young流PC工房

PC自作マニアにしてガジェットマニアの私が趣味で手を出したり出さなかったりした色んなガジェットの話を中心にしています。

【実録】ドコモからmineoにMNPした際の手続きの流れ

2014-10-27 23:59:47 | デジタル・インターネット
以前から言っていた、ドコモからmineoにMNPするという行為を実行に移し、ようやく一通りの
作業が完了しました。興味はあるけど色々分からないことがあるとか不安なことがあるとか
思っている人も多いかと思いますので、私の実録を起こしてみました。MNPするか悩んでいる
人の参考になれば幸いです。

10/23(木)
まずはMNP予約番号を入手するため退勤後にドコモショップへ行き、手続きをしてもらう。
メインで使用しているスマートフォンに対してMNP予約番号を発行してもらうのですが、
同時に契約しているタブレットをその場で解約せずに数日間手元に残すという話をしたら
料金支払いの代表番号をスマートフォンの番号からタブレットの番号に移す手続きが必要
とのことで、その手続きも併せて実施することに。手続き中ドコモの担当者からは変に
引き留められることもなく割と淡々と事務処理を進み、15分とかからず全ての手続きは完了。

帰宅してからmineoのホームページにアクセスし、早速申し込みを開始。まず親会社の
ケイ・オプティコムで使用しているeoIDを取得し、そのIDを使ってログインを実行。
自分が使用するプランを選択して申し込むのですが、ここで先ほど入手したMNP予約番号の
他に本人確認書類の画像をアップロードする必要があります。スマートフォンで運転免許証を
撮影するとその写真をPCに転送し、アップロードすることでその手番を完了させ、申し込みも
完了。この時の時刻は21時頃。SIMカードは加入手続きが完了してから1週間程度で送付されると
いうメッセージが表示されますが、この通りだとぎりぎり10月が終わる前に届くかな?という
感じです。

当然のことながら、SIMカードを使うためには端末が必要となります。mineoはau回線を使用
するので、auの端末が必要。週末に名古屋へ出かけて白ロム端末を購入することも考えたの
ですが、欲しいものを確実に入手するため入手手段は通販を選択。au用XPERIA Z Ultraの
未使用品を手配しました。

10/24(金)
11時半頃にmineoから「サービス手続きを完了しました」というメールが届きました。
mineoのホームページからマイページにログインしてみると、すでにMNPする番号が登録され、
データ通信残容量も表示されていて、今すぐ使えます感が漂っていました。ただ当然の
ことながらSIMカードも端末も手元にないので、その間にMNP元のスマートフォンから
おサイフケータイと電話帳の引っ越し準備を進めます。おサイフケータイの手順は
過去に何度もやっているので特に問題はないのですが、問題は電話帳のほう。キャリアも
端末も変わるので、キャリアが提供している手段は使えません。私はgoogleアカウントに
電話帳データを同期させるやり方でこの問題をクリアしました。

10/25(土)
23日に注文したXPERIA Z Ultraが手元に届く。あらかじめ準備しておいた液晶保護シートや
本体保護カバーを取り付けて充電し気分を高めます。もちろんSIMカードが届いていないので
電源を投入するわけにはいきませんが。

10/26(日)
正午過ぎにゆうパックでSIMカードと初期設定のやり方を記したマニュアルが届く。早速
初期設定を始めます。実際の手順は下記のような感じ。

 ①MNP元となるスマートフォンの電源を切る。なお、この時点ではまだMNP切替が完了して
  いないため、元のスマートフォンは普通に通信ができています。大抵のMVNOでMNPした
  場合はMVNPキャリアでMNP切替を完了した後でSIMカードを送付するのでSIMカードが
  届くまでMNP元のスマートフォンが使えなくなるそうですが、mineoの場合はこの
  切替作業を申込者自らがやるためこのタイムラグがありません。非常にありがたい
  話です。
 ②届いたSIMカードをあらかじめ準備した端末に挿します。しかしまだ電源は投入しません。
 ③mineoのホームページからマイページにアクセスし「MNP転入切替/回線切替手続き」を
  選択。届いたSIMカードのID番号を入力して「回線切替」を押すとついにMNP切替が
  始まります。切替が完了するまで約30分は端末の電源を切ったままじっと待機です。
  なおこの操作は9:00~21:00の間のみ可能なので注意。
 ④30分経ってからついに新端末の電源を投入。初期設定でgoogleアカウントの設定を
  するのですが、この時点ではLTE回線が繋がらず通信ができないため、設定のいくつかを
  スキップすることになります。
 ⑤マニュアルの記載に従ってネットワーク設定を実施する。マニュアルにはmineoが提供
  している端末でのやり方のみ記載されているので、違う端末の場合は自力で読み替えて
  設定していくことになります。このあたり初心者さんは厳しいかも。
 ⑥ネットワーク設定が完了したら、この端末から所定の番号に電話をかけます。音声
  ガイダンスで切替手続きが完了しましたと聞こえればネットワーク設定が上手くいった
  証拠です。
 ⑦先ほどスキップしたgoogleアカウントの設定をやり直し、WiFi設定も行います。
  この時アドレス帳の適用を選択することで、あらかじめ同期しておいた電話帳が
  この端末にも適用されます。
 ⑧自宅のネットワーク環境とWiFi接続した状態で端末のソフトウェアアップデートやら
  アプリケーションのインストールを実施します。WiFiを使用しないと通信量が多すぎて
  本格仕様の前に容量を使い切りかねませんので。

とりあえずモバイルSuicaだけはきちんと設定してからお出かけ実施。IC自動改札は
問題なく通過できました。MVNOでもモバイルSuicaがきちんと使える!という事実は
MVNOしたいと考えている人の大きな後押しになるのではないでしょうか。

10/27(月)
SIMカードとは別に契約内容の詳細を記した登録証が郵便で届く。mineoドメインの
メールアドレスも付与されていますが、私はスマートフォン用のメールアドレスを
Gmailで統一してしまったので当面使う機会はなさそうです。

そしてモバイルSuicaと並んで気になり、昨日試し忘れたテザリングを試します。
iPod touchを使用して接続してみると、これがあっさり繋がり問題なし。
これでほぼ全てのチェックが完了したことになります。

非常に長い文章になってしまいましたが、目的をきっちり果たせたことで非常に
うれしい気持ちでいっぱいです。これからmineo回線を上手く使っていきたいと思います。
『モバイル機器』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ついにドコモからmineoにMNP... | トップ | コミックマーケット87にサー... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
【手続き実録】au KDDIからMVNO mineo(マイネオ)へのMNPキャリア変更 (ハマる生活)
 前回の記事で、mineo(マイネオ)にキMNPャリ変更する理由を述べたわけだが、本記事では自分がmineo(マイネオ)にMNP変更手続きした時の日時経緯、気がついた点などについてメモしておく。[推敲度 2/10]  大きな流れは以下のとおり。