Clover +1

アラフォー5人の子持ち職業多種主婦ななの日常
くまモン県民がくまモン地震の事を、自分が忘れないよう書き留めております

熊本地震ーあれから半年

2016年10月14日 | 地震ーその後
元々、更新の遅さには定評があったわがブログですので
更新が遅ーい!!なんて言わずに御付き合い下さい

地震の2日前に購入した息子の半年分の定期が切れて
ああ、6か月たったんだなあと実感(笑)

公費解体がゆっくりであるが始まり
解体中の現場を目にするようになってきました。

あったはずの家屋が少しづつ消え
ブルーシートのかかった家が少しづつ減り
(うちはまだだ!!)
割れたアスファルトに、目地埋めされ
まだ修理されてない道路の割れには、なにかカラースプレーで
目印されています。

余震回数が訂正され、震度1以上は4000回越えになった。

本震でできたのではない床や壁のヒビが物語る
地味に少しづつ揺れていつの間にか新しいヒビも入ってる
そんだけ揺れればそりゃそうだ

一部損壊の家庭には何の援助もない
修理費だけは下手したら何百万もかかる

最近やっと、近くのユニクロが再開した
良かった、寒くなる前に、今年もヒートテックが買えるようだ

しかし、お気に入りのGUが入ってた商業施設はまだそこまで再開できていない。

大きな橋が修理不可能でいまだ通行止め
迂回路は大渋滞を毎日引き起こし
地元民の知る迂回路は、知れ渡ってしまい、かつてない交通量に
道路の轍が出来てしまい、地元民は不満そう

額縁に入れ飾っていた賞状類はいまだ飾る気にもなれず
小物の転倒防止の養生テープもいまだはがせずにいる
床に置いたままの、以前は箪笥の上に置いていた荷物
時折引っかかって、足の小指が痛い(笑)

思い出したように時折震度3程度の余震が来る
震度1未満の体感地震もしょっちゅうある

皆、まるで地震ソムリエのようになり
揺れれば、今のは1だ、いや2はあったと速報までの間評価を始める(笑)
震度計絶対仕事してないよ!!今の1じゃないって!などと震度計を批判し始める・・・

息子の高校の体育館の一つは閉鎖されそのまま
渡り廊下にはあちこち段差もできたままだ

解体はしたが、廃材を引き取ってくれる業者がパンク
解体したところに廃材は積み上がったままの家もある。

生活しなきゃならない
家、直したい
直して、あとどのくらい持つんだろう
ちょっと揺れると、屋根裏からガチャガチャすごい音がする
表の道路をトラックが通ると、家が揺れる
地震前とは家が何だかおかしい
フローリングが少し浮いてきたのか
歩くとギシギシ音がする
次大きいのが来たら、この壁は持たないなと思う壁も数枚ある

考え無いように、ただ前を見ているだけなのかもしれない
何もなかったことにして平常を積み上げているだけなんだ

橋の上で信号待ちをしていると、今揺れたらと思って足がざわつく
まだ時折聞こえる地鳴りに一瞬動きが止まる

日常に時折入り込むあの日の記憶に
ぎゅっと歯を食いしばって恐怖心をかき消すのだ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 熊本地震ー防災に対する私の... | トップ | 鳥取の揺れの激しかった地域... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む