RIVER SIDE

おっちゃんの独り言・・・

たま~に書くかも・・・。

北近畿小旅行 2

2016-11-08 14:57:39 | Weblog

2日目

 

朝からいい天気

朝陽がまぶしい

 

 

 

 

 

 

 

 

水鳥たちはまだ眠いのか?w

 

 

 

 

 

今日は天橋立をたっぷり

 

 

遊覧船乗り場へ行き、遊覧船には乗らずにレンタサイクルを借りて松林をのんびり走ります。

 

 

 

 

 

宮津湾を南北に仕切っている松林(砂州)の内側を阿蘇海と言うそうです。

穏やかです

 

 

 

 

 

 

 

風がないので宮津湾側も穏やかですがw

 

 

 

 

 

松林は対岸の一の宮地区まで歩いても1時間くらいです。

 

 

 

 

 

 

 

阿蘇海には鴨がたくさんいます

 

 

 

 

 

外海側にはいないみたい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょうど中ほどに神社があります

 

 

 

 

 

天橋立神社

 

 

 

 

 

 

 

 

とっても気持ちがいいです

 

 

 

 

 

 

 

 

漁をしているみたいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そろそろ松林の終点

 

 

桟橋近くにはカモメがいます

 

 

 

 

 

 

 

一の宮桟橋で自転車を返し、すぐ近くにある

 

元伊勢籠(もといせこの)神社

 

へ参拝

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参拝後はケーブルカーに乗って傘松公園へ

 

 

 

 

 

このあたりから観光バスで来た観光客がどっと増えてきました

 

 

 

 

 

股覗きもしましたよw

 

 

 

 

左が宮津湾、右が阿蘇海

 

 

 

 

 

 

 

 

次はここから細い山道を専用バスに乗ってさらに上にあがります。

 

 

西国巡礼第28番の札所  成相(なりあい)寺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

704年、真応上人の開基で、文武天皇の勅願寺となったらしいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下山して一の宮桟橋から遊覧船に乗ってホテルまで戻ります

 

 

桟橋では「えびせん」の小袋を売っていて、「カモメに投げてください」なんてアナウンスしています。

 

 

 

で、

 

 

いっぱい寄ってきましたw

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

松林を外から見るのもいいですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは朝渡って行った廻旋橋

 

 

 

 

 

 

 

お昼は桟橋近くの食堂で名物?なのかどうか、「あさりうどん」

大きな「あさり」がたくさん乗ってました

 

 

ここからはお寺巡り

 

 

松渓山 智源寺

 

曹洞宗の修行道場としても知られ、1625年に宮津城主・京極丹後守高広が母堂・惣持院殿松渓智源大禅定尼追善のために建立したお寺です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市街地にある立派なお寺でしたが、人影はありません

 

 

 

 

 

 

 

宮津市を後にして、舞鶴市へ向かいます

 

 

桂林寺

 

1401年創建の曹洞宗の禅寺です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここにも人影はありませんでした

 

 

 

すぐ近くにある

 

 

慈恵山円隆寺

 

995~999年ころ開創されたという真言宗のお寺です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本堂横の石段を登って行くと「御成門」と書いてあります。

恐る恐る覗いてみると恐らくご住職の奥さんだと思われる高齢の女性が庭の掃除をされていたので声を掛けてみました。

 

 

「どうぞ中にお入りください」と言われて、しばらくお話をしました。

 

藩主牧野氏がお参りされたので御成門があるんだそうで、広大な敷地と綺麗な庭があります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この建物は江戸時代のものらしいですが、左側の屋根はカーブしています

 

 

 

 

 

 

 

舞鶴の中心部を通り過ぎて東の方へ行きます

 

 

 

松尾(まつのお)寺

 

西国第二十九番札所 真言宗醍醐派のお寺です。

創建は708年と言われています

 

 

細い山道をひたすら登って行きます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

夕暮れが近くなってきましたがもう1か所行きます

 

 

 

(つづく)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

客船(23) ゴールデン プリンセス

2016-05-30 09:28:36 | Weblog

客船 ゴールデン プリンセス (Golden Princess) が神戸に初入港しました。

 

今回のクルーズは5月26日に基隆(台湾)を出航して、石垣(沖縄)、神戸、小松島(徳島)、油津(宮崎)を周って6月2日に基隆に帰港する7泊8日。

 

シンガポールや上海発着の日本向けクルーズは大変多いですが、台湾発着はとても少ないんじゃないでしょうか?

この2~3年神戸港に客船を見に行っていますが、途中で台湾(高雄、台北や基隆)寄港するのはありますが、基隆発着の船は初めてです。

 

 

12:20 見えてきました。

 

 

 

 

 

 

 

前方デッキにはたくさんの乗客が。

 

 

 

 

 

 

 

Golden Princess

 

総トン数:109,000トン

全長:290m

全幅:36m

乗組員数:1,100人

乗客定員:2,600人

竣工:2001年(2009年改装)

建造:フィンカンティエリ(イタリア)

船籍港:ハミルトン(バミューダ)

所有:プリンセスクルーズ(アメリカ)

運航:P&Oプリンセスクルージズ(イギリス)

 

 

 

 

 

岸壁に近づいてきました。

 

 

 

 

中国から来る船と明らかに違いますね。

 

何が?って

 

 

バルコニーに洗濯物はありません!w

 

 

消防音楽隊の歓迎演奏を見ようと、たくさんの人が右舷側に集まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

前方デッキにいる人たちはこぼれそうですw

 

 

 

 

演奏に拍手喝采。アンコールの声も飛びます。

 

 

 

 

中国の人は一目でそれとわかりますが(何となくですがw)、台湾の人たちは全く日本人と区別がつかないですね。

 

 

今回の乗客、平均年齢低そうです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着岸が完了して、下船準備

 

 

 

 

 

遊覧船「ファンタジー」が近くに寄ってきました

 

 

 

 

 

神戸市関係者か、旅行会社関係者か、運航会社かわかりませんが、ドローンで撮影中

 

 

 

 

 

本船の船尾には特徴があります。

 

 

 

 

 

展望スペースなんでしょうね

 

 

 

 

今日もまたたくさんの観光バスが待機しています。40~50台はいたでしょうか。

あまり時間はなくても京都や大阪に行くんでしょうか?

 

 

 

 

 

青いビブスのようなものを着ている人が何人かいましたが、旅行会社の人かな?

 

 

 

 

 

乗客の上陸が始まり、スタッフが記念撮影に応じています

 

 

 

 

ちょっと変な人もw

 

 

 

 

 

ターミナルのインフォメーションで神戸市内の地図を広げて案内スタッフにいろんな場所を訊いているグループがいました。

中国語に英語を交えながらしゃべっていましたが、とても静かな会話でした。

 

上海発の船に乗ってくる中国の人たちは遠くにいてもわかるくらいの大声なんですけどねw

 

 

明らかに文化が違うんでしょうね。

 

 

ポートラーナーに乗って三宮に繰り出す人もいました。

 

 

出航は23時59分ですから、神戸の夜景を愉しんだり、美味しい神戸牛を食べてきて下さい。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うぇ~~

2012-11-01 13:18:54 | Weblog

一体これは何でしょう?

 

 

正解はこれです。

 

白い箱・・・・・中央に薄っすらと赤い丸が見えますかねぇ?

私は喫煙者。タバコを買う時はいつもカートン買いしていますが、昨日開けた箱の中にこんな真っ白な物がはいっていて???

よ~く見ると中央に赤い丸が・・・

そうです!パッケージの紙が裏返しなんです。

事故商品  なんでしょうね~

どうしようか・・・・・。

収集マニア向けのYahooオークションには出せません(たばこは禁止品目)。

製造会社 BRITISH AMERICAN TOBACCO に言えばお詫びに1カートンくらいくれるかなぁ。

いやいや、「近くのたばこ販売店で交換します」って言うだろうな~

まぁ中身はたぶん大丈夫(開けてないから確かではないが)だろうから、フツーに開けて吸うか・・・

なんか勿体無いような気がするwww

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月7日(日)

2012-10-09 11:39:08 | Weblog

陸上自衛隊中部方面隊(伊丹)

創隊52周年記念式典に行ってきました。

 

74式戦車。滋賀県今津町に駐屯する第3戦車大隊の装備品です。

 

155mm榴弾砲(FH70)。通称サンダーストーン。

いつもは姫路の第3特科隊が来ていますが、今年は松山の第14特科隊のものです。

 

式典の開始です。

中部方面総監の挨拶・訓辞、井戸兵庫県知事の挨拶などがありました。

 

訓練展示の様子です。

74式戦車、96式装輪装甲車、軽装甲機動車、155mm榴弾砲、三重県明野駐屯地所属の

AH-64D対戦車ヘリ(アパッチ)など、多数の装備品を使用して訓練の様子を展示します。

 帰りに、自衛隊カレンダー(2013)と高知の第50普通科連隊が販売していた高知みかんを

お土産に買いました。おいしかった^^

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10月6日(土)

2012-10-09 11:35:48 | Weblog

INAC神戸レオネッサの応援に行ってきました。

神戸での試合は3ヶ月ぶりです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファミリーコンサート

2012-10-01 11:27:23 | Weblog

今週はこんなのに行ってきました。

陸上自衛隊中部方面音楽隊ファミリーコンサート

音楽隊の後援会に入っているので招待券が送られてきます。

 

ロンドンオリンピック特集 ということで、

ヘイジュード で始まり、風が吹いている、エルガーの威風堂々 などが続きました。

第3部ではソプラノ歌手の今小路聡子さんをゲストに迎え、プッチーニの蝶々夫人を

高らかに歌われましたが、何せファミリーコンサート。

乳幼児も入場できたので会場内が非常にうるさくて、大変お気の毒でした(笑)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

デビスカップ

2012-02-15 09:59:44 | Weblog

先日三木市にあるブルボンビーンズドームで開催されたデビスカップWG1回戦、日本対クロアチアを観戦した。

添田君は日本テニス界に歴史的1勝をもたらしたが、錦織君はちょっと残念な結果でした。

この体格差・・・笑ってしまうよ。流石にこの身長から繰り出されるサーブは異次元の角度なんだろうね~

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

バレーボール

2011-11-16 14:44:13 | Weblog

久しぶりに優勝しました。

 

祝賀会の準備で大忙しです。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

引退式

2010-12-23 10:51:29 | Weblog

ヴァーミリアンが引退しました。

新馬の時からズ~っと応援してきました。

G1 10勝

お疲れさま。いい種牡馬になるといいね。

先日阪神競馬場で引退式が行われたのでしばしの別れを告げてきました。

また北海道で会おうね。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

50周年

2010-10-18 09:20:56 | Weblog
昨日は陸上自衛隊伊丹駐屯地へ中部方面隊創隊50周年式典を観に行ってきました

プログラムは
1030-1145 創隊記念式典
1145-1210 訓練展示(普通科部隊等による戦闘訓練・特科演奏ドリル)
1315-1330、1415-1445、1430-1445 音楽イベント 中部方面音楽隊等
装備品体験コーナー
模擬売店 等々

式典には橋下大阪府知事や井戸兵庫県知事も参列・挨拶、その後隊員の行進、戦車など特殊車両の走行、ヘリ部隊の飛行などがあり、盛大に行われた

写真は行進する74式戦車


装備品体験コーナーでは自動小銃や迫撃砲を手に取ることが出来、74式戦車の試乗会もあった。

訓練展示は
74式戦車 2両
96式装輪装甲車 1両
軽装甲機動車 6両
に偵察用バイク等を使用して模擬戦闘を見せてくれた

極めつけは訓練展示のラストで、中部方面音楽隊と第三音楽隊の合同演奏によるチャイコフスキーの「祝典序曲1812年」に愛知県豊川市に駐屯する第10高射特科大隊が保有するFH70-155mm榴弾砲を5門使用し、耳を塞ぐように注意があったほどの大迫力合同演奏

写真は火を噴く155mm榴弾砲


珍しいものは昨年から正式配備された03式中距離地対空誘導弾
他ではどうか不明だが、西日本では初めて展示されたそうだ。

模擬店で売っていた出雲そばも高知産みかんもおいしかった
コメント
この記事をはてなブックマークに追加