過行く時間を大切に・・・60歳からの私

膠原病の療養の為に都市を離れ山間地で一人暮らしを始め、ゆったりと流れる時間の中で60歳から見え始めた思いを綴っています。

三島さん 貧困のテーマありがとうございます。

2017-02-09 06:58:48 | 読者コメント

貧困の格差。 

(三島)2017-02-08 17:31:55

タクシーに時間にして約7分の距離を乗車して私の住む地域では2500円取られます。
ですが車を所有する人が一般的になってこれでもタクシー乗務員の給与はとても安くて知り合いの月収は税込みで12から13万でした。
タクシーの会社も今では限られた数しかない感じです。


生活に困窮する人の裏で僅か3ヶ月で1億の荒稼ぎとか、400億の仕事が入って来たとかそんな女性のブログもあり、堂々と更新の度に顔写真まで掲載していることが普通です。
ある所には雪だるまのように資産が増えて、ないところには全くない。
人を半ば騙すようにしてせしめたお金で日経や株やFXで倍にする事は可能ですしね。

聖書の言葉もこのような事を知るたびに真実だとその度に思います。
資産家や身分の高い者も低い者も自分の意志にはほとんどよらず神の定めた宿命だと思っています。
いずれ審判の時が来て貧困と富裕層の立場が逆転する事を願っています。

400億の仕事が・・・本当だとしたら 国税局が見張ってるでしょうね。

高齢者を狙った詐欺で得たお金で、立派な家を建て、優しい家族を持ち

安泰で健全な人生が送れるとは思えませんし、あってはならないと思います。

                    (ソフィア)

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 一筋縄ではいかぬ歯の治療 | トップ | 過去 現代 未来の豊かさ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL