young流PC工房

PC自作マニアにしてガジェットマニアの私が趣味で手を出したり出さなかったりした色んなガジェットの話を中心にしています。

PlayStation VRとハイレゾヘッドホンMDR-100A(初音ミクモデル)買いました

2016-10-14 01:23:15 | アニメ・コミック・ゲーム
10月13日、ついにPlayStation VRが発売になりました。運良く予約出来た私は仕事を
定時で上がってすぐに引き取りに行き、帰って早速セットアップしました。

かなり大きな箱にたくさんのパーツが収められていますが、大判のセットアップ
マニュアルに非常に丁寧な各部品の接続の順番とやり方が記されていて、まごつく
ことなくセットアップが出来ました。ただケーブルがかなり増えるので、取り回しを
考える必要はありますが。そして初めてヘッドマウントディスプレイを被ってみたの
ですが、形状が非常によく考えられています。眼鏡を掛けた状態でも違和感なく被る
事が出来、またヘッドマウントディスプレイの上からヘッドホンを掛けても干渉
しません。ここで同日に通販で届いたハイレゾヘッドホン、MDR-100Aの限定デザイン、
初音ミクモデルが役に立ちました。ヘッドマウントディスプレイにジャックが存在
して、標準添付でイヤホンも付いてくるのですが、やはりヘッドホンの方が没入度が
高くて良いと思います。

ヘッドマウントディスプレイを被った状態でPlayStation4を起動すると、メニュー
画面がまるで映画館の最前列でスクリーンを見ているような状態となり、首を振ると
視点もそちらへ向きます。スクリーンの外は真っ暗で、実際映画を見るのにも向いて
いそうです。そしてVR対応ソフトを起動すると、今度は目の前にスクリーンがある
状態から視界全体がVRの世界に移ることになるのですが、この没入感が非常に高い。
「バーチャルリアリティ」という言葉が世に出てきてから随分経ちますが、今回ほど
その言葉を強く意識したことはありませんでした。まず2本のソフトを試してみました
ので、その感想も書こうと思います。

・アイドルマスターシンデレラガールズ ビューイングレボリューション
舞浜アンフィシアターを会場としたライブステージを見る作品。特徴的なのは設定と
して自分の身長と両手に持つサイリウムのパターンが存在し、「自分が観客席に
立っていたら」というシミュレーションがより厳密に出来るようになっています。
自分の立ち位置は「正面2列目」「左右斜め最前列」「左右最前列」「正面後方」を
いつでも変更可能で、身長を低くすると後方席からよく見えないといった事実を
再認識させられます。なおサイリウムを振るアクションはコントローラーのボタンを
押すか、PlayStation Moveを使うかの二択になりますが、没入感を考えるとMoveを
使うべきでしょう。

現状3曲・15キャラのみの収録ですので、今後の追加に期待したいところです。

・初音ミクVR フューチャーライブ(デモ版)
無料のデモ版として提供されている初音ミクのVRライブソフトですが、機能が凄い。
何より自分の立ち位置のバリエーションが非常に多く、何と「ステージ上の初音ミク
真正面」という文字通り手を伸ばせば触れそうな距離や「ステージの真後ろ」など
まさにVRだからこそ可能な遊びが出来るようになっているのです。バーチャル
アイドルらしくステージごと空を飛ぶといった現実ではあり得ない演出では思わず
首を上に向けて追いかけてしまいますし、サイリウムは握ったコントローラーを
振る動きに連動するのでその場で応援している感も凄い。思わずフル機能版を
買ってもいいかもと思ってしまいました。


とにかくファーストインプレッションとしては「凄い」の一言。今後の対応ソフトの
充実には期待したいところです。
ジャンル:
シミュレーション
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ZenPad3 8.0 Z581KLを使って... | トップ | PlayStation VRにPlayStation... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL