大学本館の車寄です。

高さが6.9mあるそうですから、この後ろにあったはずの本館は相当立派な建物だったんでしょうね。

 

 

少し休憩して4丁目に向かいます。

 

 

 

(つづく)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウイーク(2)

2016-05-03 08:42:19 | 旅行

2丁目にやってきました。

 

 

札幌電話交換局(重要文化財)

 

 

電話交換手が手動でつなぐ古めかしい機器が展示されています。

 

 

 

安田銀行会津支店

 

 

明治40年に建てられ、伝統的な土蔵造をもとにしているが、一部に洋風のデザインを取り入れている。

 

 

 

京都中井酒造

 

 

明治3年に建てられた京都の造り酒屋です。

軒先が低く、屋根に緩いカーブを持たせているのは「むくり屋根」といって京都地方の伝統的なものだそうです。

 

 

 

東松家住宅(重要文化財)

 

 

東松家住宅は名古屋の中心部堀川沿いにあった商家で、明治20年代後半までは油屋を生業としていたそうです。

塗屋造という江戸時代以来の伝統工法で建てられているこの建物は再三増改築を行い、平屋であったものを明治28年後方へ移動させ、2階の前半部を増築してこの店構えを完成させ、明治34年に3階以上を増築したらしい。

 

 

 

清水医院

 

 

明治30年代に長野県木曽郡大桑村に建てられた個人病院。中山道の古い街並みの中にこんなのが出来たらみんなビックリポンだったでしょうね。

 

 

 

東山梨郡役所(重要文化財)

 

 

今の山梨市に明治18年に建てられた役所。随分立派なものを造っちゃったんですねw

 

 

 

第四高等学校物理化学教室

 

 

明治23年に金沢に建てられ、後に金沢大学へと引き継がれる。近代化を進めたい明治政府にとって自然科学教育は重要な課題で、この分野には相当力を入れたようです。

 

 

 

千早赤阪小学校講堂

 

 

一階が雨天体操場、二階が講堂となっているこの建物は、もとは大阪市北区大工町の堀川尋常小学校にあったものですが、昭和4年に同校の校舎が新築される際、南河内郡千早赤阪村の小学校に移築されたものです。

 

 

名電1号形

 

 

2丁目の入り口付近に展示されています。

明治40年まで名古屋電気鉄道(現名鉄)が名古屋市内で使用し、その後札幌の市電として使用された木造電車。

現存はこの1両のみで、期間限定公開だそうです。

 

 

次は3丁目

 

 

(つづく)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウイーク(1)

2016-05-02 13:17:06 | 旅行

ゴールデンウイークはどこに出かけても混雑してるし、宿泊料金も高いし・・・

 

と思って、家でゴロゴロ というのがお決まりのパターンです。

 

 

ところが何を思い立ったか、名古屋に行こう!

 

 

と急なお出かけですw

 

 

連休初日だから新幹線は混んでるに違いない と勝手に決め込んで09:00大阪難波発の近鉄「名阪特急アーバンライナー」に乗込みました。安いしねw

 

新幹線だと新神戸/名古屋が8,060円。近鉄だと大阪難波/近鉄名古屋が4,260円。安売りチケット店で買ったので3,350円。二人分往復で18,840円安くつきます。

 

 

11:08名古屋到着。名鉄の名古屋駅で「明治村時間旅行きっぷ」なるものを買って、犬山へ。

明治村を目指します。

 

 

 

バスの中で五郎丸を見つけてクマッチと二人でウケてましたw

 

 

 

 

 

 

 

明治村到着がお昼頃。

ここは広大な敷地に明治時代の建物や文化遺産を集めて保存しているある種「博物館」です。

 

 

正門

 

 

裏側からの写真ですが、明治42年に開校した名古屋の旧制第八高等学校の正門です。

 

 

村内を循環バスが走っていますが、入場者が多くてなかなか乗れませんw

 

 

 

 

村内は大きく分けると1丁目から5丁目までの5ブロックに分かれているので1丁目から順に見て行きます。

 

 

1丁目

 

 

大井肉店

 

 

大井肉店は現在も神戸駅近くに立派なお店があって、すき焼きやしゃぶしゃぶを提供していますが、ここでは「牛鍋(すき焼き)」を食べることができます。

正面の看板には「ただいま満席」の貼紙がありましたが、お昼ごはんに4,100円はちょっと出せないなぁw

 

 

三重県尋常師範学校・蔵持小学校

 

 

明治21年に三重県尋常師範学校本館として建てられたものを昭和3年、本館の改築に伴い名張市の蔵持村に売却・移築され、蔵持小学校として使用したもので、建物左側をカットし、正面と右側だけをここに移設したそうです。

 

 

 

近衛局本部付属舎

 

 

 

明治21年、皇居内に近衛局(後に近衛師団と改称)本部として完成。その後、師団本部は移転したため皇宮警察本部がここへ移り、昭和42年まで使用したもの。

 

 

 

聖ヨハネ教会堂(重要文化財)

 

 

 

明治40年に京都の河原町通りに建てられたプロテスタントの一派日本聖公会の京都五條教会で、二階が会堂に、一階は日曜学校や幼稚園に使われていたそうですが、今も一階は子供の遊び場になっていましたw

 

一階は煉瓦造り、二階が木造となっていて、二階に上がってみると趣があります。

 

 

 

 

 

正面二階のステンドグラスを中から見るとこんな感じです。

 

 

 

 

学習院長官舎(明治42年)

 

 

 

 

 西郷從道邸(重要文化財)

 

 

 

 明治10年代のはじめころ、西郷隆盛の弟西郷從道が東京上目黒の自邸内に建てたもの。

 

 

 

森鴎外・夏目漱石住宅

 

 

明治20年頃、医学士中島襄吉の新居として建てられたもので、空家のままであったのを、明治23年森鴎外が借家して一年余りを過ごした。

又、明治36年)から39年までは夏目漱石が借りて住んでいた。

 

 

二重橋飾電燈

 

 

皇居の入口には皇居前広場側から見て、石で造られた手前の「正門石橋」と、鉄で作られた奥の「正門鉄橋」という2つの橋があります。よく知られているのは正門石橋で、これが二重橋だと誤認されることがありますが、この石橋の奥にある正門鉄橋が正式な「二重橋」で、通常一般人には見えません。

 

明治21年、皇居造営に伴い二重橋が新しい鉄橋に架け替えられ、両たもとに計四基立てられたものの一つで、橋とともにドイツで作られたものです。

 

 

 

明治天皇・昭憲皇太后御料車

 

 

 

 

 

 すごい凝ったというか、豪華な内装ですね。

 

 

三重県庁舎(重要文化財)

 

 

 明治4年の廃藩置県では中央政府によって任命された府知事・県令が各府県に派遣されるようになった。各府県では、当初は既存の建物を県庁舎として使っていたが、先を争うように洋風の新庁舎を建設するようになり、この三重県庁舎も明治12年に完成したもの。

 

 

 1丁目が終わりました。

 

 

昼食を摂って2丁目に向かいます。

 

 

(つづく)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加