清王朝の女帝・西太后に襲いかかった「葉赫那拉(エホナラ)」の呪い

 以前に浅田次郎の小説『蒼穹の昴』がNHKでドラマ化された際、西太后を演じた田中裕子の熱演ぶりに驚嘆の声があがり、久々に西太后に注目が集まった。  しかし、彼女には数々の不気味な噂がある。有名なところでは、「葉赫那拉(エホナラ)の呪い」 と「人間豚」の噂が想起される。  まず「葉赫那拉の呪い」の物語は、清国の立国まで遡る。  葉赫那拉とは満州民俗の氏族の1つでイェヘ部の首長を輩出した家系の事で . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「世界が終わるのは見たくない」終末予言を信じて自殺してしまった少女

1999年のノストラダムスの予言しかり、2012年の古代マヤの予言しかり、度々注目され話題となる終末予言。  「世界が終わる」という結論はあくまで現代の我々の解釈次第で導きだされるものあり、実際に1999年や2012年に世界が終わったり第三次世界大戦が起きなかったように、予言があったとしても当たるとは限らない。むしろ割合としては外れてしまう方が高いという。 しかし、世界滅亡の予言は人々の不安を . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

「タクシーに乗り込む女の幽霊」の原型!?明治に起きた「人力車に乗った女」

有名な怪談に、タクシーに乗り込む幽霊の話がある。 夜、一人でたたずんでいる女性をタクシーが拾う。女性は陰気な様子であり、車内でも目的地を言ったきり無言で俯いたまま。やがて目的地に着いて運転手が後部座席の女性の方を振り返るが、女性の姿は忽然と消えており、座っていた部分のシートが濡れていた…。 この話は更に、目的地の家が葬儀中で遺影の顔が女性だったとか、目的地の家を尋ねると既に亡くなっていたことが . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【右脳】クリエイティブな人の脳はこうなっていた【左脳】

 皆様は左脳と右脳、どちらがよりクリエイティブだと考えるだろうか。  恐らく一般的には、右脳のほうがよりクリエイティブだと信じられてきた。「左脳は思考や論理を司り、右脳は完成・感覚を司る」という内容は、なんとなく聞いたことのある人も多いのではないだろうか。  しかし最近の研究では、クリエイティブな思考には右脳だけが重要視されるわけではないことがわかった。大事なことは、右脳と左脳の連結だという。 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

家は傾き、磁石は狂う「禁断の大地」オレゴンの渦とは!?

アメリカ北西部オレゴン州には、先住民達に「禁断の大地」と呼ばれ現代でも奇妙な現象が確認できる「オレゴンの渦」と呼ばれる場所がある。 この場所には一つの象徴的な木造の小屋が建っているのだが、小屋は大きく傾き地面に引きずり込まれたように見えるものとなっている。 小屋の周辺の草木は中心に向かって渦を巻くように生えており、小屋の中では床や壁が傾いているにもかかわらず、ほうきが斜めに傾いた状態で立ったま . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

文豪が出会ってしまった「もう一人の自分」芥川龍之介のドッペルゲンガー体験

自分とまったく同じ、瓜二つの人間が出現、目撃したりばったり出会ってしまう現象・ドッペルゲンガー。 ドイツ語で「二重に出歩く者」の意味を持ち、その人の魂が出ている生き霊の一種だとか、本人が出会うと死が訪れる等と言われている。 このドッペルゲンガーは多くの人が体験しており、歴史上の偉人たちや著名人の中にも事例が存在している。 日本で有名な事例は文豪の芥川龍之介のケースだろう・・・(この続きはこち . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

【動画】紫色のヌメヌメした皮膚の豚鼻が特徴の珍獣って?

豚のような鼻、紫がかった皮膚、豚に似た尖ったピンクの鼻先、つぶらな瞳…全体はでっぷりとしており、皮膚はヌメヌメした粘液に覆われている。この「豚鼻の生物」は一体何なのか? これはインドの西部に存在するガーツ山脈にて発見された、インドハナガエルの新種なのである。このカエルには、光沢のある紫色の肌、目の周りに薄い青色のリング模様、尖った豚に似た鼻という外見的特徴がみられている。 インドハナガエルはイ . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

9月10日(日)のつぶやき その2

@kourin0125 はい、 — 山口敏太郎 (@bintarou) 2017年9月10日 - 21:23 @yoshinoakira_50 だいぶ回復して来ました — 山口敏太郎 (@bintarou) 2017年9月10日 - 21:24 @sawasawa128 僕も今日の夕方から — 山口敏太郎 (@bintarou) 2017年9月10日 - 2 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

9月10日(日)のつぶやき その1

山口敏太郎先生が出てた番組だったかなにかでイルミナティカードを知ったんだけど この炎のまん中の形が富士山に見える 北朝鮮のミサイルが富士山に打ち込まれて~なんて事起きないで欲しい pic.twitter.com/pwkamveMC5 — 宇宙(そら)より高い鯉のぼり (@momourimaronto1) 2017年9月9日 - 07:15 倉持麟太郎ってなんでこんな聞いたことある . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

     

書籍紹介

New!!

噂の芸能情報
クリエーター情報なし
星雲社

New!!

怪談グランプリ 2017 未公開! タブー怪談
クリエーター情報なし
TOブックス
超常現象のつくり方
クリエーター情報なし
宝島社
タブー討論 このUMAは実在する! ?
クリエーター情報なし
文芸社
秘・テレビでは言えなかった! 山口敏太郎の怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
TOブックス
恐怖・呪い舟~実話怪異譚~ (TO文庫)
クリエーター情報なし
TOブックス
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します3 台風人間・八咫烏のヤバすぎる正体から最新宇宙人情報まで
クリエーター情報なし
文芸社
日本史の都市伝説
山口 敏太郎
宝島社
是非に及ばず
クリエーター情報なし
青林堂
未確認生物UMA 衝撃の新事実
山口 敏太郎
宝島社
世界の怪人・UMA図鑑
山口敏太郎
大和書房
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します2 超常番組の裏側から国際情勢の闇情報まで
飛鳥 昭雄 山口 敏太郎
文芸社
怪談・呪い神 恐怖・呪いシリーズ (TO文庫)
山口敏太郎
TOブックス
世界の不思議 超怪奇ファイルXX(ダブルエックス)
山口 敏太郎
永岡書店
徳島あるある
山口敏太郎
TOブックス
人生で大切なことはオカルトとプロレスが教えてくれた
大槻 ケンヂ,山口 敏太郎
KADOKAWA/角川学芸出版
超陰謀論
ベンジャミン・フルフォード,山口敏太郎
青林堂
未確認生物 超謎図鑑
山口 敏太郎
永岡書店
霊怪スポット 戦慄の最新ファイル (KAWADE夢文庫)
山口 敏太郎
河出書房新社
放送禁止のヤバイ話 (DIA COLLECTION)
山口敏太郎
ダイアプレス
現代日本のテレビでは放送できない話
山口 敏太郎
彩図社
山口敏太郎の都市伝説 あなたの知らない世界
山口 敏太郎
河出書房新社
オカルト博士の妖怪ファイル (HONKOWAコミックス)
山口敏太郎,鯛夢
朝日新聞出版
小さいおじさん
山口 敏太郎,Sel
東邦出版
本当にいる「宇宙人」完全ファイル
クリエーター情報なし
笠倉出版社
恐怖・呪い面~実話都市伝説 (TO文庫)
クリエーター情報なし
ティー・オーエンタテインメント
タブーに挑む! テレビで話せなかった激ヤバ情報暴露します 八咫烏・裏天皇情報から危険すぎるUMAの正体まで (2014/05/24)
クリエーター情報なし
文芸社
超嫌韓論 (青林堂ビジュアル)
クリエーター情報なし
青林堂
超最新版!本当にいる世界の「未知生物」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
図説 世界の地獄案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社
江戸武蔵野妖怪図鑑
クリエーター情報なし
けやき出版
怪奇!あまりに怖すぎる都市伝説
クリエーター情報なし
河出書房新社
世界超怪奇アンビリーバブル生物画像300 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
本当にいる日本の「現代妖怪」図鑑
クリエーター情報なし
笠倉出版社
怨霊と呪いの日本史 (KAWADE夢文庫)
クリエーター情報なし
河出書房新社
終結!!世界未確認生物UMA大全画像600 (DIA COLLECTION)
クリエーター情報なし
ダイアプレス
とうほく妖怪図鑑 (んだんだブックス)
クリエーター情報なし
無明舎出版
本当にいる日本の「未知生物(UMA)」案内
クリエーター情報なし
笠倉出版社

▶amazonで山口敏太郎の書籍をもっと見る

お仕事のご依頼

TV・ラジオ出演、イベント・講演、単行本・雑誌などの原稿執筆、インタビュー・対談のご依頼受付中
▶ご連絡はこちらから

YouTube

㈱山口敏太郎タートルカンパニーの公式YouTubeチャンネル
▶ご視聴はこちらから

ネットラジオ

過去の放送も以下のリンクからお聞きいただけます
▶山口敏太郎の日本大好き パート1
▶山口敏太郎の日本大好き パート2
▶山口敏太郎の日本大好き パート3◀最新の放送はこちら!

メールマガジン

有料メルマガ配信サービスフーミーにて「山口敏太郎のサイバーアトランティア ~世界の陰謀・オカルトの真実」配信中
▶お申し込みはこちらから

過去の記事

↑トップへ戻る