過行く時間を大切に・・・60歳からの私

膠原病の療養の為に都市を離れ山間地で一人暮らしを始め、ゆったりと流れる時間の中で60歳から見え始めた思いを綴っています。

眼科受診

2017-07-15 18:56:31 | 病と共に

早朝の爽やかさも 流石に7時過ぎると暑い今日でした。

ベランダに出ると空気が澄んでる分 日差しが肌をさします。

もう薬も無くなって来ているので眼科受診に行こうと思い

身支度をしました。いつもだったら駅まで歩き電車で2駅、

又10分位歩くのですが、体調に自信がなかったのでちょっと贅沢で

タクシーを呼びました。片道2700円。

9時から診療ですが8時半に着くと 患者さんが10人位は

来ていました。

定期的な診察ですが 専門医の資格を持つ院長先生の診察だったので

眼瞼下垂がある事と白内障・ドライアイの関係を質問してみました。

重症筋無力症を示唆する言葉があったので、一応神経内科を受診し

抗体が出ていないので否定との診断だった事を話すと

院長先生曰く

・・・最近の医者は検査だけで判断して診察の手抜きをする・・・

症状が出ている時に診てみないと何とも言えないが、よく観察して

辛かったら来るように・・・と言われ 心が救われた気持ちです。

重症筋無力症も膠原病の一つなので 全く否定はできないのです。

目薬も4種類 日に3回は注さなければならないので 寝室と

ダニングに常に置いて置きます。

今週の「お仕事」終わりました。

来週は国立医療センターの消化器内科受診です。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 不注意から ご迷惑をおかけ... | トップ | 桜井さん コメントありがと... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お大事に (桜井結奈(さくらい、ゆうな)☆)
2017-07-15 20:41:39
良いお医者さんでよかったですね。
お大事になさってください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL