過行く時間を大切に・・・60歳からの私

膠原病の療養の為に都市を離れ山間地で一人暮らしを始め、ゆったりと流れる時間の中で60歳から見え始めた思いを綴っています。

たった5ヶ月で逝ってしまった先生

2017-04-19 15:23:36 | 医療と患者

昨日 メンタルクリニックに行き とてもショックを受け まだ引きずっています。

私がこのクリニックに懸かるようになってから2年位して やっと空きが出来たとの事で

在勤のカウンセラーと三月に一度位 ドクターとは違った方向で悩みや不安などを

話し、カウンセラーの助言を利用し自分なりの方向を見つけて生きてきました。

カウンセリング料金は50分で5800円と 安くはないので三月に一度が精一杯でしたが

50歳位のカウンセラーは 年下のお兄さんのように

「いいよー 思った事話してくれて聞いているから。

ケアハウスの職員が そういう言い方をするのは 偶々?日常的? そうかそれは嫌だよね。

眠れないのは困るね。その職員の事 言葉は悪いけど 無視するって方法もあるけど 

そのあたり どうなんだろうね。試して見る?」

こんな 会話を通して 私は心を開き5年余りの月日の中で 敢えて隠している事は無い位

ドクターと同じ位に信頼関係があったと 振り返ります。

 

昨年8月のカウンセリングの時

いつもと番う彼を感じていました。

爽やかな・・・お風呂上りのような香りがする笑顔で キラキラ輝いて

「じゃ~次の予約は何時にしようか?

施設とぶつかるのも、避けて逃げるのも 私は人間の価値を左右しないと思っているから

居心地のいい生活をする方法 次までにちょっと考えられるかな?」

それが最期の会話でした。

9月に受診に行くと 事務さんが「T先生ね 黄疸がでて療養する事になったので

他のカウンセラーの紹介もしていますが どうなさいます?」と。

「私 T先生のお帰りを待ちます」と即答しながら 何故か?

膵臓癌で もうこの世の人では無くなって

     キラキラ光る道を歩く後姿が感じられたのです。

 

ケアハウスを出る事も、息子の問題もT先生に話す事は無く ケアマネさんの精一杯の

努力で私は 新しい道を歩き始め カウンセリングの事もお金がかかるのであえて

クリニックに聞く事はしませんでした。

 

昨日 偶々、ドクターに体調が良くない事を話し息子や娘の事などが胸に刺さったままで

居る事から カウンセラーのT先生の名前を口にしました。

ドクターは私の眼をのぞき込むように「T先生の事 聞きました?」と小声で聞いたので

何の根拠も無く「膵臓癌で闘病中では?」と言うと

「手術が出来ると言うので希望を持っていたのですが 1月30日に

術後 急変して亡くなったのです。T先生の話が出たから お話ししましたが・・・

研修生が一部の患者さんを診ていますが、ベテランのカウンセラーを探していますので

・・・私で良かったら いつでもお話し 聞きますよ」そう言いながら見送ってくれた

ドクターの優しさが 私が 大切な人の一人を失った事を尚辛く感じさせました。

 

8月の時のT先生は 

確かに 湯上りのような爽やかな顔で、力強く キラキラしていたのです。

情報は事務さんの言った黄疸という症状だけなのに

膵臓癌の手術をして そのまま旅立ってしまう事を無意識の意識の中で感じていました。

 

一患者と医療従事者の関係に過ぎないのに なぜこんなに悲しいのでしょう。

年下のお兄ちゃんのように ずっと甘えられると思って居たからでしょうか?

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 様々な環境と価値観 | トップ | 理想の高齢期を探して »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
復活する時が来ると信じたいです。 (三島)
2017-04-19 19:51:26
聖書の神は天地万物創造の全知全能の神なので
その神を信じる私は
この先生は必ず永遠の命を受けて、千年王国又は次に訪れる新天地に変わる時に復活すると信じていますけどね。
信仰のない人はこの世の事しか見ないけどそれはとても空しい事です。
寂しいですね。 (クレマチス)
2017-04-20 23:25:33
どんなに寂しく悲しい気持ちだと思います。

実は私も過去同じ経験をしました。

ストレスからいつも通院してた内科の先生が
とても話しやすくて優しい先生でした。
体以上に私のストレスの話を聞いてくれて
どんなにその先生に甘え救われました。

しばらく行くこともなくて風邪ひいたので行ったら
先生は、肝臓がんで亡くなってました。

驚きました。まだ40代初めの年齢で、しかも
亡くなる直前まで診察していたと・・・・・

先生はやはり私が思って以上の立派な方だったのだと。悲しさ以上に支えを失った気持ちが強くて20年前なのに今でも先生の顔思い出します。

トピ主さんの気持ちも理解してくれてたはずだからカルテにしっかり書かれていると思いますよ。
だから今度の先生とも大丈夫のような気がします。

寂しい中、素敵な先生と出会えた事を思い出にして、お体大事にしてください♪

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL