がんばれ!yottiの 日記

走りきった後の達成感、ゴール後にくる感動を味わうため、マイペースで楽しく走りたいと思います。

札幌も雪景色

2008年11月20日 | ランニング
いや~昨日からの雪が意外に降り続いて、札幌もとうとう雪景色になりましたね。と言うわけで意外と早くスノーランナー出動。初足入れとなりました。
走って見た感じは、やっぱりスノーターサーよりスノーランナーの方が私には走りやすいみたい。今日は圧雪状態だから走りやすかったけど、1部乾燥とかになったらやっぱりスノーターサーのようにクッション悪くて走りずらいのかな~?
明日からも雪のマークついてるし根雪になるんだろうか?手袋はいても手がかじかんでるし、寒くなるのは嫌だな。暑いのも嫌だけど。


ところで今日苫小牧トライアスロン協会のHP開いたら、フル挑戦会の記録が出てました。タイムは手元計時と変わらず3時間48分09秒。でも10kmごとのLAP見たら、私の取ったものと結構違ってました。まあ適当なところでLAPボタン押したし、スタートライン通過してからストレッチしたのか、後からしたのかでタイム結構変わりますもんね。でも大崩れしてないLAP見ると気持ち良いものですね。
にしてもあの天気の中結構参加者多かったんだな。みんな物好きですね(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しい家族

2008年11月17日 | その他
我が家に新しい家族が加わりました。Mダックスの男の子です。
兄の家に黒のMダックスがいてメロメロにはなってたけど、ず~っと見るだけねって娘たちに言い聞かせてましたが・・・
ペットショップには何度も暇つぶしに寄っても見るだけで済ませてたんですが、こいつのつぶらな訴えるような瞳に親がやられてしまいました。
最初違う店で見たとき、親がちょっと買ってもいいかな?的な素振りを見せちゃって、そのまま帰ってきたら、飼うと思ってた娘がめそめそ・・・
犬はかわいいだけじゃダメなんだぞ、弟ができるのと同じなんだよって言い聞かせ、とりあえずもう1つの店見てから、さっきのところ戻って買おう。売れてたらあきらめなよって言って、さっきと違う店行って、やっぱり最初の店の方がかわいいなって戻ろうとしたら、帰り間際に見せてもらったこの犬が、人懐っこくおとなしくて気に入り、とどめに、この目にやられて購入しました。

どうせ何と言ったところで、お世話は親がやることになるでしょうが子供の情操教育として、犬を通じて命の大切さみたいなものを学んでくれたらとも思います。


ちなみに名前は私が走るからRUNとらんらん♪て気分をかけてRANと名付けました。
RANくんよろしくね。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

ラン再開

2008年11月15日 | ランニング
フル初完走の余韻に浸りすぎ、ダメージがあったのも確かだけど休みすぎた。大会翌日の3日間は完全オフと決め、暖かかったけど敢えて走らず。
翌日は子供寝てから銭湯にゆっくり浸かって、普段晩酌なんかしないけど1人祝杯、その次の日はご無沙汰だった整骨院に行って、痛めている股関節に電気かけてもらって、突っ張った足をマッサージしてもらいすっきり
3日目は面倒で行ってなかった床屋に行ってさっぱりその日の夜と4日目は夜勤でぐったり

さすがに昨日の夜から走ろうと思ったら、子供がなかなか寝てくれなくて断念。結局いやいや早起きしての5日ぶりに早朝ランとなりました。いつもの朝よりは冷え込みはきつくないみたいだ。先日買った中綿ブレーカーで出発。顔は冷たいけどやっぱり暖かいわ1km/6分~6分半くらいで久しぶりにサイクリングRを白石まで。ペースは今はこれで手一杯。15km走る予定だったんだけど、意外と体の調子が良かったので2km伸ばして17km走りました。でも今月15日中4日しか走ってない。走らなすぎだな
ゆっくりも大事だけど、そればっかりなら、今度はハーフのタイムが伸び悩みそうなのでハアハアいうペースのランも大事だな。

そうそうあまりに体が冷えるので、ユニクロで写真のヒートテックのシャツ買ってみました。汗を熱に変えるとか?まあ普段着用だからランには向かないかもしれないけど、重ねて着りゃ暖かいかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2008苫小牧フル挑戦会

2008年11月09日 | 完走記
ランニングはじめて4年目。フル3回目の挑戦にして念願の初完走です。
手元計測で3時間48分とサブ4のおまけも付きました!事前にブログやメールで応援してくれた方ありがとうございます!とりあえず喜びの報告です!


完走記
前日は大荒れでした。緊張と不安で全然寝付けず、朝5時起床。普通この大会ってもっと気楽に参加するものなんだろうけど、私にとっては正念場でした。なぜかと言うと、もう言い訳ができないから。過去2回の道マラは暑さ、関門と仕方ないという言い訳もできたけど、今回は制限5時間。だけど制限に関係なく私の場合いずれも痙攣で動けなくなってのリタイヤなので、もし今回も同じならフルを走るのは少し考えないといけないと思ってました。

軽く朝食をとり、北海道マラソンの録画ビデオを見ながらイメージトレをして出発。外はまだ雨が降ってます。でも苫小牧はマークが出てたから大丈夫でしょって思ってたんだけど、苫小牧に着いても結局。空は止みそうなんだけどな。
迷った末に、結局長そでTシャツの上に水色の楽走勝負Tシャツ重ね着して、下はロンタイの上に短パンのスタイルで行くことに。それでも全然寒い!
スタート前トン子さんに会うことができました。お知り合いに会えそうにないな~って思ってたんでちょっとうれしい。km/5分ですか?って聞かれたけど、とんでもないkm/6分だって走れてないのに・・・完走目指しますと言って一旦お別れしました。
ここで協会の説明。
「地図張ってあるけど見ても分かんないと思います」とか
「基本的に会員立ってるけど誘導はしないと思ってくださ~い。矢印見てね」とか
笑いもあり、不安もあり・・・
8時半。あっという間にスタート。「スタート1分前~!」のアナウンスで大急ぎで駐車場の車の中から飛び出してくるランナー。まるで遅刻寸前の学生を見てるよう
今回は皆速そうなので後ろに並びました。それでもロスは無いでしょうし。
まず10km周回に入る前に半端な2.195kmを走ります。ペースとしてはどうなのかな~。とりあえず苦しくない程度に走って流れにまかせて走りました。
そしていよいよ周回コースへ。10kmのコースを4周走ります。前半5kmは土砂降り。後半5kmは晴れ間が差すというまあ何ともめまぐるしく天気が変わって・・・コース上に雨雲が停滞してる感じでした。土のコースとかはどろどろなんかクロスカントリーみたい。ただ寒いは寒いけど走り出すと意外と気にならないのは不思議でした。普段ならブレーカーでも震えてるのにね。
最初の2.195kmと1周目のタイム見た限り、おおむね1km/5分20~30秒のあたりで走れてるようでした。ここは道マラと同じ過ちを繰り返さないよう、忍耐でペースを上げないように言い聞かせました。
ここのコースは折り返しが多いので、たくさんの人とすれ違いました。トップ集団の速いこと・・・前半はずっとトン子さんとエールを交わせました。最初の方余裕なくて見れなかったけど、2周目あたりから向こうも声掛けてくれて。しかもトン子さん。間違いなければ女子のトップ走ってなかったかい?
最初の2周まではトン子さん見てられましたが、フルは走らないと言ってたので後半は1人旅になりました。2周目終わってもまだ体は大丈夫でした。でも今日はまず歩かず完走を目標にしてたので、じっと我慢。今日のコンディションではたぶん1度歩いたら立て直しは聞かないと思ってました。サブ4という希望もあったけど、ここまでずっと1km/5分半くらい。経験上、絶対イーブンは無理だし、25km以降の壁で落ちると読んでたのでサブ4は正直厳しいと思ってました。

でも3周目終了の32.195kmで時計見たら2時間54分。結局この3周ほぼイーブン。知らないうちに25km以降の壁はクリアしてました。残り1周、あと10km。それでも絶対どこかで痙攣が来ると思って残り5kmまでは我慢することにしました。実は10kmくらいから股関節が痛くて、だましてたとこもあり油断はならない状況でした。
それで5km走って残り5kmのエイドに到着。何とまだ足は何ともありませんでした。バナナとドリンク補給してここは時間気にせずゆっくりストレッチ。なんともないなら最後の5kmは頑張る決心をしました。
さあ行くぞと思った瞬間「yottiさん頑張れ~」との声が後ろから
なんと走り終えたトン子さんが応援してくれてましたこれで気合十分。ペースを上げました。前にいる選手を抜かす、抜かす、抜かす!おもしろいようにパスしていきます。しかもこの辺になると歩いてる人もちらほら。自分も本当はこうなってるはずだった。でも今日は違う。つらいけど、道マラの25km以降の苦しさに比べたら全然楽に走れてた。おやぢさんのように30kmまでは走らないというほどじゃないけど周りを見てる余裕があった。
でも残り5kmからのペースアップは早すぎたようで、残り2kmはへたって抜かされる、抜かされる。本当にここが一番きつかった。北の大地さんが言ってたように欲を出すのは残り10分でよかった
最後は気力でゴール。手元計時3時間48分09秒。サブ4達成!最後の最後まで痙攣の恐怖もあって達成できるとは思わなかった。エイドの役員にお礼を言ってコーヒーを戴く。気になっていなかった寒さが一気にきた。震えが止まらない。足の痛みも来た。でも以前おやぢさんと話したけど、中途半端に距離走ってリタイヤしたダメージは肉体的にも精神的にもつらいけど、目的達成した今日の痛みなら大歓迎ゴールした時は普通だったけど、帰りは思い切り余韻に浸って帰ってきました。

2.195km   11分34秒
1周目    53分28秒
2周目    53分59秒
3周目    54分31秒
4周目    54分36秒(ペース上げたのに1番遅いさ)

3周目、4周目はゆっくりストレッチしてから走ったからほぼイーブンでしょ。

今回のサブ4の要因って結果だけで見たら色々あるんだろうけど、やっぱり何がって言われたら1番はみんなの応援があったからになるんだな。絶対1人じゃ無理だった。
直前の投稿まであまり燃えるものが湧いてこないって書いてた通り、そんなに気合は入ってなかった。でも大会直前に頑張れ!って応援してくれる人たちがいて、どんなに勇気づけられたか分からない。間違いなくこれでモチベーション上がりました。もう無念な投稿はしたくない!走ってる最中も、絶対完走したよ!って喜びの返事するんだって気持ちで走ってました。だから最後まで問題なく走り切れたのはラン友のおかげ!感謝の気持ち、人の優しさを感じ、Qちゃんじゃないけど初めて楽しい42.195kmでした。こんなことってあるんだな。どんなレースでも最後へとへとで、しばらくランはいいって感じだったのに。

筋肉痛はひどくないけど、節々が痛いのでちょっと休みます。みなさんありがとうございました。
コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

冬の装備

2008年11月07日 | ランニング
今まで履いていたスノーターサーがつま先きつくて、まめができてひどかったので、アスリートクラブで新シューズを購入した。
写真のスノーランナー。冬はほとんどゆっくり走るので、スノーターサーは必要無いかな?と。古い型のモデルなら安くて良かったんだけど、在庫が無し(まあ分かってたけどね)結局履き比べたら、29cmがジャストフィットのようです。本当に大足は困ったもんだ。ついでにインソール入れてるDSトレーナーの右足かかとがすり減りひどかったので修理に出しました。使用して3か月もしないうちにゴムの黒い部分無くなって相談したら、他のお客さんにもDSトレーナーのゴムの減りが早いといわれてるようです。
あと靴底見る限り左足はバランスよく減ってるけど、右足は踵の外側が極端にすり減り、前足の減りが少ないので引きずって走るような感じだそうです。確かに走ってるときは左足はとんとんって感じだけど、右足はドンドンって感じなんですよね。バランスよくできる良うにインソールの調整もしてくれるということで預けました。

帰りはゼビオに寄って、写真の中綿入りのブレーカーを購入。もう一個あるけど、厳寒期用で厚いので、もう少し薄いのを。今時期と春の最初の頃の朝晩は普通のブレーカーじゃ寒くてきついので。金欠なのにきついけど必需品だから仕方ありませんね。小物は欲しいものあるけど、そういうのは我慢です。

さて週末は寒気が入ってえらい寒いとか?苫小牧大丈夫なのか?走れるのか?最近のLSDでも42.195kmの不安しか感じません。道マラの時のような燃えるような気持も今はまだ出てきません。開催要綱もあまり読んでないな。何回も知り合いとすれ違えて良いですよと書いてますが、たぶんそんな余裕は無いと思われます。もし会って声掛けられてもスルーしてたらごめんなさいね。
と言うかどんな服装で走ればいいんだろ?ウィンドブレーカー上下でも寒そうだけど。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加