過行く時間を大切に・・・60歳からの私

膠原病の療養の為に都市を離れ山間地で一人暮らしを始め、ゆったりと流れる時間の中で60歳から見え始めた思いを綴っています。

体調の良い時間

2017-06-18 05:31:39 | 医療と患者

朝 5時・・・一日の中で一番体調の良い時間です

しだいに体が重くなって 眼瞼下垂が始まって 疲れてきます。

気持ちも散漫になり、趣味の 裁縫もはかどりません。

簡単な食事を作って食べるのがやっと・・・・

 

この異常な疲労感は ひと月前位からひどくなった気がします。

夕方6時には目を開けていられないくらい ぐったりしているのも

ひと月前からひどくなったような気がします。

 

先日神経内科を受診し 重症筋無力症を疑っての検査を受けました。

結果は28日です。

 

肺炎の後少しづつ ステロイド剤を減らし5mgから 今2mgです

ステロイドを減らしてから この症状が強く出てきているように思います。

重症筋無力症も自己免疫不全疾患で治療薬はストロイドのようですから

5mgのころには何とか症状を抑えられていたのが2mgでは無理になって

きているのかもしれません。

膠原病の主治医は 肺炎の後 ステロイド剤を服用していると肺炎になりやすいから

減らしていきましょう・・と言われて減量したのですが

かえって体調は思わしくなく、 これが「医者の匙加減」というものでしょうか?

通院の翌日は頭も持ち上がらないくらい疲労しています。

やっぱり・・・なにか・・・変です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« タンバタンさん コメントあ... | トップ | keiichiさんコメントありがと... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL