陽日的博客

ワーキングウーマンの陽だまり日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本フィル第600回記念定期演奏会@サントリーホール

2008年06月01日 | 音楽・美術
今日5月31日土曜日は肌寒い雨の中、友人から招待券をもらったので、会社の後輩を誘ってサントリーホールへ日本フィルの定期演奏会を聞きに行ってきた。それにしても5月最終日とは思えない寒さ。最近の天候は本当におかしい。これが自然を破壊し続けてきたことへの報いなんだろうな

さて今日のプログラムは、ブラームスの「ドイツ・レクイエム」だった。
指揮:ジャンルイジ・ジェルメッティ
ソプラノ:菅英三子
バリトン:河野克典
合唱:日本フィルハーモニー協会合唱団

マエストロは脚なのか体調が悪いのか、椅子に座っての指揮!大丈夫かな?とちょっと心配。曲は他の「レクイエム」から、きっとちょっと暗めの曲(短調)を想像していたけどブラームスのレクイエムはかなり明るく華やかな印象だった。
それに他のレクイエムは歌詞はラテン語なのに、こちらはドイツ語。解説を読むと
これはブラームスの伝統的な宗教観のあたらな価値への変換なのだとか。
途中、唯一のソプラノ独唱がある第4楽章では、曲の旋律も心地よくうっかり記憶をなくしてしまい、ソプラノのソリストが椅子から立ち上がって歌っている姿を見逃してしまった。気が付いたときには彼女は既に椅子に座ってまっすぐ前を向いていたのだ。合唱団は正直、うまいのかそうでないのか、合唱をあまり聞きなれていない私はよくわからなかった。でも歌っている人たちの表情を見ると、何だか私ももう一度歌ってみたくなってきた。歌い終わった後もとっても晴れやかな顔をしていたのが印象的だった。

演奏会後は、後輩とお茶をして時間をつぶしてから汐留にある中国飯店「潮夢来」で早めのディナーを食べに行く。
飲茶も美味しいし、ここのXO醤は香港のコンラッドホテルにあるレストラン「金葉庭」で食べた忘れられないXO醤に一番似ている。どの飲茶も美味しかったし、フカヒレスープもこくがあって美味しかった。それに〆のXO醤チャーハンもデザートのマンゴープリンも美味
さすがにお腹がぱつんぱつんで苦しくて苦しくて。でも残さず全部平らげテしまった。だって香港で料理を満腹のため残してしまった時の後悔を2度と味わいたくなかったので・・・・・・
いまだに満腹感が解消しない・・・・・明日の朝には消化されているだろうか?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 週末の大物買い | トップ | 白髪発見!ショック・・・・・ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
幸せな一時 (みはるん)
2008-06-01 01:36:43
本日はありがとうございました~。
久々のサントリーホールでのコンサート、しかも記念コンサート…美しい音に身をゆだね、日頃のストレスも一瞬忘れることが出来ました。
ヤッパリ音楽はいいな~♪
お食事も本当においしかったですね~
いいお店を教えて頂けました。色々なシチュエーションで使えそうなお店ですね♪
幸せな半日 (陽日)
2008-06-01 07:31:47
みはるんさん
昨日はお付き合いいただきありがとうございました。美しい音楽を聴き(聴福)、美味しい物を食べ(口福)幸せでしたね。これで麗しい何かを鑑賞することが出来たら(眼福)、三福でこの上ない幸せな休日ですよね・・・・・
また是非ご一緒しましょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL