エルサルバドルの火山に謎の発光体…地底人UFOが知らせる大噴火の前兆!?

こちらの動画は南米エルサルバドル東部のサンミゲル火山の麓で撮影されたものである。 暗い中、オレンジ色の丸い光が火山の周囲に出現し、ふわふわと横切っていく様子が映し出されている。 火山なので噴石のようにも思えるが、落下せず横一直線に飛び続けるあたりが不自然だ。また、一見飛行機のようにも見えるが機影などは確認できなかったという。では、発光体の正体は何なのだろうか。 この動画はネット上に公開さ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

江戸の奇譚【天井の生首】

 江戸時代の文献、「三州奇談」に奇妙な話が紹介されている。  石川県金沢に居を構える寺西家の寝室が、妙に臭うようになった。生臭いというか、物の腐ったような匂いがする。不審に思った家人たちが総出で家捜しすると、天井裏になんと14、5歳ぐらいの男の生首が置いてあるのが発見された。  いったい誰が置いたのか、いつから天井にあったのか、そもそもこの首は誰なのか。  疑問は尽きなかったが全ては不明のま . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ひ孫を見守るお祖母ちゃんの霊!?見ただけで心が温かくなって感涙する心霊写真

こちらの写真はある母親が、庭で風船を手に遊んでいる小さな娘の様子を写真に撮ったものだ。 しかし、彼女は画像を確認して驚いた。娘が持っていた風船はメタリックな桜色のもので、周囲の風景が写り込む形になっていたのだが、風景に写る光景の中に「その時その場にいなかったはずの人物」が写り込んでいる事に気がついた。そして、よくよく見てみるとその人物は彼女の亡くなったおばあちゃんに似ていたのである。 彼女 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

『妖怪町おこし』、それはその町と共に何十年も生きることだ!

 筆者は十数年前から、各地で妖怪町おこしを展開している。これはアメリカで始まったクリプトツーリズムに起因する。  クリプトツーリズムとはUFOやUMA、都市伝説をモチーフにした町おこしで、歴史の浅いアメリカで生じた観光学の概念である。  筆者は、青梅での雪女町おこし、岐阜柳ヶ瀬商店街での口裂け女をメインに据えたお化け屋敷、銚子でのUFO召喚実験と妖怪博物館を主軸に据えた町おこし、徳島市の都市伝 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

魔除け?それともイルミナティの証か?ヘンリー王子、謎の「ハンドサイン」

9月23日、イギリスのヘンリー王子が渡米し傷病兵らによる国際スポーツイベント「インビクタス・ゲーム」の開会式に出席。トランプ大統領の妻メラニア婦人と観戦し記念撮影した様子が報じられた。 記念の一枚は両者が並んで立つ一見ごく普通の写真のように見えるのだが、ヘンリー王子の手元をよく見てほしい。 右手をジャケットの中に中途半端に入れ、人差し指と小指だけを出すという奇妙なポーズをとっている。普通に手を . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

アプリが幽霊を認識した!?スナップチャットが反応したのは子供の幽霊だったのか

現在世界中で人気のカメラアプリ、スナップチャット。 写真や動画を撮影すると、顔に合わせてコミカルなアニメーションが展開されるため、自撮りした模様をSNSに上げる人が多い。 だが、このスナップチャットを使用すると「何もない空間のはずなのに顔を認識したかのような動きを見せる」現象が発生したりする。まるで心霊現象にも思える現象だが、よく見ると背後にある物体の黒い箇所の位置が目や口に見える配置だったに . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

もっとも原始的な生物 約6億年前の古代生物の生態に迫る

古代に生きていた生物の生態を知ることは難しいとされている。化石になってしまっているため、保存状態や質の良い化石でないと本当に生きていた時の様子が解りづらいためだ。それが小さかったり、下等な生物であると尚更だ。 ディッキンソニアは約6億年前の先カンブリア時代エディアカラ紀に海底に住んでいた数ミリメートルからおよそ0.5メートルの大きさの生物だ。この生物は1947年に発見され真菌、苔、虫、およびクラ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

天井から逆さにぶら下がり、力比べを挑む大入道 妖怪「しゅぱん」

 しゅぱんは山形県に伝わる妖怪だ。  高力小右衛門という若い武士がある夜便所で用を足して戻ろうとすると、部屋の前の廊下に何者かの気配を感じた。彼が近寄ってみると、そこには赤ら顔の大入道が天井から逆さまにぶら下がってゆらゆら揺れているのが見えた。  小右衛門は非常に勇敢だったので、恐れることなく大入道に組み付き、もみ合いになったがついには大入道を引きずり落として組み伏せてしまった。彼が大声を上げ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

外国の教科書に「ヨーダ」が…日本のものには「幽霊」が掲載されていた!?

 いったいどういうことなのか…。  サウジアラビアで使用される教科書にSF映画『スター・ウォーズ』に出てくる「ヨーダ」が元国王の隣に鎮座する加工写真がなにかの手違いで掲載されてしまったのだという。  サウジアラビアの教育省次官は責任をとらされ解任。  ヨーダ写真は同国のアーティストがおふざけで制作したもので、何故、教科書に掲載されていたのか今もよくわかっていないという。  さて、今回の「ヨ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

今なお謎に包まれた「英国国防総省の最も壮観なUFO写真」

上の写真は「英国国防総省に送られた最も見ごたえあるUFOの写真」と呼ばれた写真だ。 写真には、ジェット機と共に写っている巨大なダイヤモンド形のUFOが写っている。物体の大きさは推定25メートルあると考えられており、1990年8月4日にスコットランドはカルバインの町の近くで2人の人物が散歩中に目撃して撮影したものだとされている。 目撃者らは、問題の物体が金属的に見えたとしており、数分間ホバリング . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

季節の変わり目に風邪を引くのは妖怪の仕業!?「百いらず」&「風の神」

 急に寒くなったり、暑い日が戻ってきたりと、季節の変わり目は風邪を引いたり体調をくずすことが多い。  そんな季節と体調の変化を表したような妖怪にまつわる伝説が各地に存在している。  例えば東京都青梅市には風の妖怪「百いらず」の伝説が残っている。  山から吹きおろしてくる風にはひときわ寒く冷たい風があり、この風に当たることは非常に不吉であるとされていたため、この風が吹いてきたときはたとえ道に百 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

不気味な爪痕を残す幼女の妖怪「すじかぶろ」

 すじかぶろは江戸時代の絵師、勝川春英の『異摩話武可誌』にて紹介されている妖怪である。  奈良の遊郭で、夜な夜な赤ん坊の泣き声がしたため、不思議に思った主人が屋敷を調べた所、やせ細った見たこともない幼女が現れたという。この幼女は客が帰ったあとの座敷に入っては残り物の酒の肴にかぶりつき、やがてどこへともなく消えていったという。  夜が明けてからよく見てみると、座敷や廊下のあちこちに昨晩の幼女が付 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

都市伝説『メリーさんの落とし物』

 90年代の学校の怪談ブームの時に流行った都市伝説のひとつが「メリーさんの落し物」だ。  メリーさんと言う女の子が、雨の日に交通事故に遭って亡くなってしまう。彼女の小指はその事故で切れてしまったらしく、事故現場を探しても見つからなかった。それからというもの、雨の日になると「私の小指はどこ…」と、亡くした小指を探す少女の霊が出るようになった……。  この話を聞いた人の夢に、3日以内にメリーさんが . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

10月1日(日)のつぶやき その2

緊急SP 稲川淳二氏の十八番「怪談・生き人形」関係者独占インタビュー! 「山口敏太郎の日本大好き」#67: youtu.be/x6X5wI9ttXo @YouTubeさんから — 山口敏太郎 (@bintarou) 2017年10月1日 - 18:40 民進党解体。希望の党は安易に公認して欲しくない。枝野新党もせいぜいミニ新党止まり。辻本のリベラル発言は痛い。前原の英断は自殺行為だっ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

10月1日(日)のつぶやき その1

この表紙を見るたびに、山口敏太郎先生はチョイ役でいいから「アウトレイジ」に出演するべきだったと思いますね。 pic.twitter.com/hOzkD4UfVP — 渡辺なおみ (@aoigogatu) 2017年9月30日 - 08:48 山口敏太郎日記 龍馬 下田足跡は youtube.com/watch?v=dpjTJV… — 山口敏太郎 (@bintarou . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

     

書籍紹介

New!!

噂の芸能情報
クリエーター情報なし
星雲社

New!!

怪談グランプリ 2017 未公開! タブー怪談
クリエーター情報なし
TOブックス
超常現象のつくり方
クリエーター情報なし
宝島社
タブー討論 このUMAは実在する! ?
クリエーター情報なし
文芸社
秘・テレビでは言えなかった! 山口敏太郎の怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
TOブックス
恐怖・呪い舟~実話怪異譚~ (TO文庫)
クリエーター情報なし
TOブックス
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します3 台風人間・八咫烏のヤバすぎる正体から最新宇宙人情報まで
クリエーター情報なし
文芸社
日本史の都市伝説
山口 敏太郎
宝島社
是非に及ばず
クリエーター情報なし
青林堂
未確認生物UMA 衝撃の新事実
山口 敏太郎
宝島社
世界の怪人・UMA図鑑
山口敏太郎
大和書房
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します2 超常番組の裏側から国際情勢の闇情報まで
飛鳥 昭雄 山口 敏太郎
文芸社
怪談・呪い神 恐怖・呪いシリーズ (TO文庫)
山口敏太郎
TOブックス
世界の不思議 超怪奇ファイルXX(ダブルエックス)
山口 敏太郎
永岡書店
徳島あるある
山口敏太郎
TOブックス
人生で大切なことはオカルトとプロレスが教えてくれた
大槻 ケンヂ,山口 敏太郎
KADOKAWA/角川学芸出版
超陰謀論
ベンジャミン・フルフォード,山口敏太郎
青林堂
未確認生物 超謎図鑑
山口 敏太郎
永岡書店
霊怪スポット 戦慄の最新ファイル (KAWADE夢文庫)
山口 敏太郎
河出書房新社
放送禁止のヤバイ話 (DIA COLLECTION)
山口敏太郎
ダイアプレス
現代日本のテレビでは放送できない話
山口 敏太郎
彩図社
山口敏太郎の都市伝説 あなたの知らない世界
山口 敏太郎
河出書房新社
オカルト博士の妖怪ファイル (HONKOWAコミックス)
山口敏太郎,鯛夢
朝日新聞出版
小さいおじさん
山口 敏太郎,Sel
東邦出版
本当にいる「宇宙人」完全ファイル
クリエーター情報なし
笠倉出版社
恐怖・呪い面~実話都市伝説 (TO文庫)
クリエーター情報なし
ティー・オーエンタテインメント
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します 八咫烏・裏天皇情報から危険すぎるUMAの正体まで (2014/05/24)
クリエーター情報なし
文芸社
超嫌韓論 (青林堂ビジュアル)
クリエーター情報なし
青林堂
超最新版!本当にいる世界の「未知生物」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
図説 世界の地獄案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
江戸武蔵野妖怪図鑑
クリエーター情報なし
けやき出版
怪奇!あまりに怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
河出書房新社
世界超怪奇アンビリーバブル生物画像300 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
本当にいる日本の「現代妖怪」図鑑
クリエーター情報なし
笠倉出版社
怨霊と呪いの日本史 (KAWADE夢文庫)
クリエーター情報なし
河出書房新社
終結!!世界未確認生物UMA大全画像600 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
とうほく妖怪図鑑 (んだんだブックス)
クリエーター情報なし
無明舎出版
本当にいる日本の「未知生物(UMA)」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社

▶amazonで山口敏太郎の書籍をもっと見る

お仕事のご依頼

TV・ラジオ出演、イベント・講演、単行本・雑誌などの原稿執筆、インタビュー・対談のご依頼受付中
▶ご連絡はこちらから

YouTube

㈱山口敏太郎タートルカンパニーの公式YouTubeチャンネル
▶ご視聴はこちらから

ネットラジオ

過去の放送も以下のリンクからお聞きいただけます
▶山口敏太郎の日本大好き パート1
▶山口敏太郎の日本大好き パート2
▶山口敏太郎の日本大好き パート3◀最新の放送はこちら!

メールマガジン

有料メルマガ配信サービスフーミーにて「山口敏太郎のサイバーアトランティア ~世界の陰謀・オカルトの真実」配信中
▶お申し込みはこちらから

過去の記事

↑トップへ戻る