過行く時間を大切に・・・60歳からの私

膠原病の療養の為に都市を離れ山間地で一人暮らしを始め、ゆったりと流れる時間の中で60歳から見え始めた思いを綴っています。

ドクターの顔を見るだけで・・・・

2017-03-07 17:38:03 | 医療と患者

前回の受診から わりと調子良く過ごせたのに

抜歯の後、便秘ぎみになりお腹が張って苦しくなってきました。

下剤はいつも処方して貰っているのですが、急降下が心配で

抜糸を済ませてから下剤を服用。1錠でダメ 2錠でダメ3錠で

急降下です。昨日は食欲も無く、ブスコパンを1錠飲み横になっていたが

すっきりしません。4時間以上空けないと追加では飲めないので

気を紛らわす為にテレビを付けても 気分が重い。

早めに軽く夕食を摂り 服薬して眠りにつきました。

朝、腹痛で目覚め・・・どうしよう・・・

バスで行けるかしら?タクシーだったら1万円近く掛かるし・・・

とりあえず身支度をして、バスで行って具合が悪くなったら降りて

タクシーに乗り換えよう。

近くに、助けを求められる友人ご夫婦がいるのですが、

電話をしたら、仕事がなければすぐに来て病院まで行ってくれる方ですが、

一昨年脳梗塞を起こし右手足にしびれが残っているというのに

私の為に運転をお願いするわけにも行きません。

ケアハウスからの引っ越しと肺炎の入院ですっかり散財してしまったので

今はできるだけ引き締めて挽回しないと・・・。

7時半のバスで無事到着。エコー検査室に向かいました。

最初は若い可愛いい新人男性技士が一通りエコーを滑らせて所々撮影、

その後、50歳台位の技士に変わり再度検査。

明らかに手際の違いが分かるが、新人の実習の必要性も理解出来るし

こうしてベテランと組んでの検査には安心感があります。

それから待つこと1時間半、やっとY先生の診察になりました。

腎嚢胞・肝嚢胞を指摘されました。去年の検査でも指摘されたことなので

驚きは無かったのですが、パソコンの画像をチラ見すると嚢胞が大きく

なっているような気がして・・・Y先生は素早く私の顔色を読んだのか?

「検査お疲れ様でした。私は、問題あればはっきり言いますよ、今は大丈夫です。

異常を感じたら すぐに電話していいですからね」とテキパキ答えて下さる。

朝 腹痛で迷っていた事が 半分解決したような気分です。

信頼するドクターの顔を見るだけで・・・帰りの足取りは少し軽くなりました。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医療の現場・・・麻痺してい... | トップ | ヒゲじいさん 読者登録有難... »

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL