がんばれ!yottiの 日記

走りきった後の達成感、ゴール後にくる感動を味わうため、マイペースで楽しく走りたいと思います。

サーモン駅伝2014

2014年09月15日 | 完走記

昨年は申し込み忘れで2年ぶりの駅伝。

今年うちの会社のAチームは2kmと3kmの壮年の部に出場。道マラ出場組では私だけ一般8kmアンカーまあいいですけどね。私の場合2kmとか3kmの短いのも8kmもそんなにタイム変わらないから。

転勤してサーモンは毎度アンカー8km走ってるけど、コースが河川敷から真駒内公園に変わったとはいえ、年々タイムが落ちてきててスピード不足を痛感。ロングやって、ようやくフルを走り切れるようになったけど、ゆっくり長くばかりでスピードが出なくなってしまいましたね。

今回もアンカーでタスキもらった瞬間抜かれるし、公園内の起伏きつくて苦しいし8kmは公園の上り2回走らなきゃいけないからけっこう厳しい。後半は少し頑張れたけど昔に比べて風を切って走れる感じがしない(昔風を切るくらい速かったかっていうのは別にして

タイムは8.3kmを36分13秒。真駒内のコースになってからはワースト。過去の記録観たら11年は33分46秒、12年は34分40秒。今回開催いつもより早く連続レースで疲労あったとはいえ落ち幅が・・・

短いのも頑張らないとな。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石狩サーモンマラソン2014

2014年09月07日 | 完走記

2年ぶりにサーモン駅伝があるということで、短いのを走っておこうと思い、北海道マラソンの翌週なのに申し込んだ10kmレース。

10kmレースは自己ベスト41分59秒を出した2009年小樽以来なんと5年ぶりなんですね。あれから短いの怖くて避けてきた感があるけどどうなのか。 道マラソン後、疲労が残って足が動かずまともに練習は出来ず。 とはいえ最低でも45分は切りたい。

当日は地下鉄で麻生まで行き、そこからバスに乗り換え。 現地に着いてアップしましたが全く走れる気がしません。 今日は駅伝に向けてのスピード体感するのが目的で、タイムは気にしない。 だから敢えて後ろからスタートしたけど、ゆっくりの集団のペースに我慢できず、勢いのまま抜かしちゃう。 平坦で走りやすいけど、もう呼吸的に最初の3kmくらいでヤバイ感じ。 予想通り5km持ちませんでした。 足が全く前に出ないし、完全に呼吸困難状態短いのやんないとこういうことです。 暑さもあり、8km辺りで耐え切れず給水所で止まって水をごくごく。短いレースでこれはかなりのロス。

最後の1km頑張ったけどゴールタイム見たら46分37秒。 45分なんて問題外。さすがにフルマラソン1週間後ではスピードは無理です。でも道マラ後に出てる人一杯いるんだよね。 コースは住宅街の中走るので、さりげなく応援はたくさん貰えます。 釧路湿原マラソンの10kmと雰囲気は似ている感じ。 実家も近いし、完全な平坦で、気温が上がらなければ、記録は出やすいコース。 道マラ出なかったときにもう一回リベンジしたいところです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

特別編 北海道マラソン2014

2014年09月01日 | 完走記

昨年の初歩かず完走で一区切りとして終了したブログ。北海道マラソン初のサブ4達成したことで番外編として記録に留めることとします。

5kmごとLAP

スタート1:42~28:27~28:56~28:25~28:15~28:41~28:25~27:01~26:47~11:40(2.195km)

 

本当は参加を迷った今年の北海道マラソン。親にも、家族にも昨年歩かず完走できたのだから、いつも吐いてるんだしキリよく夏のマラソンはやめたほうが?って言われていました。だけどただ勤務が休みになったからって理由だけで結局申し込みました。でも昨年並みに練習しましたよ。ちょっと怪我あって始動遅れたけど4月200km、5月320km、6月は300km、7月は270kmと距離だけは。その代りペースは一切上がらなくなりましたけど(笑)

 

まず体調万全でスタートラインに立てた時点でもう十分成功でした。昨年も今年もアクシデントや故障で走れなかった同僚いましたから。作戦は昨年と一緒。あくまでも30kmまでは余裕を持って。それ以降狙えたらサブ4狙えばいいし、ダメそうでもしっかり歩かず完走すること。結果はあくまでも後から付いてくるものと言い聞かせました。でもそんなこと言ってタイムロス減らしたくて1時間前からDブロック先頭に並ぶあたり意志が弱いです。

スタート~中間点まで

カウントダウンの瞬間なぜか涙が出ました。人に見られてたら恥ずかしいと思いながら、止まらない。涙腺弱いな~。まだ早いのに。号砲鳴ってから、去年は3分半もかかったのに、同じスタート位置で今年は2分かからずスタートライン通過。スムーズになった?去年は走り始めから脚重くて不安だったけど、今年はまずまず!とにかく最初の5km平岸街道?出るまでは上り基調なので、ここは流れに任せゆっくりでOK。30分越えても焦らずと念じ無理して抜かさないよう心掛ける。予想通り5km通過は30分でした。

平岸街道に出るとしばらく下るので、黙って自重してもペース上がるはず。飛ばさないように。毎回前半10kmって人ごみで訳わからず走るから、今年はこの区間試走2回して起伏確かめました。7kmか8kmの南7条大橋で隣で3回くらい呼ばれてやっと気づきました。釧路マラソンCで釧路時代の上司ジントさん。ユニフォームで見つけてもらいました。2年前から会社のユニフォーム作ってたんだけど、いつも駅伝の時しか着てなかったのですが、やはりインパクトが違うようで、見つけやすいようだ。一緒に付いていこうかな~なんて話した矢先にどんどん先行かれます。多いときは400km走り込み、洞爺湖でサブ4達成したジントさん。会えたら並走してサブ4の恩恵にあずかろうと思ってたんですが・・・ジントさんが速いのではなく、多分自分が遅い。本当はジントさんに付いていくのが理想と思ったんですが、多分最後まで持たないと体が訴えてました。500mも一緒に話すことなく視界から離れていきました。そして毎回蒸して暑い創成トンネル。だけど今年は少し涼しい?空調入れてくれた?いつも熱気で気持ち悪いのに。そして10km関門通過。スプリット59分、LAP28分56秒って・・・下ってきてたのに最初の5kmLAPより遅い・・・調子は悪くないのに。こりゃ今年もサブ4はきついか~って1回目のあきらめが少し。

札幌駅北口で、今回怪我で出場断念のY君が応援に駆けつけてくれました。悔しいだろうに。頑張るよ。石山通りに入りしばらくすると、復路とすれ違うコースになります。対抗側の給水所から「必ずもどってくるんだよ!」とおばさまから声援が。ホント元気に戻ってきたいもんだ。新琴似2条通りの記憶があまりないぞ?暑くなってぼ~っとしてる感じ。走れてるけどもしかしてやばいのか?新川高校のあたりでトップとすれ違ったのは覚えてます。新川通りに入りました。鬼門と言われてるけど自分は直線は嫌いではありません。嫌なのは日差しを遮るものが無いからです。だいたいここで暑さにやられるんです。対向でエール交換できる場所で会いたい人もいたんだけど、体力消耗しそうであえて歩道側走りました。多分沿道の声援が欲しかったから。平坦だっていうけど橋の場所のたびに起伏があるのがアップダウンに弱い私にはきつい。特に追分通りのアンダーパスね。中間点通過2時間2分。去年より2分速いけど、去年はロスタイムが+2分にトイレが+1分あった。ということは去年より遅い計算だ。サブ4の目安として、後半落ちるから1時間55分~遅くても58分以内と見積もっていた。ここで2回目のあきらめが少し。

中間点~40km

23km地点手稲高校の前では今年も親と兄家族が応援に駆けつけてくれた。前述のとおりサブ4はきついと割り切ってしまってたので呑気に水分と果物頂き再スタート。ここからの直線は実家に帰るたびよくランニングに来る場所。だから大した苦になりません。ここから眺める手稲の山並みも好きな風景。唯一嫌なのは折り返し後に見える、札幌のビル群。なんか中心部がえらく遠く感じる・・・

折り返し後の28kmあたりで、また両親たちの応援。ここでアミノバイタル頂く。果物食べたかったな・・・新川通りは往路より復路が長く感じる。昨年のブログでは30km手前で足が痛く重いと書いてたが、今回は疲れはあるけど足は持ちそうな感じ。でも30km通過が2時間53分。厳しいでしょ。サブ4のための30km通過は2時間45分と見積もっていた。ここで3回目のあきらめ。だって落ちるだろうしって思ったんですが・・・なぜか歩かず完走でって思うよりも、狙えるんじゃ?って気持ちが沸いてきました。タイミングよく沿道の「ここからが本当のフルマラソン」ってボード見たのもスイッチ入りました。40km地点まで10kmレースのつもりで頑張ってみようってペースあげました。今でもなぜそんな気になったのか分かりませんが、とにかくハアハア言うペースに突入。30~35kmを27分?km5で走るくらい頑張ってるけど、やはりこんなもの?ペースやっぱり落としたほうが賢明?って思ったら新川駅でまたも同僚Y君が今度は手作りボードで応援!いいペースで走れてる!行ける!って檄もらってやっぱりまた頑張る!30km以降まったく沿道の応援やハイタッチに応えることができませんでした。道マラは楽しんで走るって決めたはずなんだけど、ごめんなさい!もしかしたらサブ4狙えそうなんだ。そして35km~40kmLAP26分47。40km地点3時間46分って見えた!あと2.195kmを14分?行けそうだぞ!って思ったら急に気持ちが切れました・・・

 

感動のフィナーレラスト2.195km

なんでここまで来て・・・北大に曲がった途端足が急に重く。40km地点まで頑張ろうって思ったのがまずかったのか、32kmからペースを上げるべきだったのか。2kmなんて最寄りの地下鉄駅から家までの距離じゃん!しかも37kmあたりから微妙に足が攣りそうになってるし。ここに来てなんで試練をって思ってたら前方に見慣れたウェアが。おやぢさんでした。おやぢさんはどんな状態でもサブ4にはまとめてくる人。先行できればサブ4は取れると思い声をかけた後先に行かせてもらう。でも抜かしたはいいが、足は動かない。後ろ振り向けないけど、多分背中越しにおやぢさんがいるのは何となくわかる。そのままずるずる行く人じゃないから。

北大の給水後おやぢさんに抜かれる。いつもならやっぱりね、走力違うしってあきらめるんだけど、あと1.5km行けるとこまでおやぢさんに付いていこうと背中を追いかける。そうしないと気持ちが切れる。苦しいけど必死におやぢさんの背中だけに集中。そして多分北大抜けたあたりで併走に。おやぢさんに足が動かないって泣き言言ったら、大丈夫このまま行けるって言われたような?妄想だけど。おやぢさんも実は落ちてたみたいだけど、この時点ではわざと僕に合わせて一緒に走ってくれてるんだと思ってました。赤レンガ抜けると大通公園まで見渡せるんだけど、ランナーの群れで果てしなく遠く感じる。もう残り2kmからは時計見れなくて、果たしてどのくらいで走ってるのか分からない状態。

そして大通公園最後の直線に入ったとき、DJが「さあ4時間まであと2分を切ったところです。いま大通公園内に入ってる人はどうやらサブ4の称号が得られそうです」とアナウンス。確実なのか?でもゴールの看板が果てしなく遠く見えて、不安あったのでさらにペースアップ。ここで次女の応援が!人ごみの中だったのに一瞬で目に入った!妻と娘が見つけてくれた!大通に来るとは聞いてたけど、無事に帰ってこれるかわからない、でも1時までに帰ってこれるよう努力すると言っておきました。そしておやぢさんと一緒の感動のゴール。(したつもりが1秒先着)12時58分。ほぼ約束通りでした。それにしてもおやぢさん。釧路時代に走り始めてから今でも付き合いのある数少ない走友。そして別行動なのに昨年といい今年といい、今まで道マラで会えなかったことがない。そして今回の並走での感動ゴール。不思議な縁を感じます。

去年すぐ救護テントで点滴だったけど、今年は元気に帰れました。よく考えたら去年フィニッシャータオルもらってない!お出迎え隊とハイタッチしてない!ゴール後スイカ食べてない!今年は全部満喫しましたよ。ゴールした直後から足攣って大変でしたが。よく持ってくれました。

 

はっきり言って2010年の道マラで20kmで大撃沈して、もう道マラは走らないって思ったけど、去年5回目で初めて歩かず完走4時間9分。これがいいところって思ってブログをやめたんだけど、まさかその1年後に歩かず完走サブ4が達成できるとは思わなかった。そして何より暑い中での完走は価値があります。そして中間点2時間2分からサブ4撮ったことも。走り始めて9年、いつも励ましてもらってた走友さん達にやっといい報告ができました。ただ夏のマラソンでこの走りは無理。結果が今回良かっただけで、紙一重で4時間半だっておかしくなかったと思う。それだけフルって難しいと思う。自分より走力ある人や走り込みしてる人が撃沈したりするし。今回記録観たら30km通過で必死にならなくてもkm/5半をキープできたら数秒残しでサブ4取れたみたいです。走ってるときは冷静な計算出来ないからkm/6で計算してたんですよね。どんなタイムでもあきらめないことも大事ですね。結果が残せたので、次からの道マラもう少し楽しんで走ろうと思います。応援多いのに必死になって走るのももったいないかなと。

 

これからもスタンスは変えません。無理せずストレスないように走って、結果は後からおまけでついてくれたらいいと思ってます。この文章もいつか読み返して次の大会の参考になればいいと思ってます。

 

 

フル参考

2007  道マラ関門リタイヤ32km(制限4時間)

2008  道マラ関門リタイヤ33km(制限4時間)

     苫小牧フル3時間48分(初サブ4)

2009  道マラ4時間22分(33km付近から足攣って歩く)

2010  豊平川市民4時間43分(20km過ぎから暑さにやられほとんど歩く)


                  道マラ4時間48分(20kmで暑さにやられほとんど歩く)

      苫小牧フル3時間56分(2回目のサブ4)

2011      ※洞爺湖1時間35分(土砂崩れで20km打ち切り)

2013  道マラ4時間9分(初めて歩かず完走)

           ※苫小牧フルDNS(現地まで行って悪天候で中止)

2014  道マラ3時間58分

 

 

コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加