過行く時間を大切に・・・60歳からの私

膠原病の療養の為に都市を離れ山間地で一人暮らしを始め、ゆったりと流れる時間の中で60歳から見え始めた思いを綴っています。

大人が生きられなければ 子供達は・・・?

2017-05-03 12:24:39 | 今を生きる

下記の記事のように老後の生活が年金では賄えず、年金が貰える人はまだ良い。

年金制度にも不安があり、介護保険も不安があり、団塊世代2世達は

非正規雇用と労基法違反の職場でも役所の監督はスルーされる中で働き

家庭を持っても常に不安と背中合わせではメンタル的にゆとりが持てず

子供を持つ事も、子供に十分な教育(学業+情緒的社会教育)を与える事は困難な世の中。

老後の為に蓄えをしなければ 大人が生きていけないのだから

子供の養育放棄、虐待などの犯罪が起きたとしても100%責められるだろうかとも思う。

私の住む公営住宅でも、夜9時10時に車から母親と子供が下りてくる声を耳にする。

最初は偶々?と思っていたが・・・母親の仕事の都合で子供達を学童保育か若しくは

知り合いに預けているようだ。

朝、子供を叱っている声が聞こえる。寝坊した子供達を母親は叱りながら学校に送って行く。

子供達が朝食を摂ったか?忘れ物は無いか?寝坊する理由は明らかに就寝の遅さと摩る。

この母親も子供達も誰が責められるだろう?

ベッドで微睡みながら親子の帰宅を耳にするとき、かつての私を思いだして涙がでる。

生きる為に遅くまで働き、朝用意しておいた夕食を子供達だけで食べさて寝かせる事も、

それすら出来ず、小学生の長女にお金お預けて適当に食べさせていた鬼母だった。

子供を毎日預ける所もなかったから仕方ないでは済まない。

良く、事故も犯罪も起こさず成人してくれたと 見えない善意に感謝できる歳になったが・・・

長女は生育をトラウマとなり看護師の資格を取り准公務員の道をすて専業主婦になった。

福島県いわき市に住む彼女が私に背を向けていても、6年前の北関東震災の時に

3人の子供の命を守り通した事が私の心の救いなのかも知れない。

私は聖書も教会も縁なき人生だったが、祖父母の影響で仏教の知識はそこそこ身に染みている。

私はこの町に来た時、まず某寺院を訪問し母の遺影と共に参拝した。

それが、母の私への遺言であった。

又、母は実家の13代目の跡取りで出家・得度を受ける運命にある事を誰かは分らないが

母に告げたようで、父が64歳で逝った後、しきりに仏門に入る運命を恐れ私に話す。

長男オンリーの母がこういう身上的な事は必ず私に言うから可笑しな物だと思いながらも

無視できないのが 「私の悪い癖」

私は某寺院で在家出家として得度を受け法名を頂いた。

日ごろは何もしない生臭い人間だが、両親の最期の言葉を聞く運命であった自分にできることは

身代わりで彼岸の世界で両親・先祖が安泰であればそれで良いと思っている。

33歳で離婚し、今こうしてあたかも自力で生きているような私が、実は、神仏・先祖の

加護と見守りで生かされているのであって、両親の最期の言葉を実行するのが

夫を持たずに通した宿命なのかも知れないと思う。

出来損ないの親子が、ハラハラしながらも生きて来て多分、前記事の男性のように

行政からも医療からも見放され孤独死に至る事はないような気がするから

まっ~ いいか! 

 

追記*先の投稿で 市役所に署名陳情に行ったのは

   保険料未納者から健康保険証を取り上げる制度に反対するもです。

   保険料を払わないのでは無い。払えない位困窮している人が山間部にはいるのです。

   結果、未納者の再調査と3か月間の暫定保険証が発行される事になりました。

   それでも3割負担で病院に通院を躊躇う人が多くいるのが現実です。

   医療費はどうにか工面できても高額な個室しか空いて無いとのたまう病院がある。

   私は昨年の肺炎で1日1万2千円の部屋に入れられたが、次に高額な部屋しか

   空いて無いと言われたら、そそくさと退院しようと思う。

   少額の生命保険に入って居たから多少は助かったが、ケアハウスから退去、引っ越し、

   肺炎での入院でかかった費用で使ったカードの分割が やっと済んだ所です。

 

 

ジャンル:
モブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三島さん いつもありがとう... | トップ | 心の疲れた時には 自然の恵... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
世の中うんざりな事ばっかり (三島)
2017-05-03 17:27:03
高齢や年金生活者になるとアパートに入居もできなくなるとみんなの介護サイトのコメントで目にしたけど、そういう事情から叔父も東京を離れてたどりついた茨城県で5万もするアパートにしか入居できなかったのかと憶測されました。

借金はあれど貯金はないとか苦しい事ばっかりの傍らには生い立ちから金亡者になったか、気質体質がもともとそうなのかに加えて悪運が強いと平気で人を騙してマルチ商法に勧誘までして札束を広げて自身のブログで見せびらかす○○姫さんも銭ケバだろうかと思えました。
聖書を信じれば人を騙して不正なお金を溜め込んだ金亡者も滅びる事になっているけど神仏など信じないからやりたい放題だろうと。
一瞬にして天地を変え人を滅ぼす絶対者がいてくれないとこういう悪人を裁ける存在はいないです。


世の中はあれこれと侘しいことばかりなのに反して職場で休憩時間中に皆テレビで見ているのはまったくくだらない芸人達の番組ばかりで、真面目な番組のチャンネルは面白くないと切り替えるんです。
私はバラエティー番組など見る気もせず浮いてしまいます。
何の才能も社交性もない私は隠居生活で引き篭もりで
聖書を読んで暮らす生活が憧れだけどそういう事すら叶いません。

コメントを投稿

今を生きる」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL