RIVER SIDE

おっちゃんの独り言・・・

たま~に書くかも・・・。

入院

2009-10-06 10:48:30 | その他

入院していました。
本日より職場復帰。

病名:右肩インピンジメント症候群

命に関わる物ではありません(笑)

今年の春から右肩が痛く、夏を前にして日常生活にも支障が出る(右手が背中に回らない、手を伸ばした状態で物を支えられない、窓の開け閉めは痛い・・・など)ようになり、スポーツドクター(整形外科)の診察を受けたところ上記の診断。

このままでは痛みが無くなることはない。悪くすれば右肩が上がらなくなる。
手術をお奨めする。 との診断で、決意しました。

所謂スポーツ肩みたいなもので、野球、テニス、バレーボールなど、利き腕に負担の掛かるスポーツをしていると症状がでるものらしい。

学生時代右肩が痛くて強いスパイクが打てなかったのはこのせいか?(笑)

手術前日に入院し、術後約1週間で退院と聞かされ「そんなにかかるの~?」と思いながら先月29日に入院。

29日の夜8時以降は絶食で30日の朝から点滴が始まった。
手術開始は午後3時。2時に手術着に着替え、40分に病室を出発。

4時頃に病室に戻ってきたらしいが、全身麻酔だったので全く覚えていない。
酸素マスクがウザイのではずしてくれとか言っていたらしいが・・・。

左手にブドウ糖中心の点滴針が刺さり、右肩に鎮痛・抗生物質の点滴針が刺さっていて不自由この上ない。

10月1日の朝食を摂った後左手の点滴が外れて多少動けるようになったが、右手を少し動かすとイテ~!

午後の診察で異常なし!の判定が出て「痛みがなくなったら退院できますよ」と言われた。

速効「明日退院します!」

病室は個室でベッドサイドにソファー。ウォシュレット付きユニットバスやミニキッチン付きで、テレビは無料。まあまあ快適ではあったがやはり退屈だし、全館禁煙がね・・・。

後は自宅で安静に。何せ利き腕が使えないと(動かすとやはり痛い)何かと不便で、シャワーもクマに全身を洗ってもらった。
「ソープくま で~す。チェンジはできまでんよ~」とか言われながら(笑)

昨日診察に行って「抜糸は8日にしましょう。今日から週2回リハビリをやります」

で今日の社会復帰となった訳であります。

クマが自分のブログに書いたものだから、銀さんにはお見舞いの電話を頂き恐縮至極。

この場を借りてお礼申し上げますm(_ _)m

9月は旅行中の高熱(腎盂炎)やら手術やら、色々あったが月が変わってツキがくるといいな~

コメント
この記事をはてなブックマークに追加