過行く時間を大切に・・・60歳からの私

膠原病の療養の為に都市を離れ山間地で一人暮らしを始め、ゆったりと流れる時間の中で60歳から見え始めた思いを綴っています。

理想の高齢期を探して

2017-04-20 20:48:29 | デイサービス

 

  体調不良&連日の通院疲れがで気分が少し重かったのですが

     先週 ディを休んでしまったので 気合で行くぞ!!

 

午前中はヘルパーさんと一緒に洗濯・蒲団干し・掃除・・・

1時間はあっと言う間に過ぎてしまいますが、一人暮らしには貴重な時間です。

昨夜の突風で 花粉も無く、青空と暖かな陽ざしに毛布と掛け蒲団を1時間干して頂きました。

情けない・・・3階のベランダに毛布と羽毛の軽い蒲団を干す力も無くなってしまったので

木曜日は晴天であって欲しいと 願うばかりです。

 

昼食を摂り、13時半にディのお迎えの車が来るまでちょっとだけ横になって・・・

いざ 出陣です。

車で約20分 少し緑色を帯びた山の色 八重桜の華やかなピンクに季節を感じながらの時間は

フリーウエィで、気持のスイッチが切り替わるミラクルタイムです。

ディは小規模機能訓練型なので3時間 びっしりメニューが組まれていますが それでも

ティータイムなどにお仲間との会話は心身が癒され、見るからに私より重度の障害がある方も

心の奥は計り知れない事ですが、賢明に機能訓練をし 生きる事に前向きな姿を見ると

「もう すべて 終わりにしたい」とは けして言えない空間です。

 

ディに着くと 先ずバイタルチェック

3便位で 皆さんが揃うと 準備運動を約50分行います。

バレーボール位の大きさのビニールボール 柔らかい幅広のゴム(スポーツタオル位の大きさ)を

使って全身を解きほぐし ちょっと汗をかいたところでティータイムです。

メニューの中から好きなものをオダーして 作って頂きます。

    

コーヒー 紅茶 昆布茶 煎茶  などなど・・・

ウオーターサーバー とアンバサダー 使い捨てカップで都度作って頂きます。

私はジャスミン茶1回 コーヒー1回 冷水1回 が定番です。

塩分 糖分補給にお菓子が適量 準備運動の後に皆さんと賑やかにおしゃべりをしながら

頂いています。

休憩が終わると それぞれの身体状況に合わせてプログラムされた運動。

結構 ハードでも 「皆で渡れば怖くない」心境なのか?出来てしまうのが不思議。

 

怠け者の私が好きなのは ウオターベッドとマドラーで脚・背中を刺激しながら

微睡む時です。

 ウオターベッドの中には 適温の湯が回流しジェットバスのように

ボコボコ 全身をもみほぐすうように刺激が移動し 肩こり腰痛を忘れてしまいます。

 

 

マドラーは両足にファスナーの開閉式のブーツのようなものを着装し

電流で 揉み解すように作動するので 腿 脹脛の血流が良くなり

気分は 最高に快適です。

 

介護保険を利用した機能訓練なので 私は送迎込みで1日426円程

お茶 お菓子は別途1日100円  月3000円未満で心身のリフレシュは

一人暮らしの私にとって スイッチの切り替えに大切な役割をしています。

 

まだ、ディサービスを老人保育園の認識が強い地方でも 今若い感覚で

介護保険の有効利用で「死ぬまで元気で生きている」を実践し始めた事は大きな進歩です。

 

プライバシーの保護もあり 写真の修整が出来次第 機能訓練の様子を紹介したいと

思っています。

高齢者の誰もが、施設で何年も寝たきり生活を良しとは思ってはいません。

ホテルのような外観の特養施設で オムツを決まった時間にしか取り換えて貰えず

猫まんまのような刻み食をスプーンでホイ ホイと入れられて 流し込まれ

味わう楽しみを失い味覚が低下し 待遇が悪いのは介護保険制度の問題と責任転嫁して・・・

施設にも入れない人は老々介護で「すまないね~」を日に何度も念仏のように唱え

心身共に暗闇に落ちて行かざる得ない人々。

ほんの少し、やり繰りして作れる金額で健康寿命を維持できる

ディサービスがある事を

増えつつあることを 

選択できることを知って頂くために 

適齢になったら介護認定調査を受け

ケアマネさんや自治体から介護保険の有効利用の情報を得て頂きたいと思います。

 

四季の変化に喜びを感じ、友と語らい、食事を美味しく摂り、

一時でも 病の苦しみから 自分を解放する事で

束縛されない自由な生活の中で老いた事を受け入れ 

其れなりの幸福感に浸る事が可能なのです。

 

最期に「良い 人生だった」と言うから、涙を一つだけ溢して欲しい。

         (さだまさし 関白宣言のコピー)

これが 高齢期を生きる人々の本心ではないでしょうか?

 

 今日はディで疲れているはずなのに 気分はハイになっている私です。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« たった5ヶ月で逝ってしまっ... | トップ | 三島さん クレマチスさん ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
加護があるし又道は開けるを信じて! (三島)
2017-04-22 11:04:01
自分の現在の状態で不安になる事があると全て終わりにしたいと思う事は私にも何度もあったので気持ちは良く分かります。
そのような試練の時にはとても不安になりますが道は必ず開けてくる事はソフィアさんも何度も経験済みだと
思います。
誰しも自滅してしまう程ではなく必ず加護はあるものです。
義理の姉さんの事にしても悔い改めと改心をされた感じでメールが来るなど確実に良い方向に向いている事でもその事が分かるでしょう!?
良かったと思いました。

出エジプト (三島)
2017-04-22 11:16:30
旧約聖書の出エジプト記にある実話ですが
奴隷になっていたイスラエル人を神の導きでモーセが率いて救済する場面があるのですが、神は紅海に道をつけてそこを人々に渡らせて敵から救済するんですが後から追ってきた奴隷にとっていた人々を再び海に戻して道がなくなってしまい敵は海の中に落ちて死ぬという場面、弱者の強い創造神は偉大なりです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL