GRA 公式ブログ・サイト

GRA活動の準備・まとめ

“東京目線”で進められる震災処理

2013-12-20 21:26:40 | 日本の被災対応

大震災の数日後、ようやく電気が復旧した部屋の中、
真冬に暖房も無く、目一杯に服を重ね着して、久し振りに観たTV。
そして、そのTV番組で交わされていた言葉に僕は寒気を覚えた。

「 もし、同じ地震が東京で起きたら ・ ・ ・ 」という言葉に。

1995年 1月
未だ、被災した街の中では、押し潰れたビルの中の多くの亡骸さえ救い出せず、
無事だった人も水や食べ物に日々困っている最中なのに ・・・ 、

「 東京はそんなに大切か!? 」と


【 “東京目線”による報道の罪 】

それは、NHKの特別番組だった。
知識人や専門家が数名集まって意見を出し合う討論形式のもので、始まりこそ阪神淡路大震災の現状の報告であったが、やがては、同じ規模の地震が東京で発生する可能性や、万が一発生した場合の話題へと移っていった。

「 どんでもない話だ! 」

「 東京が行政関連機関の集積地である事は理解しているし、経済や文化の中心地だと分かっているけれど、それがどうした? 」
「 被災をして亡くなった人が居て、その方の家族の人々が悲嘆に暮れ、今なお数多くの方々が明日の生活さえ見えない不安な状況に直面しているというのに。 」

「 そんなに、東京だけが大切なのか? 」
「 人の命や生活は、暮らしている場所が異なっても、全てが等しく大切なもの 」
「 そして、国家行政は国民の一人ひとりの守り、マスコミは全国民を対象にする責任がある筈だ 」

日本を代表するマスコミが、その時点で最も必要な事柄を客観的に捉えず、
突然の災害に困惑し、家族や友人を亡くした悲嘆にくれ、日々の生活に困窮しているというのに、“東京”という 一地方だけに通じる話題へとすり替える事はあってはならない事だ。


【 繰り返される “東京目線”報道 】

“東京目線”報道は、災害時だけではなく、日常的に繰り返されている。

NHKでは、様々な製作番組の中で、広さを表す尺度に「東京ドーム」や「山の手線」、そして「東京23区」などを平気で使っている。
それらの尺度は 東京または関東地区に居住か勤務している人々に通じる表現であり、日本全国を対象に番組の製作報道する責任ある立場、ましてNHKであればやってはならない事である。

それなのに、大震災という非常事態であっても、“東京目線”は繰り返される。

2011年3月、東北地方太平洋沖地震では、人的被害が僅かな関東地方の被害状況だけを先行して報道を繰り返し、東京都内での飲料水中の放射性物質濃度の軽微な変化に報道の熱を上げたが、それは単に取材報道の容易さからと言うより、より深刻な人的被害を受け、なお健康被害が懸念される放射線濃度の環境に置かれていた人々の心情を無視した行為だ。

今年11月8日、台風30号で甚大な被害を受けたフィリピンの報道でも同様だ。
11月18日放送のNHK番組「クローズアップ現代」では、番組前半では被災状況を詳細に報道を行なったが、やがて地球温暖化の進行で日本も同様な台風被害を受ける可能性へと話題が移り、番組後半はCGシミュレーショんを交えて「東京が同様な台風に襲われると・・」と、“東京目線”による東京地方の為の報道へとすり替わっていった。

「 なぜ、東京なのだ? 」

日本に住む多くのフィリピン出身の方々の心情を考えると、一層いたたまれない。


【 “東京目線”で進む行政 】

“東京目線”で処理しているのはマスコミだけではない。行政も同様だ。

「帰宅困難者対策の為の法案」や「電気事業法改正案」が進められているのは、2011年3月の震災以降、基盤の脆弱な東京地区で多くの帰宅が困難な方が発生し、計画停電により様々な生活上の不便さを受けたのが東京を中心とする地区だったから。

仮に、1995年の震災の時の様に、東京から遠く離れた地区での大災害で、東京電力が一切の被害を受けずに電力送信を行なっていたなら、決して今回の様に法案が進んでいなかった可能性が高い事は無視してはならない。

現在もなお、防潮堤の建設、高台移住、産業構成と就業問題、そして除染や廃棄物処理場など、実際に大きな課題に直面している地区や人々の為の行政の行為と云えば、復興庁の設置や特別税の設定はあったものの、効果的に対処が進んでいる様子は無いし、それを中央行政府が検証して発表する様子もない。

つまり、東京に関わる事柄は神経質に取り扱うが、東京という地域から離れた遠くの地域の事になると表面的な対応でお茶を濁していると言える。

別な言い方をすれば、東京近辺に住む人々の声には敏感に反応して、そうではない地域の人々の声には鈍感であるのだ。
これは、沖縄問題と表現されている事案の原因であり、隣国の中国や韓国などとの領土紛争の底流に流れる要因にも繋がっていると言える。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

廃炉、作業現場解放による可能性

2013-11-12 19:40:06 | 日本の被災対応

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉作業は、当初のスケジュールから大きく遅れる事なく、ほぼ順当な進行をしている様だ。

汚水水対策でマスコミを賑わせてきたが、稼働していなかった 4号炉の使用済み燃料貯蔵プールから燃料棒を取り出す作業まで辿りついている。
( 参照サイト : 11/7付け MSN産経ニュースより

あれだけ放射線量の高い現場で、崩れ飛んだ天井の下でガレキに塞がれていた燃料プールだった事を考えれば、現場で働いている数多くの方々の苦労に感謝をするしかない。

ただ、国内だけでなく近隣諸外国から、汚染水を始めとして、あの現場での状況に不安を抱いている人が多くいるのは事実だ。

そこで提案したいのは、あの作業現場の解放だ。


【 机上の空論 】

2011年3月11日、あの災害が発生してから、あの悲惨な現場に留まり続け、少しでも被害を小さく留め、一日でも安定状態へと落ち着かせるために、自身の健康を顧みずに働き続けた人々がいる。

そして、廃炉作業を進めている今でも、数多くの方々が高い線量の被爆現場で働き続けているからこそ、私達は安心して任せていられている事を忘れてはならない。

しかし、「 東京電力が悪い 」とか「 政府の対応は不明瞭だ 」などと、現場で働いている人を無視したかの様に意見を出す風潮があるのは感心できない。
実際に、当時所長だった吉田さんは、現場に留まり続けた影響のあっただろう、被爆そのものによる影響は別として、過酷な現場でのストレスが健康を蝕んだ事には異論は無いだろう。

また、「 今現場で働いている人は高い報酬を貰っているし、何よりも他に多くの雇用が無い現状だから ・・ 」などと、正に他人事である。
高い報酬だとしても、単に過酷なだけでなく高い被爆で健康への心配のある環境で、しかも一定の累積被爆量を超えると働けなくなる事を忘れてはいけない。

現場も知らず、現場の過酷さを想像もせず、現場で働く人達の心情を想う事もせず、その上に
災害以来懸命に働き続けた人々に感謝の言葉を発しない人の言葉に、どれほどの価値があるのだろうか。


【 現場解放による可能性 】

今なお冷却が必要な溶け落ちた燃料のため、格納容器が破損している事もあり、冷却して生まれる汚染水は増え続ける一方だ。

また、廃炉作業自体もこれから何十年と続く作業になるのは間違いない事だ。
あのチェルノブイリの廃炉作業も、1986年の事故以来、今なお汚染水を発生させながら続いているのが現状だからだ。
また、1979年に同じく事故を発生させたスリーマイル島での廃炉作業も続いているのだ。
( 参照サイト : 11/7付け MSN産経ニュース

ここで、先に書いた通り、廃炉作業現場を解放する事の検討を提案したい。
何故なら、廃炉作業の現場の状況は、その当事者国だけでなく、世界各国の大きな関心事である事は間違いないからだ。


【 日本の果たすべき役割 】

50年前と比較すれば、世界各地では数多くの原子力発電所が多く稼働しているし、その上
新たな建設計画が各国で進められているのが現状だ。

そんな各国で一番懸念されている事は、原子力発電所の建設技術の問題ではなく、万が一事故が発生した場合の対処方法や廃炉作業の進め方であるのは間違いないだろう。
事故が発生した場合のリスク、廃炉を行なう場合のリスクなど、技術者に説明を受けてもいるだろうが、実際にはその“現場”を確認したいというのが本心であろう。

だから、世界でも数少なく、しかも最も新しい災害現場を、そういう要望に合わせて公開するのである。
そして、実際に作業員の人達と同じ様に現場に入り、泊まり込み、生の情報を集め、持ち帰ってもらうのである。

もちろん、一定の選考基準を設ける必要はあるだろうし、現場で得た事を元に意見や提案を調査論文の形式で提出を求めて今後の参考とするべきであろう。
世界各国の技術者達が一同に現場で集えば、今後の世界での原子力事業の進め方について、日夜議論が交わされるだろうし、共通認識が生まれるでもあろう。

全世界での原子力発電によるリスクを減らす事を考えれば、上記の様な解放対応を行なう事によって、日本が世界を主導する役割、いや責任を果たすべきではないかと考えている。

そして、この研究現場に、日頃は離れた場所から意見や批判をしている国内及び近隣諸外国の方々も招待すれば良いであろう。

( 参照サイト : 10/25付け MSM産経ニュース

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「 被災地 」という言葉、使い方を考え直そう

2013-11-06 22:48:00 | 日本の被災対応

「 被災地 」という言葉の使われ方を観察してみた。

TVや新聞報道を見れば、当然、自然災害等で被災した地区や地域を指す言葉として使っている。
何度か来襲した台風による被災状況を報道する場合、当然この言葉を使うのは当たり前だ。

しかし、直近の被災情報も無く、何かの話題の折にこの言葉が出るのはどうだろう。
「 被災地のために 」とか「 今なお、被災地での生活は ・・ 」という場合は、
殆どの場合、東日本大震災での被災に限定した言い方になって、当たり前の様になっている。

が、これで良いのだろうか?


【 被災地はどこ? 】

一般に被災とは災害を被る事ですが、台風や地震など自然災害の話に限ってみれば、
被災地とは 台風や地震などによって、予期せぬ被害を受けた地域の事です。

ほぼ同じ日時に、住民にとっては予期せぬ被害を、特定の地域全体が受けた場所が「 被災地 」であり、台風や地震以外に、豪雨や突風などの災害も含めれば、ひと月の間にも数多くの場所が「 被災地 」になっているのです。

そういう各地の被災地を差し置いて、単に「 被災地 」という言葉で特定の地域を指し示そうとする事は正しい事ではありません。

そしてそれ以上に、実際に日本全国で被災した人々の心情を無視する行為に繋がる事を自覚せねばなりません。


【 被災した者の心情は 】

先に挙げた様に、災害は予期せずやって来るものです。
予期せず被災するという事は、日々平穏に暮らしつつ未来のプランを描いていた人々の生活や希望が損なわれたり奪われるという事です。

まして、親族や親しい人を亡くした場合にはどうでしょうか。
それは、単に金銭と時間で解決できる事ではなく、一生に亘り人生に消えない大きな傷を遺してしまうものです。

被災してしまった現実を正面から受け止められず、その被災地に住んでいた事を時には恨んでしまう人が、この日本に様々な災害がある度に生まれている現実があるのです。

そういう方々の心情を顧みず、「 被災地 」という言葉を特定の災害の地域を指し示すように使われている現状は、決して良い事ではありません。

被災した人数や地域の広さなどに大きな差があったとしても同じです。
被災した人の心情は、その地域に住む人数や広さとは関係無いのです。


【 被災地に住んでいると ・・ 】

私自身、1995年1月17日に発生した、阪神・淡路 大震災によって被災し、住居は全壊となり、その日から生活に大きな影響を受け続けました。

幸いな事に、地震による受傷は無く、勤務先は無事だったので、大きな出費は強いられたものの、同じ市内の新しい住居へと移り住み、現在までに至っています。

そして、18年後の現在、街並みは震災以前よりも綺麗に整っていて、他の地区の方から見れば既に震災の傷跡は無いと思う事でしょう。
そして、既に神戸は被災地ではなくなったとも思うでしょう。

しかし、その地に住む者にとっては違う思いなのです。

予期せぬ災害によって、それまでの暮らしや人生が傷つけられた事には変わりないのです。
決して、災害を受ける事を誰もが望んでいなかったのです。
だから、出来れば 震災以前の暮らしに戻れるならが、以前に抱いていた人生設計を再開できるならば、以前に住んでいた場所に住み親しい人を誰も亡くさずにいられるならば、
誰もが被災以前に戻りたいのです。

そう、例え街並みが被災以前の状態に戻ったとしても、被災してしまった人々にとっては、
いつまでも、そこは「 被災地 」であり続けるのです。

どうか、「 被災地 」という言葉の使い方、今一度、考え直してください。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吉田 昌郎さま、ご冥福を祈り申し上げます

2013-07-10 22:57:50 | 日本の被災対応

2013年7月9日(火)、一人の英雄が亡くなりました。

2011年3月11日、想定外とされた大震災によって混乱する現場で、原子力発電施設の壊滅的な暴走事故を防ぐために残り続け、Fukushima50 と諸外国から称賛された現場チームを陣頭指揮した、吉田昌郎(元 東京電力福島第一原子力発電所所長)さんが亡くなられました。

心よりご冥福を祈ります。


【 吉田 昌郎 さまへ 】

吉田 さん、あなたは私にとって、現代の英雄です。

電力会社だけでなく、国のどの行政機関さえ想定していなかった震災現場において、日本と国民を守り続けた英雄です。

混乱した電力会社本社と対峙し、責任を回避しようとする国・行政機関の圧力に負けず、無理解・無関心な国民やジャーナリズムを顧みず、ただひたすらに命を張って守り続けた英雄です。

こんなに早く逝かれた原因は、食堂ガン発症のためとの事ですね。
会社側も行政側も、口裏を合わせたかのように、「事故による被爆が原因で発症した可能性は極めて低い」とのコメントを出していますね。

でも、事故発生当時はあんなにも恰幅の良かったお姿だった事を思えば、私達は誰でも理解できますよ、「現場での過酷なストレスが無ければ・・」、「現場だからこそ、多項目にわたる健康診断をキメ細かく行なっていたら ・・」、こんなに短命で終える事もなかった事を。

あなたには、もっと長生きして欲しかった。
そして、十分な年月が経ち、あの震災事故をヒステリックに捉える雰囲気が薄れた時、一個人として当時の事を述懐して欲しかった。

それが、より正確な被災対応を検証する礎の一つになるでしょうし、何よりも、あなたに続いて立つ人を生み出す力となったでしょう。

でも、おやすみなさい。
あなたは十分に、人並みの何倍も何十倍以上に歯を食いしばって働き続けたでしょうから。

あなたの偉大さは、残る Fukushima 50 の方々以外、多くの方々に認識され記憶に残り続けます。
そして、あの世であなたに会える機会がある事を、今から願い、楽しみにしています。


【 関連参照記事 】

7/9 MSN産経ニュース 「 吉田 元所長が死去 」
7/9 MSN産経ニュース 「 貫き通した“現場の判断”」
MSN産経フォトより 「 現場での吉田氏の姿 2011年5月30日撮影 」
7/10 MSN産経ニュース ジャーナリスト・門田隆将氏の言葉
7/10 MSN産経ニュース 「 葬儀は家族葬、遺族の強い希望 」


カテゴリ/ 日本の被災対応 / その他の投稿記事 へ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

人命第一? 国益第一なのでは ??

2013-01-22 21:27:31 | 日本の被災対応

先日、アルジェリア国内で天然ガス関連施設で、武装した勢力によってそこで働いていた従業員の方々が拘束されるというテロ行為が発生した。
その拘束された人々の中に、プラント建設で世界的に有名な日本の会社:日揮の社員(日本人を含む)の方々が含まれていたため、深夜にも関わらず官房長官が緊急記者会見を開いた事は皆さんもご存知の通り。

ここで取り上げたい事は、「もし、日本人が含まれていなかったら・・」という様な仮定の話ではなく、官房長官を始めとして、政府の公式発表文の中に含まれていた「人命第一に・・」という言葉の違和感について述べたい。


【 人命第一と言うが・・ 】

政府の発表では、「人命第一に行動をと、アルジェリア政府に申し入れしている」という内容だ。

確かに、「人命第一」は日本国民に対しても、世界各国に向けても十分な説得力のある言葉だが、そういう発表をするならば、人命が第一という言葉にふさわしい政策や手配など、行動が伴わなければならい。

日頃から政策を通じて、「人命」を最も優先して行動する政府機関であれば、それが日本人に対してのみの政策であったとしても、日本国内だけでなく世界各国からも、評価される事はあっても非難はされないだろう。

しかし、そういう行動を伴ってきたかは大いに疑問を持つべきだ。


【 果たして人命を尊重してきたか? 】

2011年3月に発生した東日本大震災では、約 19000名近い方々が命を落としたり行方が知れないままになっている。
そして、その大半の方々は 地震そのものではなく、津波の犠牲となった事が知られている。

その津波は、政府が想定していなかった津波の大きさだったため、防潮堤などに十分な対応能力が求められず、避難指定場所(含む 建造物)が津波に飲み込まれ、想定を超える巨大な津波を検知して通報するシステムも十分に機能せず、大変に多くの方々の犠牲と家族関係者の方々を深い苦しみを残したままでいる。

しかし、政府は、それらの過ちに対して、全く声明(コメント)を出していない。
同様に、地方行政機関においても同じだ。
そういう事実を観て、数多くのご遺族の方々の心情を考えれば、今回のアルジェリアの事件の声明での「人命第一に」という言葉に白々(しらじら)さを感じる。


【 どんな人命を大切なのか? 】

日本人は、恐らく、教育を受けてきた中で、「どんな人の命も尊いもの」という共通したイメージ(認識)を持っている。
そして、同時に、「誰もが平等で公平に扱われるべき」とも心の中に思っている。

確かに、アルジェリアのプラント建設施設で働いていた方々は、私達が安定して日常の生活を送れるようにするための仕事の一つをされていた。
しかし、同時に、危険で快適な生活を送れない環境で働く事を十分に説明を受け、相応に高い処遇と引き換えに赴任している。

<参照記事>
・・・ 「 dot.朝日 より 」

では、高い報酬は一切得られず、安全を確保するのも自己責任の覚悟で海外へ赴き、他国の人々のために働いている方々の人命を政府はどう捉えているのか。

そして、そういう方々の命が武力によって奪われてしまった時、どういう行動を取ってきたというのか?

ミャンマーで取材活動中に、政府軍兵士によって至近距離から狙撃された長井氏の場合は、殆ど実効的な策は採られず。

<参照資料>
・・・「 読売新聞などからの引用記事 」・・・「 AFP BB ニュースより 」

アメリカ軍侵攻作戦後、アフガニスタンの農業振興を行なう活動を行なっていて、武装したグループによって拉致され殺害された伊藤氏の場合には、更に扱いは乏しかった。

<参照資料>
・・・ 「 ペシャワール会発表記事より 」
・・・「 NHK教育 海外ニュース 引用ページより 」

それら殆どの場合、深夜の官房長官による記者発表は行なわれておらず、当然の事のように政府専用機の手配も行なってきていない。


【 国益第一と言えば良い 】

以上の通り、「人命第一に」という建前を本気にすると矛盾が出る。
「国益第一に ・・」と発表すれば、それらの矛盾が生まれなかったのだ。

というのも、今回一躍注目を集めたプラント建設会社:日揮は、30年以上前から世界各国でプラント建設を行なっている、東証一部に上場している世界的にも有名な会社だが、当然ながら日本政府の協力な後押しを受けている会社の一つでもある。

海外での大きな業務案件を受注して成功させる事は、その会社の業績のみに関わる事ではなく、日本の経済を潤す大きな要因なるのは自明の事。
しかも、今回の天然資源に関する案件であれば、日本経済どころか国民生活の保障に関わる事に関係してくるので、政府として可能な限り支援するのは当然だ。

だから、今回の事件で、深夜に慌てて記者会見を開催した背景には、日揮以外の数多くの建設関連会社や大手商社の全てから、政府や通産省などの関連行政機関の末端まで強い要請が入ったとしても当然だし、日本政府としてもほってはおけない重要な事案であり、外遊予定を打ち切って首相が帰国して陣頭指揮(?)を執ったのは十分に理解できる。

そういう事情は十分に理解できるから、「国益第一のために・・」という声明を発表するべきだ。
そうすれば、政府専用機を手配して、直接アルジェリアの日揮の方々の帰国を支援する政策に対しても、より多くの国民から心から賛同を得られるだろう。

「人命第一」という言葉は、真に人命を分け隔てなく、その全てを貴重と捉えて行動を行なう場合に使って欲しいものだ。


カテゴリ/ 日本の被災対応 / その他の投稿記事 へ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加