SHOUTS TO THE SOUL !!   岡崎 陽

聴く人を圧倒する声、銀色のギターを持つ、イカスオヤジ。日本にない個性と自己主張している。


「窓の灯」を読んだ。

2016年10月19日 16時09分10秒 | Weblog
青山七恵は才能ある作家だ。

まりものように喫茶店に入りびたり、居付いてしまう素性の知れない女の子、

1970年代には多く見かけたよ、気難しくてわがままで面倒くさい女の子だ。

この物語とは関係ないけど、一方的に男に惚れて、振られて手首切ったりしてな。

そんなバカ女、俺はたくさん見てきた、最後には知人からも、社会からも置き去りにされて、いつの間にかいなくなっちゃうんだよな。


本題、ミカド姉さん、イイ女だね、人物像がリアルに描けるな。

主人公まりも、不器用にぱっとしない普通の女の子なんだろうな。

自分を認識して、自分を最大限に利用して器用に生きることが上手なミカド。

ミカドって名前、やたらと高貴な印象があるよな。

こんな名前の女の子は普通名前負けしてしまうよな。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「私は殺される」を再読した。 | トップ | 「新宿」配信 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL