過行く時間を大切に・・・60歳からの私

膠原病の療養の為に都市を離れ山間地で一人暮らしを始め、ゆったりと流れる時間の中で60歳から見え始めた思いを綴っています。

静かな日々を楽しむ

2017-07-16 18:52:36 | 新たな生活の場所

この町に転居して もう9カ月半がたちました。

連休のせいか?子供達の声も、宅急便の車も見かけません。

私はこの住まいに来て あえて隣人との交流を深めないと決め

出会った時の挨拶程度にしています。

ケアハウスに入る前に住んでいたマンションでは同年代で

女性一人暮らしの方二人と親しくなり 月に一度我が家で

それぞれ持ち寄ったもので飲み会をしていたのですが

人の心の裏表に疲れました。二人の女性はある宗教に属し、

私を勧誘し上席の方まで連れてくるようになって断ったことから

気まずくなりました。別の友人はある政治政党活動に私を引き込み

お酒もそうそう飲めず、政治活動に参加する体力もない私ににとって

唯々 疲れるだけの経験をしました。

本来の目的・・・心身の療養のための生活を考えると

近隣の方々との交流は最小限に・・・そう決めて暮らしています。

今は静かな日々が流れていきます。

山頂から雨雲が沸き上がり 今夜は雨になりそうな夕暮れ時

身体は不自由なところがあっても、こころはとても解放的に

自由を謳歌しています。昼間はネットで安くなった生地を購入し

自己流ながら洋裁をして下着とパンツ以外はほとんど自作品です。

疲れたら一休み。気分転換にキッチンの掃除をする。

掃除や洋裁が義務であった時と違って、気分次第で気分転換でする仕事は

心を軽やかになります。

自分の事は出来る限りこうして賄い暮らしていける事を

幸福と言うのでしょうか。

分相応の幸福・・・それは 束縛されない心のままに生きる事。

最近 自分の置かれた人生の道のりをそう思うようになりました。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桜井さん コメントありがと... | トップ | 桜井さん 野の花さん コメ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お幸せに☆ (桜井結奈(さくらい・ゆうな)。)
2017-07-17 12:10:28
きょうのブログ拝読しました。 
『分相応の幸福』----わたしも、そのように思います。
ソフィア様が、身のまわりのいろいろなものを、お作りになられること、感心いたしました。
毎日が、静かな日々であること、、、、これに越したことはありません。---私もそう思います。
ソフィア様のお幸せ☆をお祈りします。

☆涼風や、静かな幸に、感謝せし☆
はじめまして (野の花)
2017-07-18 07:01:17
おはようございます。以前よりそっとおじゃまをしています。静かな日々が訪れたこと安心しました。ソフィアさまのブログに励まされ一日を過ごすことができ感謝をしています。ありがとうございます。自分だけの洋服うらやましいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL