過行く時間を大切に・・・60歳からの私

膠原病の療養の為に都市を離れ山間地で一人暮らしを始め、ゆったりと流れる時間の中で60歳から見え始めた思いを綴っています。

心の疲れた時には 自然の恵みに心ゆだねて

2017-05-03 23:15:00 | 新たな生活の場所

 私の住む公営住宅です

 

団地のお隣さんの花に心癒されています

  

   

  キッチンから見える坂道の上の桜

                        電動カートで登ってみました。

                        この町は薪ストーブがまだまだ使われています。

                        雑木林の手入れを兼ねて薪作りをしています

 坂の上からの眺望です

 

 

ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大人が生きられなければ 子... | トップ | 私の爪どうしてくれるの »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

新たな生活の場所」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL