八甲田山の彷徨える亡霊のしわざ!?次々と軍人に襲いかかる呪い

 八甲田山は、映画「八甲田山」のヒット以来、冬場の猛威により、人命すら簡単に飲み込む死の山として有名になった。そもそも新田次郎の小説『八甲田山死の彷徨』を原作にしたものだが、これは実際にあった軍事訓練中の遭難事件をモデルにしている。  その後は遭難して亡くなった部隊の歩兵達が亡霊となり、今も八甲田山を彷徨っているとか、青森の連帯基地に行進して戻ってきたため上官が「回れ右!」と命令したため山へ戻っ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

巨大な鬼を縛り付けた手形の残る岩 三ツ石神社と羅刹鬼の伝説

日本の地名には、昔ながらの伝説に基づいて名付けられている所も少なくない。中には現在の都道府県や市町村名にもその地域の伝説が反映されているものもある。 例えば東北の岩手県の名前も、地元に伝わっている「羅刹鬼」という鬼の伝説に基づくものだ。 その昔、この地域では怪力の「羅刹」という鬼が度々現れて悪行三昧を働き、村人たちを困らせていた。困り果てた村人たちが三ツ石神社の神様に願をかけたところ、羅刹鬼は . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【動画あり】メキシコ地震発生時に謎の発光現象が観測されていた!

今月7日(日本時間8日午後)、メキシコにてマグニチュード8.2の大規模な地震が発生した。この地震により広範囲に渡って大きな被害が出た。 この時、メキシコシティにて夜空に不思議な緑と青の閃光が目撃されたとして話題になっている。 光はオーロラに似ていて、地震の直前や直後に数分間観測されたという。一見すると雷にも似ているのだが、轟音や稲妻は確認できない。 これは地震の前兆現象の一種である発光現象と . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「深夜のバカ力」で伊集院光が明言!鵺(ぬえ)の正体はレッサーパンダ説

昨夜放送されたTBSラジオの人気番組『深夜のバカ力』にて、伊集院光がユニークな仮説を紹介した。 鵺(ぬえ)の正体が、実はレッサーパンダだと言うのだ。 鵺とは平安時代に現れたとさるる妖怪で、その姿は、猿、虎、蛇、狸のパーツが、合わさって生まれたキメラ生物だと言われている。 もちろん、伝説の存在ではあるが、その正体には諸説ある・・・(この続きはこちらから) . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

各地に詳細な目撃証言の存在する妖怪「海犬」

妖怪の伝説の中には、まるで未確認生物のように正確な目撃証言があるものが存在する。 高知県や和歌山県に伝承の残る、海にすむ獣の妖怪が「海犬」だ。 高知県では、内藤惣三郎が浦役人(港の管理者)を務めていた時に目撃されている。2月1日の夜の船を出して釣りをしていると、にわかに波が高くなり、何者かが舳先(へさき=船の先)をかじっている。 怖くなって命からがら浜に帰り、翌朝船を調べたところ、幅五分の歯 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

中国のUFO事情が今アツい!?2000年代から続く未確認飛行物体リポート

 ここ数年、中国でのUFOの目撃談が多い。中国新聞社の配信によると、中国山西省・太原市で発光する謎の飛行物体・UFOが、中国東方航空山西分公司副経理を勤める劉長春氏によって目撃されたという。  しかも、目撃者・劉氏によってUFOの飛行する様子がビデオ撮影されたというのだ。事件の発端は、2004年7月6日の早朝である。  劉氏は散歩中、発光しながら上空を飛行するUFOを目撃した。仰天した彼は持っ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

台風や災害をモチーフにした妖怪たち「計蒙」と「一目連」

現代のように科学が発達しておらず、台風や天候の変化がなぜ起きるのか知らなかった昔の人は、嵐などを神様や妖怪の仕業だと考えていた。 もちろんそれは日本だけでなく、海外でも同じである。 計蒙は「山海経」にて紹介されている妖怪である。「山海経」は本来は中国各地の地理書にあたる。その土地の特色や生息する独自の生物について詳しく記述されているものなのだが、明らかに実在したとは思えない生き物の姿が記されて . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

9月18日(月)のつぶやき

砂場観世音 パワースポット goo.gl/izkTsR — 山口敏太郎 (@bintarou) 2017年9月18日 - 12:22 パワースポット 砂場観世音 goo.gl/v8Dyt1 — 山口敏太郎 (@bintarou) 2017年9月18日 - 12:47 2日かけての怪談ナイト!9月18日、19日 八丁堀怪談百物語~第二夜~開催! goo.gl/GZLe . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

     

書籍紹介

New!!

噂の芸能情報
クリエーター情報なし
星雲社

New!!

怪談グランプリ 2017 未公開! タブー怪談
クリエーター情報なし
TOブックス
超常現象のつくり方
クリエーター情報なし
宝島社
タブー討論 このUMAは実在する! ?
クリエーター情報なし
文芸社
秘・テレビでは言えなかった! 山口敏太郎の怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
TOブックス
恐怖・呪い舟~実話怪異譚~ (TO文庫)
クリエーター情報なし
TOブックス
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します3 台風人間・八咫烏のヤバすぎる正体から最新宇宙人情報まで
クリエーター情報なし
文芸社
日本史の都市伝説
山口 敏太郎
宝島社
是非に及ばず
クリエーター情報なし
青林堂
未確認生物UMA 衝撃の新事実
山口 敏太郎
宝島社
世界の怪人・UMA図鑑
山口敏太郎
大和書房
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します2 超常番組の裏側から国際情勢の闇情報まで
飛鳥 昭雄 山口 敏太郎
文芸社
怪談・呪い神 恐怖・呪いシリーズ (TO文庫)
山口敏太郎
TOブックス
世界の不思議 超怪奇ファイルXX(ダブルエックス)
山口 敏太郎
永岡書店
徳島あるある
山口敏太郎
TOブックス
人生で大切なことはオカルトとプロレスが教えてくれた
大槻 ケンヂ,山口 敏太郎
KADOKAWA/角川学芸出版
超陰謀論
ベンジャミン・フルフォード,山口敏太郎
青林堂
未確認生物 超謎図鑑
山口 敏太郎
永岡書店
霊怪スポット 戦慄の最新ファイル (KAWADE夢文庫)
山口 敏太郎
河出書房新社
放送禁止のヤバイ話 (DIA COLLECTION)
山口敏太郎
ダイアプレス
現代日本のテレビでは放送できない話
山口 敏太郎
彩図社
山口敏太郎の都市伝説 あなたの知らない世界
山口 敏太郎
河出書房新社
オカルト博士の妖怪ファイル (HONKOWAコミックス)
山口敏太郎,鯛夢
朝日新聞出版
小さいおじさん
山口 敏太郎,Sel
東邦出版
本当にいる「宇宙人」完全ファイル
クリエーター情報なし
笠倉出版社
恐怖・呪い面~実話都市伝説 (TO文庫)
クリエーター情報なし
ティー・オーエンタテインメント
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します 八咫烏・裏天皇情報から危険すぎるUMAの正体まで (2014/05/24)
クリエーター情報なし
文芸社
超嫌韓論 (青林堂ビジュアル)
クリエーター情報なし
青林堂
超最新版!本当にいる世界の「未知生物」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
図説 世界の地獄案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
江戸武蔵野妖怪図鑑
クリエーター情報なし
けやき出版
怪奇!あまりに怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
河出書房新社
世界超怪奇アンビリーバブル生物画像300 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
本当にいる日本の「現代妖怪」図鑑
クリエーター情報なし
笠倉出版社
怨霊と呪いの日本史 (KAWADE夢文庫)
クリエーター情報なし
河出書房新社
終結!!世界未確認生物UMA大全画像600 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
とうほく妖怪図鑑 (んだんだブックス)
クリエーター情報なし
無明舎出版
本当にいる日本の「未知生物(UMA)」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社

▶amazonで山口敏太郎の書籍をもっと見る

お仕事のご依頼

TV・ラジオ出演、イベント・講演、単行本・雑誌などの原稿執筆、インタビュー・対談のご依頼受付中
▶ご連絡はこちらから

YouTube

㈱山口敏太郎タートルカンパニーの公式YouTubeチャンネル
▶ご視聴はこちらから

ネットラジオ

過去の放送も以下のリンクからお聞きいただけます
▶山口敏太郎の日本大好き パート1
▶山口敏太郎の日本大好き パート2
▶山口敏太郎の日本大好き パート3◀最新の放送はこちら!

メールマガジン

有料メルマガ配信サービスフーミーにて「山口敏太郎のサイバーアトランティア ~世界の陰謀・オカルトの真実」配信中
▶お申し込みはこちらから

過去の記事

↑トップへ戻る